【仙臺(せんだい)】カレー激戦区、神保町で500円カレー!?その名にふさわしい「牛たんカレー」いただきました!!


元祖カレー激戦区、神田神保町

 

この地でいただくカレーは、店主がプライドをかけて作った逸品揃い。

 

手間ひまをかけて仕込み、具材にもこだわったカレー。

 

ゆえに、それなりのお値段になっても仕方がないだろう。

 

と、思っていたが、違っていたらしい。

 

なんと、神保町のカレー店にもかかわらず「500円カレー」があるという。

 

資金力を背景に、システマチックな管理や調達ができるゴーゴーカレーココイチなどのチェーン店でも、500円は難しいだろう。

 

果たして、個人経営のお店でそれが可能なのか。

 

しかし考えるより、行くが早し。

 

お店の名前は「仙台」とのこと。

 

早速、行ってみた!

 

おっ、ここだ。

 

 

んっ、センダイのダイは「台」ではなく、難しい字の「臺」か…。

 

漢字に弱い私としては、お店の名前を教えてもらっていなかったら、読めなかったかもしれない。

 

さらに「臺」の字を書けと言われても、逆立ちしても書けないだろう。

 

おっと、そんな私の浅学さはどうでもよかった。

 

それよりも、果たして、500円カレーがあるか、ないかだ。

 

【うまログ スマート北海道展】「白い恋人」をはじめ、おすすめスイーツ25選!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

入店する。奥に長い店内は、十数席のカウンター席のみ。

 

 

着席して、すぐにメニューを見る。

 

 

そして、さがす、確かめる。

 

あった!

 

ポークカレー500円チキンカレー500円

 

 

確かに500円だ!

 

ビーフカレーでも+100円の600円

 

ここにあるカレーメニューはすべて1,000円以内だ!

 

すごい!ここ神保町で、ありがた過ぎる料金設定じゃないか。

 

店主、お店の企業努力に敬礼!

 

と思っていると、店員さんが注文を取りに来る。

 

う~ん、ポークチキン、どちらにしようか。

 

しかし、回転の速いお店。

 

食べ終わった客が、ごちそうさまーとすぐにお店を出ていく雰囲気。

 

流暢に考えている場合ではない。

 

流れに逆らわないよう、すぐに注文しなければいけない。

 

よし、ポークにしよう!

 

しかしポークカレーを注文しようとした瞬間、となりのお客さんに「はい、牛たんカレー、お待ちどうさまでした!」と。

 

見ると、こんもりと盛られた黒いカレー

 

それが、私の視線と胃袋をワシづかみする。

 

そういえば、お店の名前は「仙台」

 

仙台と言えば「牛たん」だ。

 

であれば、ポークカレーは、牛たんカレーを食べた後、おかわりでいただこう。

 

まずは、あれ。あの黒い、牛たんカレーだ。

 

「ポーク…」と言いかけた注文を変更して「牛たんカレー(800円)」を注文する。

 

そして5分もたたずに「お宝」が登場!すぐに福神漬けを乗せる。

 

 

ではいただこう、「仙臺」の牛たんカレー!

 

 

いい黒さだ。牛たんがどこにあるのかわからない感じが好奇心、探求心をくすぐる。

 

さらに、カレーが一面にかかっているので見えないが、その下には富士山型に盛られたごはんがある。

 

お店の人に聞いたら300g

 

たのもしいボリュームだ。

 

では、いただきます!ぱくりっ!

 

うっほ、うまっ!

 

野菜やフルーツ、形はないが、いろいろな具材が煮こまれているのだろう。

 

コクのある、いい味わいだ。

 

ピリッとスパイシー。やや辛めな辛さ具合もいい感じだ。

 

おっ、牛たんめっけ!ぱくりっ!

 

 

おぉ~、やわらかぁ~!そして、牛たんの味わいもしっかり!

 

さすが牛たんの街「仙台」を冠したお店!その名にふさわしい、いい牛たん、いい調理だ!

 

スプーンが止まらなくなってきた。

 

ぱくぱく、食べ進める。

 

カレーの中には、みじん切りのマッシュルームが少しだけ入っているようだ。

 

メリハリある食感も楽しい。

 

ますますスプーンは止まらず、ごはんも、カレーも、3切れ入っていた牛たんも、すべてキレイに完食!

 

ふー、おしいかった!

 

レジで会計を終え、ごちそうさまでしたー、とお店を出る。

 

あっ、しまった。

 

牛たんカレーに夢中になって、ポークカレーのおかわりを忘れてしまった。

 

でも、まあいい。

 

というか、それでよかった。

 

300gのごはんは、結構なボリュームだった。

 

ひょっとしたら食べきれなかったかもしれない。

 

はじめてのお店で失礼なことをするわけにはいかない。

 

500円ポークカレーは次回にしよう。

 

【仙臺】

千代田区神田神保町1-64-1

03-5577-4051

神保町駅6分

11:00-15:00 15:30-21:00

土祝11:00-:15:00のみ

日曜定休

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

 

「うまログ いろんなお取り寄せシリーズ」も是非ご覧ください!

 

【レンジでチン!のお取り寄せ①】銀座、日本橋の名店から「カツ丼」「あなご丼」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ②】沼津港から直送!アジ、サバ、金目鯛など、おいしい「干物」もレンジでオッケー!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ③】さわら、銀だら、金目鯛などなど!本場京都からおいしい「西京焼き」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ④】本場、大阪/千房、広島/みっちゃんのお好み焼き、大阪/会津屋のたこ焼き!551の豚まんも!

 

 

 

 

 

【元気の出るお取り寄せ!】コスパ最強の「うな丼」!名古屋の名店の「ひつまぶし」もあります!

 

 

 

 

 

【うどんの王様、お取り寄せ!】日本三大うどん、もっちもっちの「讃岐うどん」!ぶっかけでいきますか!?

 

 

 

 

 

【人気もの、お取り寄せ!】崎陽軒、横浜中華街の老舗店から、551豚まんセットまで!人気のシュウマイ大集合!

 

 

 

 

 

【100年カレーをお取り寄せ!】箱根、日光の名門クラシックホテル、伝統のビーフカレーを自宅で楽しむ!

 

 

 

 

 

【エクササイズをお取り寄せ!】ビリー隊長、令和に復活!「入隊」で、運動不足解消、ストレス発散!

 

 

 

 

 

Follow me!