【たつ屋 新宿店】1杯350円、食べログ3.5、孤軍奮闘する牛丼店!吉野家・松屋・すき家・なか卯・養老乃瀧の比較写真付き!

たかが牛丼、されど牛丼。これから行く「たつ屋」の牛丼は350円

 

近隣の、吉野家・松屋・すき家の3大チェーンの牛丼(350円~380円)と同水準。立派なものだ!

 

さらに、食べログ評点は、3大チェーンの牛丼店が3.0~3.1なのに対して、3.5前後の高評価をキープする!

 

孤軍奮闘する牛丼店をあなどってはいけない!

 

「たつ屋」は、昭和44年(1969年)創業の牛丼店。かつてチェーン展開していたが、今残っているのはここ、新宿のお店だけらしい。

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

行ってみると、そのお店は新宿南口甲州街道の側道沿いにあった 

 

 

しかし歩道に面してはいるものの、入口はセットバックしていて、5mほど奥にある。

 

人どおりが多いので、立て看板を歩道に出せないのだろう。はじめてだと通り過ぎてしまうかもしれない。

 

また雑居ビルなのでちょっと入りづらい雰囲気ある。 

 

が、食べログ3.5の人気店なのだ。1杯350円だから、高級ブランド和牛を使っている訳ではないだろう。う~ん??

 

ドアをあけて入店すると「いらっしゃい!」元気のいい大将。御年50歳台?60歳台か?

 

カウンターの中には、大将と同世代の方がもうひとりいらっしゃる。人のよさそうな方だ。 

 

店内は、奥に長いL字型のカウンター席。新しくはないが、小ぎれいにしている。客層はカップルもいるが、男性比率が高い。

 

 

注文は、昔からのやり方を守っているのだろうか。券売機ではなく、カウンター席で注文する。

 

着席して、メニューを見る。

 

 

確かに「牛どん 350円」だ!

 

そしてメニュー左はしを見ると、「定食(みそ汁・お新香付)100円」とある。

 

大将に聞くと「定食」「味噌汁」「お新香」セットのことらしい

 

「味噌汁」「お新香」セットで450円か。3大チェーンで、牛丼+味噌汁+お新香にしたら、460円~510円。

 

3大チェーン以下のプライシングだもちろん「牛丼定食で注文する。 

 

【うまログ スマート北海道展】ご当地丼コーナー(豚丼などのご当地丼、北海道限定マルちゃんやきそば弁当などはこちらから!

 

 

 

 

注文を終え、お茶でも飲もうと思ったその瞬間、すぐに味噌汁」「お新香」が登場した

 

 

早っ!

 

注文してから、ものの15秒、いや10秒だ。 

 

「味噌汁」をいただいていてみる。すすっ。 

 

いい味わい。具も、お揚げとねぎとわかめ。しっかりと入っている 

 

では「お新香」もいただいてみよう

 

おっ、白菜漬けか、でつまもうとしたその瞬間、今度は「牛丼」登場した 

 

 

これまた早っー!早すぎっ!

 

味噌汁」と「お新香」が登場してから1分経つか、経たないか。

 

「牛丼定食」を注文してから「味噌汁」「お新香」「牛丼」が揃うまで、ものの1、2分だ。

 

 確かに、カウンターの中のおふたりを拝見していると、「あうん」の連携プレイが繰り出されている。

 

将が注文を聞くと同時に、もうひとりの方が準備、調理に入る。

 

そして大将がフォローに入り、振り返りざまに、出来上がった「味噌汁」「お新香」をお客に出す。

 

同時進行で、大鍋から「お肉」がすくわれ、盛り付けられているからすぐに「牛丼、お待たせー!」となる。

 

見事なシステムだ日本を代表する3大牛丼チェーンも、ここまでスピーディーにできないかもしれない 

 

【うまログ スマート北海道展】海産物コーナー(かに・いくら・うになどなど!「海の幸」がいっぱい!)はこちらから!

 

 

 

 

おっと、せっかくの「牛丼定食」が冷めてしまう。食べるスピードも、作るスピードに負けてられない。

 

紅ショウガをのせて、いただこう!

 

 

「牛丼」を見ると、牛肉たまねぎだけではなく、焼き豆腐ものっている。

 

 

なんか、すき焼き丼っぽい。ちょっとぜいたくな気分だ。 

 

そして「お肉」をぱくり。

 

 

なかなかいい。3大チェーンにそん色ない。

 

タレは、甘さ控えめ醤油がやや濃いめだが、気になるほどではない。 

 

そして、たまねぎをぱくり。 

 

 

おっ、タレがしみていて、シャキシャキ感も残っている!

 

焼き豆腐もいってみよう。ぱくり。

 

 

おー、柔らか。やさしい感じの焼き豆腐だ。 

 

ボリュームは、3大チェーンよりもあるんじゃないかな?バクバク食べてるとすぐに完食!

 

ふー、ごちそうさま! 

 

会計しようとすると常連さんと思われる30歳ぐらいの男性客と大将が会話をしている 

 

大将「うん、取材の話とかはあるけどね、受けづらいんだよねー」 

 

(ほー、取材か?)

 

大将「取材を受けてお客さんが来てくれるのはありがたいんだけど、混んじゃって。」

 

(そうかもなー。)

 

大将「いつも来てくれるお客さんに迷惑がかかっちゃうからさー。お兄ちゃんみたいに、学校卒業して遠くに行っても、こうして通ってくれるお客さんに迷惑かけたくないからねー」 

 

おー、食べログ高得点にも関わらず、通ってくれるお客さんを大切にする姿勢、すばらしい  

 

の時女性客がひとり入ってきた。女性客は「カツ丼」を注文。すると大将は笑顔で「ごはんは、少な目だよねー!」と。 

 

おー、細やかな気配り。男性客、女性客を問わず、お客さま本位!まさに今の時代に即したすばらしい営業スタンスだ。 

 

牛丼3巨頭に囲まれる中、孤軍奮闘し、食べログ高得点をたたき出す理由は、値段」「味」「ボリューム」だけでないのか

 

大事なのは「気持ち」「ハート」ということなのか!?今、その神髄を見たような気がした。

 

そして会計を済ませ、「ごちそうさまー」と言って、お店を出る。

 

【うまログ スマート北海道展】北海道のおいしいお米、北海道限定永谷園の「ほたて」や「うに」の味噌汁、お茶漬けなどはこちらから!

 

 

 

今後「たつ屋」お世話になるだろう。

 

だが、3大牛丼チェーンにも引続きお世話になるだろう。さらに3大チェーンだけてなく「なか卯」「養老乃瀧」も。

 

しかし最近行っていないお店もある。う~ん、「養老乃瀧」まで入れると、ちょうど5店だ

 

よし来週、久しぶりに学生時代に戻って、B級街道まっしぐら「日替わり牛丼店チェーンめぐり」でもしてみよう 

 

《牛丼ギャラリー》

 

1.まずは月曜キングオブ牛丼吉野家」から 

 

 

牛丼並360円Bセット(味噌汁・お新香)+150円、しめて510円なり 

 

 

 

2.火曜は松屋!プレミアム牛めしは、味噌汁付 

 

 

プレミアム牛めし380円おしんこ+80で、しめて460円なり 

 

 

 

3.水曜、松屋」と来たら「すき屋」 

 

 

牛丼並350円おしんこセット(味噌汁・お新香)+140で、しめて490円なり 

 

 

 

4.木曜はなか卯」やはり「和」、白ねぎとしらたきがのっている! 

 

 

和風牛丼380円つけもの味噌汁セット+150円で、しめて530円なり

 

 

 

5.金曜、最後は一杯やりながらの養老乃瀧」!〆の牛丼はミニサイズでちょうどいい! 

 

 

養老牛丼356円YOROセット(半熟たまご・味噌汁・おしんこ)+141で、しめて497円なり (ただしビール代等を除く。。)

 

 

 

うーん、なぜか牛丼はあきない。どかの経済評論家の先生の気持ちがわかる。来週は「たつ屋」に行ってみよう。

 

しかし、この間女性客が注文していた「カツ丼」も気になる。「牛丼」「カツ丼」どっちにしよう。両方いこうか。

 

 

 

Follow me!