【バーンキラオ】タイの屋台風なお店でいただく、コスパのタイ料理ランチ!

【うまログ!第28話 2019年4月訪問】

今日は午後休。週末のゴルフに備え、これから打っ放し」に行く予定。

そしてその前に腹ごしらえ。

週末の支出を考え、今日はコスパ重視。部下から教えてもらった「500円ランチ」に行く。

しかしお店は、よく行く富士そば、松屋ではない。

部下が言うには、お店「バーンキラオ」タイの「屋台風」のお店らしい。

おっ、ここだ。

 

 

南風と強烈な太陽を浴びた感じで、いいじゃないか 

お店は2Fか

 

 

階段を上がって入店する

 

 

確かに、店内はタイの屋台っぽい感じだ。 

 

 

案内する店員さんもタイの方。 確かに異国情緒を感じる。 

そしてメニューを見る。 

 

 

「①パッタイ」「②カオパットクン」確かに「500円メニュー」だ。

「スープ」「タピオカ」までついているのか。

よし、注文は、タイ風焼きそば「①パッタイ」にしよう!

まわりを見渡しながら、異国情緒を楽しんでいると、お待たせしました!

「パッタイ」登場だ! 

 

 

スープ、タピオカ付きのコスパランチお得感を再認識する 

さあいただこう。 

「パッタイ」をおはしですくって、パクリっ!

 

 

おっ、食べやすい味付けだ!

辛さもそれほどではない。

「スープ」もいただきながら、またたく間に完食! 

そしてテザートの「タピオカ」へ。 

 

 

おっ、甘さすっきり!

こういうオーソドックスなタピオカも、いいものだ

そして、ごちそうさまでしたー!

と思ったが、このすっきりとした甘さ辛いものを食べたくさせる。誘惑する。 

しかしタイ料理と言えばガツンと来る「辛さ」が付き物だろう。

よし、追加注文だ。

再びメニューを見る。

 

 

 

すみませーん、と店員さんを呼ぶ。

そして「ソムタム(青パパイヤの千切りサラダ)」「生春巻き」、タイ料理お約束の「シンハービールを注文!

「シンハー」がすぐに来て、その後、「ソムタム」が登場! 

 

 

すぐにひと口。パクっ。

 

 

うひゃー、辛っ

そして「シンハー」を一気にぐいっと。 ナイスっ!

そしてまた「ソムタム」。くぅー、辛っ!

そして「シンハー」を、ぐい、ぐいっと。!ナイス、ナイスっ!

あれ?「シンハー」がない。

店員さんを呼んで「シンハー」おかわり

そして、おかわり「シンハー」が、「生春巻きと一緒に登場! 

 

 

おー、結構なボリュームだ。当店のコスパのよさを再認識。

そして「生春巻き」をそのままがぶり!

 

 

おー、具材しっかり、いい感じ! 

またまた、「シンハー」が進む。

そしてタレにつけてまたがぶり。おっ、甘めのタレか。これもいい。

「シンハー」がますます進む。  

あらら、おかしい?また「シンハー」がない。 

店員さんを呼んで「シンハー」おかわりする 

そんな、こんなで、「ソムタム」「生春巻き」も完食

いやー、辛くてうまかった!ごちそうさまでした! 

うまさと辛さでついつい、飲み過ぎたか。

「シンハー」は6本で「打ち止め」したが、これから行く「打っ放ち」は大丈夫だろうか…。 

会計を済ませて店を出る。

 

後日、シモキタの取引先で話を聞くと、「バーンキラオ」は20年ほど前、新宿で創業。

その5年後ぐらいに、シモキタにも出店。今に至っているとのことだった。

うーん、そう聞くと、本店、新宿にも行きたくなる。

 

会社からの帰り、新宿の本店「バーンキラオ パラダイス」に寄ってみる。

 

 

モキタの「屋台風」に対して、こちらは「シティ風」か。

 

 

しかし「ソムタム」の辛さとうまさは、変わらない。辛くてうまい!

 

 

そしてまた、「シンハー」をぐい、ぐいっと! 

 

 

そんな、こんなで、新宿の夜はふけていった。

 

【バーンキラオ 下北沢】 

 世田谷区北沢2-30-2 

 03-3468-7400  12:00-23:00 

※営業時間等、最新情報はお店に確認ください。

 

 

「うまログ!」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter(X) でお知らせしています。