【鈴廣 かまぼこバー】かまぼこの「ミルフィーユ」、クラフトビールとワインでいただく!

小田原で、小田原には「かまぼこバー」があると取引先から聞いた。

 

さすが「かまぼこ」で名をはせる小田原だ。かまぼこの「バー」まであるのか!

 

んっ、でも、それってどんな「バー」なんだ?

 

取引先曰く、「鈴なり市場」にある。小田原駅から電車で5分ぐらいだよ、と。

 

そうか。「かまぼこバー」、大いに関心がある。

 

今日は午後休を取っている。よし、これから行ってみよう!

 

小田原から2つ目の風祭駅に到着。駅を降りると、すぐに「鈴なり市場」鈴廣の直営ショップのようだ。

 

中に入ると、とても広い店内。いろいろな「かまぼこ」でいっぱいだ。見ているだけで楽しくなる。

 

 

おっと目的は「かまぼこバー」だった。

 

ちゃんとさがそう。本当に、ここにあるのだろうか?

 

んっ、奥のオープンスペースに、バーっぽいカウンター席がある。

 

 

カウンターの向こうでは、店員さんがグラスにクラフトビールをついでいる。

 

 

近づくと「かまぼこバー」の看板。間違いない、ここが「かまぼこバー」だ!

 

 

カウンター席に座って、メニューを見る。

 

 

山海のオードブル、「グランシェフ」「板前ちんみ」。飲み物付きで500円。

 

そうか。「かまぼこバー」とは「かまぼこ」を肴に一杯やれるバー、ということか。

 

普通に考えたら、それはそうだ。

 

「かまぼこ、ダブルロックで!」とかは、おかしいだろう。

 

よし、まずは、「板前ちんみ」ビールでいただこう。

 

待っている間、メニューの裏面も見る。

 

 

「板前ちんみ」「グランシェフ」の説明だ。

 

おー、複数の、違った種類のかまぼこを重ね合わせているのか。

 

まさに「かまぼこのミルフィーユ」!色とりどりの、手の込んだかまぼこだ!

 

しばらくすると「板前ちんみ」とグラスビールが登場した!

 

 

いい感じの「オードブル」だ。では、いただこう!

 

これが「えび枝豆」か。パクリ。おっ、その名のとおりの味わい、なかなかいいぞ!

 

 

ほー、これが「あなご・ごぼう」か。パクリ。うん、これもうまい!

 

 

そして最後に「かにたま」をぱくり。優しい味わい、いいじゃないか!

 

 

グラスビールもきれいになくなった。

 

よし、次は「グランシェフ」ワインでいただこう!

 

そして「グランシェフ」とワインが登場。

 

 

まずは「いちじく&チーズ」をぱくり。おっ、ナイスな味!ワインに合う。

 

 

次は「ナッツ&チェダー」をぱくり。この組み合わせもいい!

 

 

最後に「サーモン&アボカド」をばくり。おっ、うまい!

 

 

そしてワインを飲み干し、ごちそうさま!

 

おいしかったですよ!と、店員さんに言うと、すぐそこに直営のレストランもありますよ、と教えてくれた。

 

おお、ありがたい!もう少し「かまぼこ」を食べたいし、もう少し飲みたい。

 

是非行かせていただこう!

 

そして「鈴なり市場」を出て、道路向かいにあるレストラン「箱根ビール」に向かう。

 

あれっ、ここは正月にテレビで見る箱根駅伝の中継所「鈴廣前」だ。

 

駅伝ロードを渡って「箱根ビール」に入店。レジに進むと、クラフトビールだ!

 

 

よし「小田原エール(650円)」「本日のかまぼこ(500円)」にしよう!

 

おっ「フランクフルト(250円/本)」もある。エビ、イカ、ホタテの3種類か。全部いただいてみよう。

 

 

席についてまずは「小田原エール」を、グイっといただく。うまい!やはりクラフトビールは最高だ!

 

「本日のかまぼこ」は、かまぼこづくし。鈴廣直営なので、どれもがうまい!

 

そして「フランクフルト」をパクリ。

 

 

ん、んっ!「フランクフルト」思いきや、これもレッキとした「かまぼこ」だ!

 

あとで、店員さんに聞いたら「フランクフルト」ではなく「シーフランク」が正しい商品名のようだ。

 

いやー、食べ応えのある「かまぼこ」、いいクラフトビールだった。

 

おいしかったです、ごちそうさまでした!

 

外に出て少し歩くと、「鈴廣かまぼこ博物館」

 

 

よし入館してみよう。入場料は無料だ。

 

 

館内には工場もあり、かまぼこの手作り体験もできるようだ。

 

 

おっ「日本全国のかまぼこ」の展示だ!

 

「笹かま」「伊達巻」「焼きちくわ」「黒はんぺん」「しんじょ」「じゃこ天」等々。

 

地域によって、呼び名、材料、作り方が違う「かまぼこ」。900年の歴史を持つ「かまぼこ」の奥は深い。

 

でも、これを知っておけば、出張や旅行の時、ご当地名産の「かまぼこ」を食べ損なうことはない。

 

ありがたい情報だ。しっかりと見ておこう。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

いやー、今日はうまい「かまぼこ」を腹いっぱい食べて、ありがたい情報までもらって大満足だ!

 

さすが、キング オブ カマボコ、鈴廣!ありがとう!

 

 

【鈴廣のかまぼこ セレクション】

 

 

 

 

 

 

【鈴なり市場】

 小田原市風祭245

 0465-22-3191 9:00-18:00

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!