【蔵助】おにぎらずな飛騨牛ハンバーグ!?飛騨名物「朴葉(ほおば)焼き」で、香ばしくおいしくいただきました!

神田小川町交差点。これからお昼。

 

さて、今日は何をいただこうか。

 

あっ、そうだ!

 

この間、近所の取引先に教えてもらった「飛騨牛ハンバーグ」をいただこう。

 

ここからなら、すぐ行けそうだ。

 

大通りを御茶ノ水駅方面に進み、脇道に入る。

 

おっ、ここだ!

 

 

食事処 蔵助

飛騨美酒 蓬莱 ほうらい

 

お店は、2F。外階段をのぼる。

 

 

2Fに着くと、「蔵助」の看板。

 

 

その下には、飛騨名酒がさりげなく置かれている。

 

 

いい感じゃないか!

 

さらに中に入ると、お店の入口

 

 

のれんの手前には、飛騨高山お祭りが飾られている。

 

 

なんだか飛騨高山に来たような気分で、お店に入る。

 

店内は、清潔感のある和空間

 

 

ゆったりした感じで、席数は50席ほどか。

 

 

私は、店員さんの案内で席につく。

 

 

さて、注文だ。メニューを見る。

 

んんっ・・・

 

飛騨牛ハンバーグがない。

 

飛騨牛コロッケ飛騨牛メンチカツ、さらには飛騨の名物五平餅まであるが、ハンバーグがない。

 

 

コロッケ、メンチカツの聞き間違いだったか。

 

しかし、飛騨牛コロッケ飛騨牛メンチも魅力的だ。

 

ハンバーグはあきらめ、こっちをいただこうか!

 

いやいや、さらに魅力的なのを見つけたぞ!

 

 

朴葉(ほおば)みそ焼き定食!

 

飛騨名物の「朴葉焼き」、これを「飛騨牛」でいただこう!

 

ご飯もおかわり無料だ!

 

店員さんに声をかけ、朴葉みそ焼き定食「飛騨牛(1,100円)」で注文する。

 

ハンバーグがなかったのは残念だが、きっと聞き間違いだったのだろう。

 

しかし、ひょうたんから駒。

 

飛騨名物「朴葉焼き」はうれしい。お肉もしっかり飛騨牛だ。

 

ジョッキにつがれたお茶を飲みながら、楽しみに「お宝」を待つ。

 

 

そして10分後、「お宝」が登場!

 

 

まずは、ごはんお味噌汁サラダ漬物

 

おー、しっかりとした定食セットだ!

 

続いてお待ちかね、卓上コンロに乗った、飛騨牛朴葉みそ焼きが登場!

 

 

お、お、おっ!これだ!

 

取引先が「飛騨牛ハンバーグ」と言っていたのは、これだ!

 

玉ねぎなどの具材は入っていない、まさに飛騨牛100%のハンバーグの「タネ」!

 

何も足さない、何も引かない。

 

それが、朴葉の上、味噌で香ばしく炙られている!

 

これはまさに、おにぎらず飛騨牛ハンバーグじゃないか!

 

 

聞き間違いではなかった!

 

いとおしき飛騨牛ハンバーグ

 

それを、飛騨名物「朴葉焼き」でいただけるなんてラッキーだ!

 

よーし、いただこう!

 

おはしでお肉をひとつまみ、ぱくりっ!

 

 

おー、味わい深い濃厚な味噌!まさに、古きよきニッポン!

 

そして、この濃厚味噌で、朴葉の上で焼かれたブランド和牛は、香ばしくジューシー

 

思わず、このジョッキが生ビールだったら、という邪念が脳裏をよぎる。

 

 

しかし、まだお昼。

 

邪念を振り払うがごとく、速攻でごはんをひと口!ばくりっ!

 

 

うまいっ!

 

お味噌白いごはんが合わないはずがないが、コレ、めちゃうまい!

 

さらに、追い味噌!

 

お味噌汁を、すすっ!

 

 

おっ、とろろお味噌汁だ。

 

う~ん、濃いめの味噌焼きに、淡く優しいお味噌汁ベストマッチ!

 

まさに、濃淡合わせ技の味噌づくしだ!

 

そして、一呼吸置いたところで、再び朴葉焼き

 

この時、ある考えが頭をよぎる。

 

そう、オンライス

 

おはしでお肉をワシっとつかんで、ごはんの上へ!

 

はい、「飛騨牛そぼろ丼」の完成です!

 

 

そして、これを一気にかき込む!

 

 

うまっ!

 

お味噌ブランド和牛白いごはん

 

サイコーの三つ巴三種混合リレー!めちゃうまい!

 

一気にごはんを食べあげ、おかわり

 

おかわりを待つ間、サラダでひと休み。

 

 

すぐに、おかわりごはんが到着!

 

 

おはしは条件反射のごとく、朴葉焼きごはんの上に運ぶ。

 

 

そして再び、「飛騨牛そぼろ丼」第二弾の完成です!

 

 

だが、すぐにはかき込まない。

 

席に着いてからずっと気になっていた、赤いキャップなやつを手に取る。

 

 

ふと顔を上げると、店員さん目が合う

 

店員さんは、この後の私の行動を察したかのように微笑み返し

 

よし、当店的にも、私のこれからの行動に問題はないようだ。

 

と一気にマヨを、お肉の上でぐるぐるん

 

はい、「飛騨牛そぼろ丼 マヨネーズ掛け」の完成です!

 

 

そして、間髪入れずに、ぱくりっ!

 

 

うわぁ、メチャメチャうまいっ!

 

ジューシーな飛騨牛の舞台で、味噌マヨの見事な競演!

 

これまたサイコー

 

もはや、おはしが止まらない!止められない!

 

途中、漬物もつまみながら、どんどんいだく!

 

 

朴葉焼きはコンロに乗っているから、最後まであったか香ばしい

 

そして、あっという間に完食

 

 

満腹、満足で、ジョッキのお茶を飲もうとすると、お待たせしました!

 

 

おっ、デザートまで付いているのか!

 

ぱかりっ!

 

 

もなかアイスもおいしくいただき、ごちそうさまでしたー!

 

お店を出ると、天然鮎塩焼きポスター

 

 

か、これもいいな。

 

飛騨高山、おいしいものがいろいろある。

 

お肉に、川魚に、それとラーメン

 

今度の休み、また行ってみたくなって来た。

 

 

 

 

 

 

【飛騨居酒屋 蔵助】

 千代田区神田駿河台3-5-15

 03-3296-3551

 11:30-13:30 18:00-23:00 日祝定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

 

Follow me!