【丸長(まるちょう)】昔ながらの中華そばがあるなら、つけ麺も!一度に3種類の味わい、いただきました!

練馬で午前の仕事が終わり、午後の仕事は桜台

 

今日のお昼は、桜台でいただく。

 

 

行くお店はここ、「つけめん 丸長」

 

 

午前中、練馬麺好き社長から教えてもらったお店だ。

 

社長曰く、一度に3種類の味が楽しめる、昔懐かしいつけ麺、とのことだ。

 

「3種類の味」か。

 

3種類と言えば、醤油+味噌+塩か?

 

しかし中華料理の「火鍋」のように、丼ぶりに仕切りがある訳ではない。

 

それはないだろう。3種類とは、どういう味わいなのか。楽しみだ。

 

それと、「昔懐かしいつけ麺」!

 

ラーメンに「昔懐かしい中華そば」があるのであれば、つけ麺にもそれがあってもいい!

 

はじめての「昔懐かしいつけ麺」、これもまた楽しみだ!

 

興味津々、わくわくしながらお店に入る!

 

 

店内は、厨房を囲むようにL字型のカウンター席

 

 

そして壁側にテーブル席で十数席。

 

 

厨房を仕切る大将、お客さんをさばくお母さん。

 

ご高齢なご夫婦ふたりで切り盛りされている。

 

ほんわかした雰囲気で、いい感じだ。

 

そしてお母さんから、こちらへどうぞー!と言われて席につく。

 

 

そして、テーブルメニューを・・・。

 

おっと、ここは昔ながらの町中華。

 

そんなものはない!あっては、いけない。

 

メニューは、壁だ!

 

 

つけメン(900円)

玉子入つけメン(950円)

野菜つけメン(1,000円)

野菜・玉子つけメン(1,050円)

チャーシューつけメン(1,200円)

メンマつけメン(1,300円)

 

おっ、メンマつけメンというのもあるのか。

 

しかし練馬の麺好き社長は、最初は「野菜」からいってみて!と言っていた。

 

そのお言葉どおり「野菜つけメン」をお母さんに注文。

 

厨房の大将の仕事ぶりを拝見しながら、「3種類の味わい」「昔懐かしいつけ麺」を楽しみに待つ。

 

そして5分ちょっとで、お待たせしましたー!

 

 

おー、さすが「野菜つけメン」!スープから飛び出す野菜の山!

 

そして、濃い色合いのスープに「昔ながら」を感じる!

 

 

麺は平打ち麺。中太でぷるんとしたキレイな麺だ。

 

 

それでは、いただこう!

 

麺ひとすくい!

 

 

これを野菜をかき分け、スープにグイっ入れる。

 

 

スープに十分なじませ、グイッと持ち上げ、すすっ!

 

おっ、甘っ!おおっ、酸っぱっ!おおおっ、辛っ!

 

んんんっ!?

 

もう一度、麺をすくいスープになじませ、すすっ!

 

再び、甘っ、酸っぱっ、辛っ!

 

そして今度はその後、なんとなく「なつかしさ」を覚える。

 

う~ん、練馬の社長が言っていたのは、これか!

 

一度に楽しめる3種類の味。

れは、甘くて、酸っぱくて、辛い。このことか!

 

さらに感じる「なつかしさ」。

 

これが、社長が言っていた「昔懐かしいつけ麺」なのだろう。

 

しかし、この「なつかしさ」は何なんだろう。

 

今どきのキレキレつけ麺。魚介系の出汁がビシッときいたつけ麺。

 

それにはない味わいだ。

 

やはりこれは、昔ながらの中華そば、昔ながのつけ麺にはなくてはならないやつ。

 

「化調」だろう。

 

出汁も当然きいている。しかしそれ以上に「化調」が大活躍。

 

それが、この「なつかしさ」を演出しているのだろう。

 

よし、自分なりの「整理」もできた。

 

野菜もいただこう!

 

山盛り野菜をガサっとつまむ!

 

 

これを、Max、最大限に口を開いて、ぱくりっ!

 

おー、瑞々しい野菜達!

 

これは、再び甘酸っぱい、辛さを求める!

 

麺をすくって、スープになじませ、すすっ!

 

 

う~ん、サイコー!

 

麺も、冷水でビシっとしめた、今どきのつけ麺とは違う。

 

ゆるめ、ぬるめのしめ方。

 

これもまた、ほんわか、なんとなく「なつかしい」の立役者なのだろう。

 

つけ麺最大のウイークポイント。冷たい麺でスープがぬるむ。

 

もしかしたら、これの解決策のひとつかもしれない。

 

よし、具材、トッピングもいただこう!

 

まずは、刻みチャーシュー!

 

 

おおっ、小さいながらもチャーシューの味わい!

 

刻みナルトもぱくりっ!

 

 

おー、しっとり、ほのぼの~!

 

そして、メンマ!

 

 

おおおっ、コレうまい!

 

味付けしっかり、食感もしっかり!

 

メンマつけメンのメニューがあるのがわかる。

 

具材三連発をすると、やはり求めるには、甘・酸・辛!

 

麺をすくって、スープになじます!

 

 

そして、すすっと!

 

うまいっ!

 

ここまで来ると「なつかしさ」は、「うまさ」に変わってくる。

 

甘さ、酸っぱさも、なくてはならない存在と化す。

 

さらに辛さ、一味唐辛子はかけがえのない存在となってくる。

 

おはしが止まらない。

 

麺も具材も、またたく間に完食!

 

 

よし、仕上げだ!

 

大将に、スープ割お願いします!

 

大将はお玉で、丼ぶりに割り汁を注ぐ。

 

 

よし、2回目のいただきます!

 

レンゲでスープ割をすくって、すすっ!

 

うまっ!

 

今まで、後ろで控えていた、出汁が表舞台に出てくる!

 

これは、いい!

 

前半レンゲで、後半は丼ぶりを両手でもって、一気飲み!

 

 

うまかったー!

 

3種の味わい、懐かしいつけ麺、存分に満喫!

 

ごちそうさまでしたー!満足、満腹でお店を出た。

 

 

ちなみに、練馬の社長が言うには、

つけ麺の「丸長」と言えば「丸長のれん会」。荻窪や目白の「丸長」が有名。

しかし当店、「丸長のれん会」には入っていない。とのことだ。

しかし入っていないからこそ、味わえるオリジナリティがあるのだろう。

今日は、それを十分満喫できたようだ!

 

【丸長】

 練馬区豊玉上2-9-9

 桜台駅3分

 11:00-14:00 日祝定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!