【万代そば】芸能人や芸人さんもハマるらしい、「バスセンターのカレー」を食べて来た!

これから新潟出張。それを聞きつけたカレー大好き女子が、

 

女子:課長、新潟行くんですか!?

 

木村:うん。

 

女子:だったら、お土産に「バスセンターのカレー」を買ってきてください!!

 

木村バスセンター?変わった名前のお店だね。

 

女子:なに言っているんですか、お店の名前は「万代そば」スタンドそば屋さんです。バスセンターにあるお店のカレーだから、「バスセンターのカレー」なんです。

 

木村:ほー、シモキタ以外のカレー屋さんもよく知ってるね。

 

女子ケンミンショーにも出てて、新潟に行った芸能人芸人さんもよく寄るらしいですよ。

 

木村:ほー。

 

女子:ほー、じゃないですよ! せっかく新潟に行くんだから、課長も「バスセンターのカレー」を食べて来た方がいいですよ。それよりお土産、絶対に忘れないでくださいよ!

 

女子:東京で「新潟フェア」とか「物産展」があっても、すぐに売り切れてしまうんですから!

 

フェアや物産展ですぐに売り切れる

 

北海道の「じゃがポックル」のような人気商品なのか?

 

【うまログ スマート北海道展】スイーツコーナー(おすすめ25選)はこちらから!「じゃがポックル」も!

 

 

 

 

しかしスタンドそば屋のカレー

 

「富士そば」のカレーセットはたまに食べるが、お土産までは…。さらに、ケンミンショー芸能人も?

 

んー、よくわからない。しかし過去の経験上、彼女のすすめるシモキタカレーにはずれはなかった。よし、寄ってみることにしよう。

 

【うまログ なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

東京駅から新幹線新潟駅へ。

 

 

新潟駅からバスセンターに向かう。

 

数分歩くと、「新潟バスセンター」に到着した。

 

バスが頻繁に出入りしている。新宿の「バスタ新宿」みたいなところだ。

 

 

そして中を少し歩くと、おー、あった!「万代そば」!確かにスタンドそばだ。

 

 

そして券売機に向かう。

 

 

「カレーライス」のボタンがある。これだろうか?

 

となりに「昔懐かしい黄色いカレー」とは書いてあるが、「バスセンターのカレー」とは書いていない。

 

しかしカレーはこれしかない。壁のメニューを見ても「カレーライス」のメニューしか見当たらない。

 

 

んー、多分これだろう。「普通カレーライス(480円)」のボタンを押して、カウンターで食券を渡す。

 

 

念のために店員さんに「バスセンターのカレー」はこれでいいか確認すると「そうですよー!」と明るい回答。

 

オッケーだ。ふと隣を見ると、あった!

 

ショーケースの中に、レトルトパッケージの「バスセンターのカレー」

 

 

さらにポスターまで

 

 

カレー大好き女子が「すぐに売れ切れる」言っていたお土産はこれだ!

 

そうしている間に、店員さん呼ばれ、カウンターで「お宝」が手渡される。

 

 

おー、これが「バスセンターのカレー」か!

 

随分と黄色い。ライスが見えないほどに、カレーがかかっているので、まさに、まっ黄っ黄っという感じだ。

 

う~ん…、パクリ。

 

 

おっ、スパイシー「富士そば」のカレーを想像していたので、想定以上のスパイシーさにびっくりする。

 

 

さらにその後、コクのある味わいが来た。

 

んっ、んっ?

 

もうひと口食べてると、やはりスパイシーさコクが来る!

 

なかなかいい!

 

見た目の、まっ黄っ黄っで少し腰が引けていたが、その必要はまったくない。

 

まっ黄っ黄っの色合いも、とろみ加減も、なにか懐かしく、いい感じになってくる。

 

大ぶりにカットされた、タマネギにんじんもアットホーム感があっていい!

 

おっ、ポークだ。豚バラもちゃんと入っている。

 

うーん、これで480円のプライスか!ボリュームも結構ある!いいじゃないか「バスセンターのカレー」!

 

こうなるとカレーは「飲み物」。3分もしないうちに完食!

 

【Amazon】

Amazonならお取り寄せできます!バスセンターのカレー(220g) 2個セット 

 

お皿を返す時、店員さんにカレーの「コク」のもとを聞いてみた。

 

すると「豚骨スープ」だと教えてくれた。そうか、あのコクは豚骨スープから来ていたのか。

 

ごちそうさまでしたー!と言って振り返ると「バスセンターのカレースプーン」

 

 

お土産のカレーだけではなく、周辺グッズまで揃えているのか!

 

さらに見ると、「バスセンターのカレーTシャツ」まである!

 

 

そして、そのTシャツがおもしろい。

 

お店のおかあさんが「本当はそば屋なんだけどなぁ…」とつぶやいている。

 

 

カレーだけではなく、センスもいいカレー屋さん、いや、おそば屋さんだ!

 

【なか食セレクション】世界に誇るニッポンの和牛!日本全国、ブランド和牛の「ビーフカレー」を集めました!

 

 

 

そして仕事が終わり、夜は業者の方との懇親会。「越後の幸」で乾杯!

 

 

みなさん新潟の方。「バスセンターのカレー」を食べたことを伝えると、拍手喝さい。新潟で圧倒的な支持のあるカレーであることを実感する。

 

そして〆は、越後の名産「へぎそば」

 

「へぎそば」は、つなぎに「布海苔」を使った越後地方のそばで、「へぎ」という四角い器に盛りつけられることからその名が付いたらしい。

 

 

新潟に来たらからには、これをいただかなければ!

 

 

そしてホテルに戻り、新潟のクラフトビール「こしひかり越後ビール」をグビっと!

 

 

うーん、充実した新潟旅行、いや、新潟出張だ!

 

 

【万代そば/バスセンターのカレー】

新潟市中央区万代1-6-1

025-246-6432

8:00-19:00

 

【新潟のクラフトビールと限定ビール】

 

 

 

 

 

 

 

【万代そば/地図】

 

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!