【エチオピア】元祖カレー激戦区神保町!1、2を競う人気のカリーは、いつ食べても最高、爽快スパイシー!

神田神保町。靖国通りを渡ると「エチオピア」

 

 

おっ、元祖カレー激戦区で1、2を争う人気店

 

ショーケースには、よくできた食品サンプル。

 

 

最近あまりみかけないサンプルの展示に、昭和63年創業の歴史を感じる。

 

ケース中央には、当店のカリーについての説明書き。

 

そう、当店のカリーは「インドカリー」ではなく「インド風カリーライス」

 

 

インドカリーをベースにしながらも、当店オリジナルのカレーだ!

 

よし、めんどくさいウンチクはこのくらいにして入店しよう。

 

客席は2Fにもある。

 

 

しかし、いつもの習慣で1Fに入店する。

 

 

天井にある看板「インド風カリーライス エチオピア」の文字の下には「自家焙煎珈琲」

 

 

そう、エチオピア国と言えばカレーではなくコーヒーだ。

 

なのに、カリーライス専門店の当店がなぜ「エチオピア」なのか?

 

それは当店が、当初コーヒーとカレーのお店として開業したから。

 

エチオピアの店名は、当時当店で人気だったエチオピアコーヒーから取ったそうだ。

 

今はカリーライス専門店になっているが、その名残りでこの看板があるようだ。

 

 

おっと、当店の生い立ちのウンチクはこのあたりにして、食券を買おう。

 

すぐ左にある券売機に向かう。

 

 

ここでも、当店は「インドカリー」ではなく、オリジナルの「インド風カリーライス」であることがわかる。

 

メニューには「ビーフカリー」がある。

 

しかも券売機の一番上の一番左、「おすすめメニュー」が座る指定席に「ビーフカリー」。

 

 

もちろんインドカリーの定番、チキンカリーもいい。おいしい。

 

しかし今日はちょっとお腹がすいているので、ガッツリ感を優先してビーフカリーにしよう。

 

「ビーフカリー(920円)」の食券を買って、カウンター席に着く。

 

 

テーブルには「辛さの選択」のご案内。

 

 

当店の辛さは、0倍から70倍まで選択できる。

 

0倍で一般的な「中辛」3倍で一般的な「辛口」

 

激辛マニアではなく、普通の辛口派の私は、いつも4~6倍。今日は5倍にしておこう。

 

ちなみに過去の経験上、辛さを楽しむのなら10倍以内がおすすめかもしれない。

 

それ以上だと「辛さを楽しむ」というよりも「辛さとの戦い」になる…。それがいいという方もいるが。。

 

 

そして店員さんが「じゃがいも」を持って来る。

 

そう、当店のカリーライスは、じゃがいも付き!

 

 

よし、いただこう。

 

まずはお塩で。

 

 

じゃがいもはおかわり自由

 

 

いつものようにじゃがいもをおかわり。無料サービスのマーガリンも一緒にお願いする。

 

 

おかわりじゃがいもと、マーガリンが到着。

 

 

カレーと言うと、注文したらすぐに出てくるイメージが強いかもしれない。

 

しかし、当店のカリーは注文を受けてから一皿ずつ作るので、ちょっと時間がかかる。

 

 

しかしその間、こうしてゆっくりじゃがいもを楽しめるから、まったく気にならない。

 

 

そして10分ちょっとすると、お待ちかねの「お宝」が登場した!

 

 

こんもり盛られたごはん、お皿にいっぱいに広がるカリー、そしてその中には、ゴロっとビーフ!

 

この光景はどこから見ても変わらない!うれしい限り!

 

 

福神漬けも添えて、さあいただこう!

 

 

ごはんカリーを一緒にすくう。

 

 

このサラッとしたカリー感!この感覚こそが、エチオピアのカリー!

 

パクリ!

 

うーん、スパイシー!

 

しかし10種類以上スパイスを組み合わせて作り出す辛さ。

 

刺激だけの単純な辛さではなく、幅のある爽快な辛さだ!

 

長時間煮込み、カリーにとけ込んだ大量の野菜の旨みでコクがあるのもいい!

 

もうひと口、もうひと口、どんどん食べ進めてしまう。

 

よし、ビーフもいってみよう。

 

大き目のビーフがゴロっと、5、6個入っているから食べ応えは十分。

 

 

まずはひとつすくって、パクり!

 

 

うーん、うまい!カリーに合うタイプのお肉なのがうれしい!

 

止まらず、3つを立て続けにいただく。

 

カリーの中にはお豆も入っている。ぱくり!

 

 

う~ん、やはりエチオピアのカリーはいい!

 

当店ならではのスパイシー、当店ならではのうまさを再認識。

 

今日もスプーンは止まらず、ものの5分でビーフカリー完食!

 

ごちそうさまでしたー!

 

お店を出て、長い坂道、お茶の水駅に向かう。

 

しかし足取りは軽い。やはりエチオピアカリー効果だろう。

 

10種類以上のスパイスには、漢方で使われる薬膳スパイスも入っている。

 

うまくて、さわやかスパイシーなだけじゃない!

 

身体、健康にもいい

 

さすが、元祖カレー激戦区で1、2を争う人気のカリーだ!すばらしい!

 

 

【エチオピア 本店】

千代田区神田小川町3-10-6

03-3295-4310

神保町駅徒歩3分

11:00-22:30

日祝は20:30まで

 

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

 

※日本全国ご当地自慢のカレーを集めた「うまログ なか食セレクション!」も是非ご覧ください!

 

【なか食 ご当地海鮮カレーVol.1 北海道・東北編】カニ、ホッキ貝、ホタテ、サーモン、イカ、大間のマグロなどなど!

 

 

 

 

 

【なか食 ご当地海鮮カレーVol.2 関東・東海・北陸・関西編】アワビ、あんこう、すっぽん、白えび、タコなどなど!

 

 

 

 

 

【なか食 ご当地海鮮カレーVol.3 瀬戸内・九州・沖縄編】ふぐ、かき、じゃこ天、めんたい、もずくなどなど!

 

 

 

 

 

 

【なか食 ご当地ビーフカレー!】松坂牛、神戸牛、近江牛、米沢牛などなど!ニッポンの宝、世界に誇る「和牛カレー」!

 

 

 

 

 

【なか食 ご当地フルーツカレー!】ラ・フランス、さくらんぼ、メロン、ぶどうなどなど!フルーティーなカレー!

 

 

 

 

 

【なか食 ご当地野菜カレー!】京野菜、ピーナッツ、わさび、ゴーヤ、野沢菜などなど!ヘルシーでおいしいベジカレー!

 

 

 

 

 

Follow me!