【Mikazuki Curry SAMURAI. 三日月カレー サムライ】あの「サムライ」がつくる、新ジャンルの欧風カレー!

《カレー激戦区下北沢Part8》 

大満足だった「路地裏カレー サムライ」→第19話)をすすめてくれた女子社員が、「サムライって“新業態”もあるんですよー。教えましようかー」と。

 

教えてもらったのは「三日月カレー サムライ」「欧風カレー」のお店らしい。

 

「欧風カレー」か。いろいろなジャンルにチャレンジしているものだ。さすが開拓精神豊かな道産子。Boys be ambitious!!

 

しかし「欧風カレー」と聞くと、元祖カレー激戦区の神田神保町にある、欧風カレーの元祖「ボンディ」を連想する。

 

 

スープカレーの札幌発祥のサムライがプロデュースする「欧風カレー」は、「ポンディ」に近いのか。それとも別ものなのか?「お宝」との面会が楽しみだ!

 

 

そして「三日月」に向かう。ちょっと路地に入る「路地裏」と違って、「三日月」は商店街にある。しかし看板はそれほど目立たない。通り過ぎてしまうかもしれないので要注意だ。 

 

 

11:30am過ぎ、開店直後に当店到着。先客は、女子2人組と3人組。「路地裏」同様、来店順でオーダーを聞いていくので、メニューを見ながら焦らず待つ。 

メニューには、「①スパシーチキンカリィ(1,100円)」「②濃厚バターチキンカリィ(1,250円)」「③赤ワイン仕立てのラムカリィ(1,350円)」。3つからの選択のようだ。 

 

 

「チキン」と「ラム」か。ビーフ、ポーク、チキン、ラム。人によっては好みがあるようだが、自分にはまったくない。お肉は何でも大好き。よし、当店は札幌発祥。札幌と言えばジンギスカン。ここは「ラム」でいってみよう! 

 

 

そして、自分の順番になったところで「赤ワイン仕立てのラムカリィ」をオーダー。 

当店も「路地裏」と同様、「辛さ」と「ライスの量」を選ぶ。「0.辛さなし、1.普通、2.少し辛い、3.辛い、4.超辛い」からの5択。自分は「3.辛い」を選択、ライスは「ミディアム 中200g」をオーダーした。 

 

 

そしてしばし待つ。 

 

「路地裏」ほど広くはない店内。その分、店員さんも少ない。自分も合わせて6人分のオーダーを一度に受けて、大忙しだろうなと思いながら気長に待つ。 

 

 

 

 

そして20分後、「お宝」が登場した!

 

 

 

おー、美しい!

 

「北の大地」を感じるさまざまな野菜たち、そしてライスを三日月状に囲むカレー。明らかに「ボンディ」の欧風カレーとは違う。まさしくサムライプロデュースの「オリジナル欧風カレー」だ!

 

ではいただこう! カレーとライスをすくって、パクリ。

 

 

おー、スパイシー!キレのいい辛さと香りだ! 

 

では「北の大地」の代表選手、「じゃがいも」はどうだ?パクリ。 

 

 

 

おおー、うまっ!「路地裏」のじゃがいもとは違った、ガーリックをきかせた味付け。こらちカレーには、この味付けがいい! 

 

よし、メインの「ラム」もいってみよう。 

 

 

 

う~ん、まさに赤ワイン仕立て。「ラム」を食べやすく上手に仕上げている。スパイシーなカレーの強さといい組み合わせだ。 

 

ブロッコリーは素揚げだ。パクリ。 

 

 

 

う~ん、これもいい! 

 

そしてその他の野菜もひとつひとつ味わい、完食! ふー、ごちそうさまでした! 

 

店を出て看板を見上げる。 

 

 

 

そして心の中でづぶやく。 

「三日月」、キラリと光っているぞ! 

 

※「ラムカリィ」のことを札幌出身の友人にLINEした。すぐに「いいっしょ!」と北海道弁でセンスある返信。ちなみに友人によると、札幌の一般家庭には「ジンギスカン鍋」がほぼあるらしい。 

大阪出身の友人からは、大阪の一般家庭には「たこ焼き器」がほぼあると聞いたこともある。 

無知な自分にとっては、どちらも都市伝説。本当なのだろうか…? 

 

【三日月カレー サムライ】 

世田谷区北沢3-34-2 

03-6407-1080 

11:30-15:30・17:30-22:30 

 

※「北の大地」からお取り寄せ! 

 

【地 図】

 

 ※最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!