【炭焼豚丼 豚野郎】本場、北海道は帯広系!注文を受けてから炙る、香ばしくて肉厚、甘辛特製タレがたまらない!

お昼時、JR御茶ノ水駅聖橋口の改札を出る。

 

 

するとすぐに左に、博多ラーメン

 

 

おっ、替え玉1個無料!

 

今日のお昼は博多ラーメンにしようか。

 

と、上を見ると、ハンバーグ

 

 

おっ、2Fはハンバーグ屋さんか。ハンバーグもいいな。

 

さらに、その上を見ると、豚野郎

 

 

おっ、3Fは豚野郎か。豚野郎もいいな。

 

んんんっ、豚野郎!?

 

 

大胆なネーミングのお店だ!

 

何のお店なんだ?

 

二郎系だろうか、う~ん、気になる!

 

よし、考えるよりも、行くが早し!食べるが早し!だ。

 

今日のお昼はこちらでいただこう!

 

年季の入った階段を上っていくと、

 

 

小豚丼 480円 豚150g 米200g

中豚丼 680円 豚200g 米400g

 

さらに上がると

 

 

大豚丼 880円 豚250g 米500g

 

おっ、豚丼のお店か!

 

ちょうどいい。しばらく、豚丼を食べていない。

 

今日は、久しぶりに豚丼ランチを楽しませてもらおう!

 

しかし、小豚丼でも、お肉150gごはん200gか。

 

これは、「小」というより「並盛」のサイズだろう。

 

そして大豚丼だと、お肉250gごはん500g

 

これは、腹ペコ男子大喜びのボリュームだろう。

 

う~ん、大・中・小、どれにするか。

 

と思っていると、すぐに3Fに到着。

 

券売機には、

 

 

小豚丼 530円

中豚丼 730円

大豚丼 930円

 

階段の値段よりも、50円ほどUPしている。

 

しかし階段の年季から考えると、階段の値段は何年も前のものだろう。

 

昨今の物価上昇を考えれば、50円UPはやむなし、許容範囲だ。

 

それよりも、私が解決すべき課題は、大?・中?・小?だ。

 

手堅く「小」でいくか、それとも「大」にチャレンジするか!?

 

いやいや、はじめてのお店だ。

 

ちょっと手堅く、ちょっとチャレンジ。

 

お肉200gごはん400g 「中」でいこう!

 

中豚丼(730円)味噌汁(100円)の食券を買って、入店する。

 

 

店内はカウンター席10席ほど。

 

 

先客には女性客もいる。

 

後ろを見ると券売機で食券を買っているお客さんは、高齢男性だ。

 

腹ペコ男子万歳!のお店と思ったが、幅広いお客さんに愛されているお店か。

 

いいお店に入ったようだ。

 

食券を店員さんに渡して、空いている席につく。

 

 

カウンターの向こう、厨房では、大将が気合いの入った表情で、お肉を1枚1枚炙っている。

 

焼き置きはせず、注文を受けてから炙るスタイルのようだ。

 

う~ん、本格的!いいじゃないか!

 

と思ったら、軽くが上がった。

 

んんっ、この炎の上がり方は・・・、

 

と思って店員さんに聞いてみると「炭火焼」とのこと。

 

う~ん、炭火焼きか、ますますいいじゃないか!

 

さらに大将の手さばきを見ていると、二度焼きだ!

 

一度炙って、タレをくぐらせ、また炙る。

 

余分な油を落とし、タレをしみ込ませて、香ばしく焼き上げる!

 

う~ん、これはいつもお世話になっている吉野家系の豚丼ではない。

 

これは、豚丼発祥の地、豚丼の本場、北海道は帯広系の豚丼じゃないか!?

 

そして、満を持して「お宝」が登場!

 

 

おー、間違いない!

 

このテカリのきいた、肉厚な豚バラ軍団

 

これは本場帯広系本格豚丼だ!

 

旨美しい「茶色の美学」に、青ネギのアクセントがたまらない!

 

お味噌汁のフタをパカりと開けると、さらに茶色のシャワー

 

 

もう、我慢できない!

 

本場帯広系、いただこう!

 

 

お肉を一切れつかむ。

 

 

おおっ、いい感じの焦げ目

 

5mm以上ある肉厚感もいい!

 

食べやすいよう、ひと口サイズにカットされているのもいい!ぱくりっ!

 

うまっ!

 

二度焼きで油を落として、お肉の旨みを残す。そこに、甘辛特製タレのコーティング!

 

香ばしくて、やわらかくて、旨辛ジューシー!メッチャうまい豚バラだ!

 

これは、いい!

 

たまらず、もうひと切れをパクリっ!

 

 

うおー、再び、うまっ!

 

このちょっと濃いめのタレにつつまれた豚バラ

 

今が夜だったら、確実にビールを注文していることだろう。

 

しかし、まだお昼。仕事中だ。

 

ビールの代わりに、ごはんをすくってパクりっ!

 

 

う~ん、ごはんにメチャメチャよく合う!

 

自動盛り機で盛られたごはんだから、ふっくらしているのもいい!

 

ごはんをいったら、お味噌汁もいただこう!

 

 

う~ん、ごはんがうまいと、お味噌汁もうまい!

 

ますますテンションがあがっていく。

 

再び、お肉をつかんでパクりっ!

 

 

うまっ!

 

そしてまた、ごはんをかき込む!

 

 

さらにまた、お味噌汁

 

 

う~ん、うまいっ!ほんと幸せ、マジ幸せ!

 

ごはんのおとももいただいてみよう!

 

 

つぼ漬けをカリッと。

 

 

う~ん、これは、さっぱりいい口直しだ!

 

さらに、お肉ごはんも進む!

 

 

よし、このあたりで、味変も楽しもう。

 

テーブルには、マスタード七味山椒など、各種味変アイテムが用意されている。

 

 

甘辛タレに、ピリッと感のハーモニー!

 

お肉は10枚以上あるから、思う存分楽しめるのがいい。

 

 

そしておはしは止まることなく、お肉200gごはん400gをキレイに完食!

 

 

ふー、お腹いっぱい!

 

ごちそうさまでしたー!

 

満腹、満足の笑みでお店を出た。

 

【炭焼き豚丼 豚野郎】

 千代田区神田駿河台2-6-15

 03-3219-9322

 御茶ノ水駅 聖橋口から10秒

 11:00-22:00 土祝21:30まで

 日曜定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

北海の「おいしいもの」を取り揃えました!いつでもオープン!「うまログ スマート北海道展」も是非ご覧ください!

 

【スイーツコーナー】「白い恋人」をはじめ、おすすめスイーツ25選はこちらから!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

【ご当地丼コーナー】元祖豚丼・いかめしなどのご当地丼、限定のマルちゃん「やきそば弁当」などはこちらから!

 

 

 

 

【ラーメンコーナー】札幌、函館、旭川ラーメンなどいろいろ取り揃えました!おすすめラーメン25選はこちらから!

 

 

 

 

【ジンギスカン・チーズコーナー】本場のジンギスカン、北の大地が育んだチーズなどはこちらから!

 

 

 

 

【海産物コーナー】「海鮮王国」北海道!うに、かに、いくら!海の幸はこちらから!

 

 

 

 

【カレーコーナー】札幌スープカレー、海鮮カレーなどいろいろ取り揃えました!おすすめカレー25選はこちらから!

 

 

 

 

【ドリンクコーナー】ガラナ」「カツゲン」など北海道のご当地ソフトドリンクはこちらから!

 

 

 

 

【ビール・ワインコーナー】「北の大地」で育まれたクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!