【東京焼き麺スタンド】シモキタ唯一の焼きそば専門店!オンリーワンの「焼きそば」はうまかった!

今日は焼きそばランチ」会社の女子社員から教えてもらった、焼きそば専門店に行く。

 

しかし焼きそば専門店はめったにないに1店舗あるか、ないか。シモキタでも他にないのではなかろうか 

 

会社の女子が言うには店主は元金融マンで、昨年当店をオープンしたらしい。 

 

うーん、金融マンか。おカタい仕事となると麺もカタめなのだろう

 

博多ラーメンの「ばりかた」「はりがね」のカタさになるとちょっと勇気がいるが、普通のカタめなら全然OKだ

 

イマイチなひとりボケ(?)しながら歩いているとお店に着いた。 

 

 

お店は2Fだ。階段をあがり入店する

 

 

店内は明るくカジュアルな感じ。カウンター席とテーブル席がある

 

 

 

目の前の券売機に進む。

 

 

左に「スーパー焼きそば(750円)、右に「スーパーナポリタン(850円)」か。んっ?「ナポリタン」

 

神田神保町の「みかさ」など、焼きそば専門店のメニューは焼きそばだけだ

 

 

専門店はどこもそうだと思っていた。しかし、ちょっとシャレサブメニューをラインナップする、それがシモキタ流なのかしれない。 

 

が、今日は初訪問。冒険せず、本命「スーパー焼きそば」と「コーラ」を選択し、着席する。

 

そして先に来たコーラを飲みながら思う。

 

 

「スーパー焼きそば」か。おもしろいネーミングだ。 あっ、思い出した!昔、就活をやってた頃銀行の先輩に聞いたことがある

 

金融機関の新商品は、前に「スーパー」をつけると。「スーパー定期」「スーパー普通預金」などがそうらしい 

 

となると、商品の前に「スーパー」を付けるここの店主は、やはり金融機関出身なのかもしれない。

 

いつもながら思うが、うちの女子社員の情報収集能力はすばらしいものだ。 

 

しかし、コーラを片手に、勝手な「連想ゲーム」をやってのは実は気をまぎらわすため。

 

【うまログ スマート北海道展】ご当地ドリンク(ガラナ・カツゲンなど)はこちらから!

 

 

 

 

注文直後から焼きそばを焼くソースのいい香りがずっとしている。

 

してその香りにつられ空腹がどんどんんでいく。気をまぎらわせていないと耐えられなくなる。 

 

もう限界だー、というところで「お宝」が登場した 

 

 

ー、今度は至近距離からの香りだから、さらにたまらない。

 

目玉焼きをトッピングした挑発的な「姿」、視覚も反応、食欲を刺激してくる 

 

でもちょっと、待て

 

店員さんが、調味料とその使い方について説明してくれるようだ 

 

 

店員さん、礼儀正しく感じがいい。さすが元金融マンのお店だ。こちらもちゃんとして、説明を聞こう。もう少しの辛抱だ。 

 

こちらがからしマヨネーズで…。

うん、うん! 

 

こちらが七味で…。

うん、うん! 

 

で、こちらがトサズで…

うん、ん、んっ!? 「トサズ」? 

 

聞くとまた丁寧にレクチャーしてくれる 

 

「トサズ」「土佐酢」のこと。三杯酢にかつお節を加えたもので、お酢の味やクセがなく、だしの旨味も加わるため、焼きそばにはぴったりらしい。 

 

よし、理解した店員さんの丁寧な説明にお礼を言い、満を持していただく 

 

まずは何もかけずにそのままぱくり 

 

 

うまいっ! いいソース加減じゃないか!

 

べたべた感なく、とても上に仕上げられている。

 

もっちりとした麺は、歯ごたえもよくとてもしっかりとしている 

 

続いてお肉もいってみよう。

 

 

 

うまいっ!しっかりした、いい味付けだ!

 

「ご体裁」で入っているお肉とは全く違う。これだけでごはん1、2杯いけそうだ 

 

キャベツシャキッとしていて、気持ちがいい! 

 

 

うーん、これは食べるとわかる、極めて完成度の高い「焼きそば」だ! 

 

よし、次はたまごくずしていただいてみよう 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

ぱくっ。 くぅふー、マイルド~。とてもやさしい味わい 

 

そろそろ調味料たちの出番

 

説明していただいた順番でいってみよう。まずは「からしマヨネーズ」からだ! 

 

おっ、ちょいピリ&クリーミー♪ いい感じゃないか 

 

「七味」はどうだ?

 

うん!さすが「伝統の薬味」焼きそばにも、しっかり合う!

 

そして店員さんが自信を持っておすすめしてくれた「土佐酢」をいってみよう。「土佐酢」と「焼きそば」の組み合わせは、はじめてだ。ぱくりっ。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

おー、合う。合う。見事に合う! 店員さんの言うとおり!

 

よし、多彩な味わい確かめ、楽しんだところで、最後の仕上げといこう! 

 

最後はどれでいくか。うーん、どれもが「焼きそば」にしっかりと合う調味料。ぜいたくな悩みだ。

 

「土佐酢」でいくかと思ったが、最後は、バアーとかけた時のビジュアル感も楽しめる「からしマヨネーズ」でいこう。 

 

そして「からしマヨネーズ」を、遠慮なくバアーとかけて、大口で一気にいただく

 

 

そして完食! ふー、食ったー、うまかったー! 

 

ごちそうさま!と言ってお店を出ようとすると厨房から「ありがとうございました!」と。

 

店主のようだ。 いわゆる金融マン的なカタ苦しい感じはない。(間違った想像をして、ごめんなさい!) 

 

若く、明るくて、さわやか。話すと、人柄のよさ、まじめさがうかがわれる。 

 

こういう人が作る「焼きそば」だから、しっかりとしていて、うまいのだろう 

 

うまいものを食べると元気が出て来る!午後の仕事もがんばれそうだ。

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

午後は、京王線の上北沢の取引先まわりだ。

 

そう、上北沢と言えば、あのミシュランラーメン店「らぁめん小池」のあるところ。

 

【うまログ第14話/らぁめん 小池】ミシュランも認める、プレミアムな極上煮干しラーメン!

 

 

 

 

仕事が終わったら、今日の晩メシは「らぁめん小池」で「味玉煮干しラーメン」「チャーシューマヨ丼」と決めている。

 

んっ、あれっ、「小池」の絶品煮干しラーメンを想像したら胃袋にすき間が出来てきたようだ。

 

さっきシモキタでいただいた「スーパー焼きそば」がフラッシュバックする。

 

あの「目玉焼き」がのった「焼きそば」、うまかったなー。

 

そう言えば、日本三大焼きそばの「横手焼きそば」(秋田)も「目玉焼き」がのっている。

 

 

秋田ではそろそろ、東北三大祭りの「竿燈(かんとう)まつり」が開かれる。

 

 

「竿燈まつり」を見物しながら、ビールと一緒にいただく「横手焼きそば」!

 

超うまいだろうなー。横手やきそばの名店の「はしご」もやってみたいなー。

 

よし、夏休みは東北三大祭り「竿燈まつり」を見に行くか。

 

しかし人出は100万人以上だろう。今からだとホテルの予約とか、無理か~。

 

準備不足…。「横手焼きそば」は食べに行くのではなく、お取り寄せにしよう。

 

 

そんなことを考えていると、京王線の上北沢に到着した。

 

取引先に向かって歩いていると、んっ?

 

両面焼きそば「あぺたいと 上北沢店」の看板。

 

 

焼きそば専門店のようだ。

下北沢と違って、駅が住宅街に近い上北沢は飲食店が少ない。その上北沢に、めったにない焼きそば専門店があるなんて

 

取引先との約束の時間まで少し時間がある。さっき出来た胃袋のすき間もある

 

よしここは、軽く一皿いただいてから取引先にいこう。早速、焼きそば店の「はしご」@東京だ。

 

しかし「両面焼き」って、なんだ?好奇心に誘われ、鉄板の前のカウンター席に着席する。

 

が、残念!目の前の壁が高くて「両面焼き」の調理シーンは見れそうにない。

 

やむなし!とメニューを見ると、オススメ「 小(1玉 680円)」「中(1.5玉 880円)」「大(2玉 1,080円)」。

 

 

うーん、今の胃袋のすき間なら「中(1.5玉)」ぐらいいけそうだ。

 

しかし、晩メシに「ミシュラン小池」でガッツリいくことを考え「小(1玉)」にしておこう。

 

冷静な自分をほめ、注文しようとしたが、メニュー下半分にあるトッピングが気になった。

 

オススメ「 生たまご(50円)」!?

 

んっ?「焼きそば」に「生たまご」?「焼きそば」には「目玉焼き」が定番じゃないのか(と思っている)。

 

未体験ゾーン。しかし何事も経験が大切。「生たまご」も一緒に注文する。

 

さっきスマホで撮った「スーパー焼きそば」の写真を見ながら待っていると「両面焼きそば+生たまご」が登場した!

 

 

見た目は普通の焼きそば。違うのは「生たまご」ぐらい。

 

いただいてみよう。「両面焼き」とはなんぞや、ぱくりっ。

 

おっ、まわりがパリッとしていて、中はしっとり。調理シーンは見れなかったが、これが「両面やきそば」か!

 

そして次、未体験ゾーン「焼きそば+生たまご」に挑戦だ!

 

たまごをくずして、焼きそばと一緒にいただく。ぱくっ。

 

おぅ、合う!「生たまご」が「焼きそば」に合うことをはじめて知った!

 

そして目の前を見ると、さまざまな調味料!青のり、七味をはじめ、ごま、ラー油、お酢、フライドガーリック等々。

 

すべて試してみると、みな、いいアクセントだ。うーん、勉強になる!

 

そう言えば「日本三大焼きそば」をはじめとする、ご当地焼きそばも、みなタイプが違う、個性がある。

 

【うまログ なか食セレクション4】北海道から沖縄まで!おすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

うーん、「焼きそば」の世界も奥が深い!これからも、いろいろな「焼きそば」ワールドを食べ歩き、体験していきたい!

 

ちなみに後日、お世話になっている池袋の焼き鳥屋の大将に聞いたら、「あぺたいと」板橋区/高島平の人気焼きそば店と教えてくれた。

 

何店舗か支店を出していて、昨年、世田谷エリアにも初出店したとのことだった。うーん、知っている人は知っているものだ!

 

【東京焼き麺スタンド】 

 世田谷区北沢2-36-6 下北沢駅徒歩1分 

 070-3962-6756 

 11:30-15:30 17:30-23:00 火曜休 

 

 

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!