【インデアンカレー】甘くて辛い大阪カレー!このうまさ、楽しさはクセになりそう!《図解付き》

以前、大阪スパイスカレー「旧ヤム邸シモキタ荘」を教えてくれた大阪出身の会社の同期

 

今度は東京駅からすぐの、大阪カレーの店「インデアンカレー」を教えてくれた。

 

同じ大阪カレーと言っても、スパイスカレーとはまったく違うらしい。

 

同期が言うには、 

 

・甘くて辛いカレー! 

・昔からある店。大阪人の常識。 

・関東には、東京丸の内にしかない。 

・並ぶかもしれないが、回転は早い。 

・インディアンではなくインデアン。 

・「ルー大盛り、玉子」が基本やで! 

 

一部、個人的な主観が入っているかもしれないが、同期は生粋の大阪人。大方正しいのだろう。

 

しかし最初の「甘くて辛い」とは?どういうカレーなのだろうか?

 

明日は昼から東京駅近くでセミナー講義を受ける。その前にランチで寄ってみよう 

 

【旧ヤム邸シモキタ荘】びっくりスパイシー!大阪スパイスカレーは、シモキタでもスゴかった!

 

 

 

 

翌日の昼。東京駅から当店に向かう。当店は東京駅直結のTOKIAビルB1Fにある 

 

おっ、ここだ。 

 

 

げっ、10が並んでいるセミナー開始まであと1時間もない、間に合うだろうか…。

 

しかし同期の言う通り、回転は早かった10ぐらいで入店できた 

 

当店まず最初に入口レジで注文と支払いをするシステムのよう 

 

 

レジにあるメニューを見る。

 

 

メニューは、シンプル!

 

インデアンカレー(780円) 

インデアンスパゲッティ(780円) 

ミートスパゲッティ(700円) 

ハヤシライス(700円) 

 

「インデアンカレー」カレーの名前でもあるのか。

 

カレーの辛さの選択はないようだ。

 

トッピングメニューは「たまご」のみ。

 

その他あるのは、ルー、ライス、スパゲティ、ピクルスの「大盛り」のみだ。

 

これまたシンプルでわかりやすい

 

そして、同期から言われたとおり「インデアンカレー(780円)」「ルー大盛り(+200円)、たまご(+50円)」注文会計を済ませて、店内に入る 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ】銀座、日本橋の名店から「カツ丼」「あなご丼」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

きれいな店内。ぐるっとしたJ字型カウンター席20ほど。店員さんに案内され着席する 

 

さて、「甘くて辛い」カレーどんなカレーのだろう?

 

ワクワクしようとした瞬間、すぐにスプーンキャベツの「ピクルス」が目の前に登場

 

はやっ!

 

 

そして水を一口飲もうとした瞬間、お待たせしましたー「お宝」登場 

 

これまた、はやっ!

 

さすが顧客の目の厳しい大阪の老舗。スピード感のある、抜け目のないサービス提供だ 

 

そして「お宝」を見る。 

 

 

ライスがお皿の中央に寄せられその上にルーがまんべんなくかかっている

 

野菜は、煮込まれて、とけ込んでいるのだろう。ルーの中には「ビーフ」だけが見える。

 

そしてセンター、ちょこんと「生たまご」がトッピングされている 

 

奇をてらったところはなく、見た目は至ってシンプルなカレーだ 

 

しかし、ちょっと想定外だったのが「生たまご」

 

メニューに「たまご」書いてあったが、自分の想定した範囲は「温泉たまご」まで

 

カレーに生たまごはじめての経験だ。

 

しかし以前、大阪の同期が、カレーには「生たまご」が合う!と言っていたのを思い出した甘んじていただこう 

 

よし!と、右手でスプーンを取る。

 

しかし小心者につき、いきなり「たまご」に手を出さず、まずは右からルーとライスだけをすくう

 

 

 

ルーにそれほどとろみはない一口ぱく 

 

甘いじっくり煮込まれた野菜やフルーツだろう。甘さいっぱいの旨みが口の中に広がる

 

いい甘さだ、と思った瞬間、辛っ!直後にガツン辛さが来た。

 

な、なんじゃこれ!? 

 

もう一度トライしてみるすると同じように、甘いそして直後に辛っ 

 

「甘くて辛い」の意味がわかった。こういうことか!

 

「甘さ」「辛さ」の両極を一度に楽しめる、それが大阪インデアンカレー

 

いいじゃないか! と、右半分を食べ進め、「甘い」「辛っ」を楽しむ。

 

ぜいたくにも、ルーにある「ビーフ」いいアクセントになる 

 

しかし「甘い」<「辛っ」なのだろう。段々と「辛さ」が口の中に蓄積されてくる。 

 

【図解1】 

 

 

ふと見ると「生たまご」

 

 

うか、コイツをくずしていただけば…。ぱくり。 

 

 

う~ん、マイルド~ 

 

スパイシーなカレーに「生たまご」はアリだ

 

いや、ピッタリだ

 

心の中で、当初疑念を抱いたことをお詫びしながら、マイルド感を楽しむ。 

 

そして今度は「辛」が弱まり、「甘い」>「辛っ」「辛さ」の蓄積が減少していく 

 

【図解2】 

 

 

そしてたまごがなくなると、不思議なことにまたあの「甘い」「辛っ」味わいたく、楽しみたくって来た 

 

よし「たまご」なしで、残った左半分を食べ進めよう。

 

しかし今度は、最初に右半分を食べた時とは違う。

 

強力なサポーターがいることに気付いたのだ。

 

それは、まだ手をつけていない「ピクルス」

 

これと一緒に食べるとちょうどいいバランスになるはずだと、カレーをぱくり、ピクルスもぱくり。 

 

おー、いい感じ!「甘い」<「辛っ」の構図は変わらないが、「ピクルス」のおかげで「っ」ちょうどいい範囲におさまる

 

そしてスプーンがどんどん進み、「甘くて辛い」カレーを完食! 

 

【図解3】 

 

 

うまかった

 

「甘さ」「辛さ」の両極を楽しめる大阪カレー、すばらしい!

 

このカレーを存分に楽しむには、「ルー大盛り」正解だ

 

次回来た時には、ライス、ピクルス「大盛り」にしよう。

 

ルーは「大盛り」ではなく、その上の「ダブル」もちろん「たまご」付きで! 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ】本場、大阪/千房、広島/みっちゃんのお好み焼き!大阪/会津屋のたこ焼き!551の豚まんも!

 

 

 

 

 

【インデアンカレー】 

 千代田区丸の内2-7-3TOKIAビルB1F

 東京駅徒歩2分 

 03-3216-2336   11:00-22:00 

 

 

※最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

 

【あれば安心!いつものアレをお取り寄せ!】吉野家、ゴーゴーカレー、リンガーハット、幸楽苑、大阪王将、くら寿司!

 

 

 

 

 

Follow me!