【タイ料理 バーンキラオ】シモキタで500円ランチ、タピオカ付き!? さらに異国情緒まで!!

今日は午後休。週末ゴルフに備え、これから打っ放し」に行く予定。そしてその前に腹ごしらえ。週末の支出を考え、今日はコスパ重視。部下から教えてもらった「500円ランチ」に行く。

 

よく行く富士そば、松屋ではない。そんなお店、シモキタに本当にあるのだろうか?

 

店の名前「タイ料理 バーンキラオ」。部下が言うにはタイの「屋台風」のお店らしい。

 

ー、ここか。南風と強烈な太陽を浴びた感じで、いいじゃないか 

 

 

お店は2Fか。階段を上り、右に曲がって入店する

 

 

 

確かに、店内はタイの屋台っぽい。 

 

 

案内する店員さんもタイの方。 異国情緒を感じる店内だ。 

 

そしてメニューを見る。 

 

 

おー、「①パッタイ 500円」「②カオパットクン 500円」!

 

税別だが、確かに500円のメニューが2つある。さらに「スープ」「タピオカ」までついている!

 

安さつられて、両方注文しようとしたが、「スープ」と「タピオカ」がダブるので自重「①パッタイ(タイ風焼きそば)」を注文 

 

まわりを見渡し、異国情緒を楽しんでいると「お宝」登場した 

 

 

おー、500円ランチお得感を再認識 

 

さあいただこう。 

 

 

まず「パッタイ」。うん、うまい!しかし辛さは、心していたほどではなかったので、「スープ」とともに一気に完食。ふー! 

 

そしてテザートの「タピオカ」へ。 

 

 

おー、いいじゃないか。すっきり甘くて、とてもうまい! 

 

「ジアレイ 下北沢店」の、今どきの「大粒モチモチ系のタピオカ(→第9話)もよかった

 

 

しかし、こちらの保守的、オーソドックスなタピオカ」もいい

 

このすっきりとした甘さ辛いものを食べたくさせる。誘惑する。 

 

うーん、やはり行くか。 

 

 

「ソムタム(青パパイヤの千切りサラダ)(680円)」、タイ料理お約束の「シンハービール(550円)」を注文。 

 

そして「ソムタム」が登場!おー、久しぶりの「ソムタム」だ。 

 

 

そしてひと口。パクっ。

 

 

うひゃー、辛っ当たり前だが、辛

 

そして「シンハー」を一気にぐいっと 

 

そしてまた「ソムタム」。辛っ! 

 

そして「シンハー」を、ぐい、ぐいっと 

 

あれ?「シンハー」がない。

 

店員さんを呼んで「シンハー」おかわり

 

辛さが食欲中枢を刺激する。「生春巻き(580円)も合わせて注文! 

 

 

すぐに来たおかわり「シンハー」で「ソムタム」つついていると、「生春巻き」が登場! 

 

 

おー、結構なボリュームだ。コスパのよさを再認識する。

 

そして「生春巻き」をそのままがぶり。

 

 

おー、いい具合だ! 

 

そしてタレにつけてまたがぶり。おー、甘いタレ。これもいい。

 

条件反射で「ソムタム」をぱくり、そして「シンハー」をぐいっ。 

 

そしてまた「生春巻き」 

 

あれ、おかしい?また「シンハー」がない。 

 

店員さんを呼んで「シンハー」おかわり 

 

そんな、こんなで、いつの何か「ソムタム」「生春巻き」も完食。「シンハー」は6本で打ち止め! 

 

いやー、辛くてうまかった!ごちそうさまでした! 

 

「コスパ重視」でここに来たはずだが、うまさと辛さでつい食べ過ぎ、飲み過ぎた。反省…。

 

「シンハー」は6本で「打ち止め」したが、これから行く「打っ放ち」は大丈夫だろうか。これまた反省…。 

 

そして会計を済ませて店を出る。

 

あっ、しまった。〆に「タイカレー」を食べなかった!まあいい。後で「楽天」で取り寄せよう。

 

【後 日】 

「バーンキラオ」は20年ほど前、新宿で創業したらしい。その5年後ぐらいに、国立・シモキタにも出店。今に至っているとのこと。そう聞くと、本店、新宿にも行かねば。

 

後日、会社からの帰り、新宿の本店「バーンキラオ パラダイス」に寄ってみた。

 

 

本店は数年前に今の場所に移転したらしい。新しい。シモキタの「屋台風」ではなく、こちらは「シティ風」?

 

 

しかし「ソムタム」の辛さとうまさは、シモキタと同じ。辛くてうまい!

(注)「辛いけどうまい」ではない。

 

 

そして同じく、「シンハー」をぐい、ぐいっと! 

 

 

そうだ、この間楽天市場で注文した「タイカレーセット」が届いていた。帰りに「シンハービール」を買って帰るか。

 

「シンハー」と言えば、やはり「缶」ではなく「ビン」だ。中身は一緒だが、雰囲気が違う!

 

しかし、ビンのつらいところは、重いところ。やはり「楽天」で注文しよう。いや、今回は「Amazon」にするか。

 

 

 

 

 

 

【バーンキラオ 下北沢】 

 世田谷区北沢2-30-2 

 03-3468-7400  12:00-23:00 

 

※最新情報はお店に確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!