【茶豆/チャズ】うまいが、めったに食べられない人気のカレー、それは「町の喫茶店」のカレーだった!

今日のランチは、京王線笹塚のラーメン店「福寿」。

 

創業60年以上。テレビにも出る、昭和ノスタルジーなお店で、ラーメンランチ!

 

のはずだった。

 

が、お店の前で、ガガ~ン!やっていない。定休日か…。

 

 

後で聞いたら、当店、平日のお昼は営業していないとのことだった。ガガ~ン…

 

ウカツだった。ちゃんと確認しておくべきだった…。やむなし…、と駅に戻る。

 

ショックのせいで駅へ戻る道のりは、行きの2倍、3倍にも感じる。

 

が、落ち込んでばかりいてはだめだ。立ち直りが早いのだけが自分取り柄。発想を転換しよう。

 

今日は「ラーメン」の日ではなく、「カレー」の日なのだ。

 

そうだカレーランチに変更しよう。

 

しかし、ここは笹塚。うまいカレー店がどこにあるのかわからない。

 

そうだ、会社のカレー大好き女子にLINEで聞いてみよう。

 

しかし、カレー好きとは言え、会社のあるシモキタ界隈はよく知っているが、さすがに笹塚までは知らないか。

 

しかし、新潟の「バスセンターのカレー」まで知っていた女子だ。もしかしたら…。

 

 

【第56話 万代そば】芸能人や芸人さんもハマるらしい、「バスセンターのカレー」を食べに行く!

 

 

 

 

心の中で「しかし」を3連発していると、箇条書きっぽい返信が来た。

 

・ありますよ、おすすめのカレー。

・前に、笹塚の知り合いに連れて行ってもらいました。

・「バスセンターのカレー」のお土産のお礼に教えてあげましょう。

・お店は「茶豆」。カレー屋さんではなく、カフェです。

・ただし週に3日しかやっていません。しかも1日3時間だけ。

・なので人気のカレーですが、めったに食べられられません!

・でもラッキーですね。今ならやってます。

・よかったですね。

 

ちょっと上から目線のコメントが気になったが、ありがたい!行ってみよう!やはり女子へのお土産は重要だ。

 

【なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

再び甲州街道を渡る。そして京王線のガードをくぐり、駅の反対側に出る。

 

「福寿」から15分ぐらい歩いたか。住宅が多いエリアになって来た。

 

あった! ここだ。

 

 

「カフェ」というよりも、昭和の趣きを残す、いい感じの「町の喫茶店」だ。

 

貼紙を見ると、営業時間は女子の言うとおり。

 

 

日・火・木週3日のみ。11:30-15:003時間半火・木11:30-14:303時間しかやっていない。

 

そして看板を見ると「COFFEE」ではなく「CURRY 」

 

しかも「ORIGINAL TASTE WEL COME」

 

 

おっ、これはうまいカレーを期待できるかもしれない!

 

ドアを開けて入店する。

 

シックで木目調の店内装飾。まさに、洗練された昭和ノスタルジーという感じだ!

 

 

カウンター席5、6席テーブル席3卓ほどか。

 

 

カウンター席に座る。うーん、昭和ノスタルジーまで味わえるなんてラッキーだ。

 

ノスタルジーにひたりながら、メニューを見る。

 

 

メニューはカレーだけだ。まるでカレー店じゃないか。

 

チキンカレー(1,000円)

ポークカレー(1,000円)

キーマカレー(1,100円)

 

カレーは3種類。どれにするか。

 

はじめてのお店だ。ベーシカルな「チキン」でいこう。

 

辛さは「マイルド」「普通」「中辛」「大辛」からの選択か。

 

うーん、ここも無難に「中辛」にしておこう。

 

「チキンカレー」「中辛」で注文する。

 

【なか食セレクション】世界に誇るニッポンの和牛!!全国各地のブランド和牛の「ビーフカレー」を集めました!!

 

 

 

 

10分ちょっと待つと「お宝」が登場した。

 

 

カレー、ライス、付け合わせは別々の器。

 

小洒落た感じの「欧風カレー」だ。

 

 

いただこう!

 

カレーをスプーンでひとすくい、いい香りだ。そして、すすっ。

 

 

おっ、「中辛」だが十分にスパイシー

 

ちゃんとスパイスをほどこした味わい。適度な酸味もいい感じだ。

 

ライスにカレーをかけていただてみる。パクリ。

 

 

おっ、ライスはちょっと固めか、カレー店っぽい炊き方だ。

 

「COFFEE」ではなく「CURRY 」の看板、カレーだけのメニュー、そしてこの味わい

 

うーん、これは「町の喫茶店」のカレーではない。「カレー店」のカレーじゃないか!

 

気分よくバクバク食べていると、ふと壁の貼り紙が目に入った。

 

 

一番下を見ると「ごはん!一度ですが、おかわりどうぞ!」

 

おっ、ありがたい!ライスがなくなるところだった。もちろん、おかわりさせていただこう!

 

そしてその上を見ると、「紅しょうが、ご希望のお客さまはお申し付けください」

 

紅しょうが??

 

はて「博多ラーメン」や「沖縄そば」ならわかるが、カレーに紅しょうが?

 

しかし、お店からのご提案だ。甘んじて受けなければ。

 

おかわりと一緒に紅しょうがもお願いする。

 

おかわりを待つ間、付け合わせをいだく。これも、なかなかいい!

 

 

おっ、おかわりが来た!

 

今度は豪快にカレーを全部かけていただこう!

 

 

「めったい食べられないカレー」「全がけ」で豪快に食べるのは快感だ!

 

チキンもよく煮込まれていてうまい!

 

 

そして、はじめて経験する「カレーwith紅しょうが」も楽しみながら、一気に完食!

 

 

うまかった!

 

そして最後に〆のアイスコーヒー

 

チョコも付いているところは、さすが「喫茶店」。いいご配慮だ!

 

 

ごちそうさまでしたー!

 

本日のランチ、出だしは絶不調だったが、結果よし!

 

うまいカレー、そして昭和ノスタルジーまで楽しめ、非常にラッキーだった!教えてくれたカレー女子に感謝!

 

【住所・駅からの時間】

渋谷区笹塚1-44-4 笹塚駅徒歩8分

【電話番号】

03-3465-6875

【営業時間・定休日】

火・木・日のみ営業

11:30-14:30(日は15:00)

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!