【純手打ち 麺と未来 2】事件発生、あの黄金スープに異変が!?もしも彦摩呂先生だったら?

あの「超極太麺」「黄金スープ」(→第1話)が忘れられず、すぐに「麺と未来」を再訪問。

 

開店20分前に当店到着。

 

ちょっと前のめり過ぎたかなと思ったが、すでに7名が並んでいる。そして開店までに続々と人が来て、20名以上が並んだ。

 

すごいな。しかし自分は8番目なので、1巡目で入れそうだ。前回より早めに来てよかった。

 

そして11:30am入店。カウンター席に座る。

 

オーダーは前回と同じ「特製塩らーめん」決まっていたが、せっかくだからテーブルの上のメニューを見る。

 

が、メニューがない。

 

「塩らーめん」「特製塩らーめん」だけの、あの直球勝負のメニューがない。

 

あれっ、おかしいなと顔をあげると、「醤油(800円)」「特製(1,000円)」と手書きされたメニューが柱に貼ってある。

 

 

どうしたんだろうと思ったが、みなさん「特製!」「特製!」と注文している。

 

しかし郷に入っては郷に従うべし(?)、場を乱さないように自分も「特製」をオーダーする。

 

そして、何か事情があるのだろうと気にせず、前回スマホで撮影した「特製塩らーめん」を見ながら、楽しみに「お宝」を待つ。 

 

そして数分後、「お待ちどうさまでした!」。

 

おー、来た来た!と思った瞬間、事件が起きた。

 

そこに登場したのは、黄金スープの「特製塩らーめん」ではなく…

 

 

ブラックスープの「特製醤油らーめん」!

 

 

黄金からブラックへ!

 

もし、ここにいるのが彦摩呂先生だったら「まるでスープの皆既日食や~」と言っていたかもしれない。 

 

どうしたんだ、これっ!?と思ったが、おとなりの常連さんと思われる男性が、「これ、いつもやってよ!」と満面の笑みで店主に話しかけている。

 

ん?なんだかよくわからないが、今日は塩ラーメンではなく、醤油ラーメンの日なのであろう、と類推。

 

麺は「特製塩らーめん」と同じく超極太麺。このお店が作るラーメンであれば大丈夫だと、初対面の「お宝」に挑戦する。 

 

まずスープからいってみる。

 

ちょっと緊張しながら、ひと口、すすっ。

 

おぉー「うまさ」と「濃さ」が同時に「ガツン」とくる粗削りな醤油ラーメン!

 

均整のとれた、すっきり上品系の「特製塩らーめん」とは全く違うタイプだ。

 

しかしこれはこれで、嫌いじゃない。いやいや、全然いい、うまい! 

 

そして忘れられなかった超極太麺に行く。すすっ。

 

 

おー、この麺はすごい。

 

もっちもっち感を維持しながら、この濃い醤油スープに負けずに、いい味を出している。 

 

うーん、変幻自在の「麺と未来」、恐るべし!素晴らしい!

 

もはや最初のビックリはどこへやら、無心になって新しい「お宝」をいただき、スープを飲み干し、完食!

 

うまかったー!会計を済ませ、今日も大満足でお店を出る。

 

ふと後ろを振り向くと、入口には「本日の昼営業は、塩ラーメンの提供はございません。」と書かれた貼り紙が。

 

 

後で当店のTwitterを見ると「限定50食で【醤油らーめん】を販売します」と書かれていた。

 

そうだったのか。「超極太麺の醤油ラーメン」は今日だけの特別企画だったのか。

 

開店前から並んでいた15、6名のうち、それを知らなかったのは自分だけだったかもしれない。

 

そんな1日限定の極太ラーメンをいただけたのは、ラッキーだった。 

 

 

いつでもOPEN!「うまログ スマート北海道展」はこちらから!

 

【純手打ち 麺と未来】

 世田谷区北沢3-25-1 下北沢駅徒歩4分

 11:3014:3018:0021:00

 月曜11:30~14:30

※「麺と未来」は「ミシュランガイド2020」で、ビブグルマンに初入選しました!

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!