【洋庖丁 高田馬場】「昭和の定食屋」で男メシ!スタミナ焼き&メンチかつランチをガッツリいただく!

高田馬場での仕事が終わり、駅に向かって歩いていると、道に立て看板。

 

 

オリジナルキッチンハウス

昭和の定食屋 洋庖丁

昭和51年創業

 

「昭和の定食屋」か、いい響きだ。

 

看板をよく見ると

 

スタミナ焼きランチ

なすと肉、しょうが焼きランチ

ポークからし焼肉ランチ

・・・

 

おー、肉、肉、肉!ガッツリいけそうなメニューだ。

 

よし、今日のランチはここにしよう!

 

看板の脇を通って、建物の奥に進む。

 

雑居ビルなので、他にもお店がいくつかある。

 

おっ、ここだ!

 

 

確かに、看板にも書いてあったとおり、昭和な感じ。郷愁ある、食欲を誘う店構えだ。

 

そして外にある券売機で食券を買う。

 

 

おすすめメニューの指定席、最上段の一番左にあるのは「スタミナ焼きランチ(820円)」

 

よし、これにしよう!

 

 

1,000円札を券売機に入れる。

 

するとその時、その下にあるメニューが目に入った。

 

 

スタミナ焼き&メンチカツランチ

 

おっ、「スタミナ焼き」「メンチカツ」プラスオンか!

 

肉屋さんと、定食屋さんのメンチカツはピカイチ。

 

よし、こっちにしようと「スタミナ焼き&メンチカツランチ(ライス大)」のボタンを押す。

 

 

そして、食券を持って入店する。

 

店内はL字型カウンター席

 

 

厨房には、大将と思われる男性と、女性店員さんのふたり。

 

着席して、女性店員さんに食券渡す。

 

女性店員さんが注文を大将に伝えると、大将は寡黙ながら、手慣れた様子で、調理を始める。

 

フライパンから、炎が勢いよくおいよくあがる!

 

それに全くひるむ様子なく、力強くプライパンをあおる大将。

 

う~ん、男の仕事!そんな大将の背中を見ながら、「お宝」を待つ。

 

【あれば安心!いつものアレをお取り寄せ!】吉野家、ゴーゴーカレー、リンガーハット、幸楽苑、大阪王将、くら寿司!

 

 

 

 

 

「お宝」は10分ほどで登場した!

 

 

おー、生たまごをテッペンに、豚バラ野菜たっぷり「スタミナ焼き」は、いかにもうまそうだ!

 

 

肉厚なメンチカツは、手でつかんで、そのままカブリといただきたい感じ!

 

 

どっちからいくか!?

 

いやいや、ステイ!ごはん味噌汁もある。

 

 

日本のマナーを守って、まずは味噌汁からだ。

 

 

おー、具だくさん!

 

そして、ごはんキュウリの漬け物を乗せて、ぱくり。

 

 

う~ん、いい。やはり味噌汁、ごはん、漬け物は日本人の基本だ。

 

それでは、メインの「スタミナ焼き」にいこう!

 

まずは豚バラにタレをよくからめて、ぱくり!

 

 

おっ、うまい!

 

プリっとした豚バラニンニクのきいた、甘辛く濃いめのタレ

 

ごはんがどんどん進む。

 

そして野菜もタレにからめていただく。

 

きゃべつにんじんニラたまねぎをまとめてパクリ!

 

これも、なかなかいい!塩こしょうも、いい具合の振り方だ。

 

さらに、たまごをくずしてー、パクリ!

 

 

おー、これまたたまらない!

 

ごはんをかき込みながら、ふと顔をあげると、調味料

 

 

一番左のソースを見て、我に返る。

 

しまった。スタミナ焼きに夢中になり過ぎて、メンチカツを放置していた。メンチもいこう!

 

メンチカツソースをかける。

 

 

ごま入りソースだから、メンチにごまがのって、さらにうまそうだ。

 

 

たまらず、がぶり!

 

おー、ジューシー

 

口の中に肉汁がにじみ出る。たまらない!

 

そして、またごはんをかき込む!

 

スタミナ焼き&メンチカツランチ、すっごくいい感じ、ボリュームも大満足だ!

 

はしは止まらず、あっという間に完食!

 

ごちそうさまでした!と席を立つ。

 

すると、火柱あがるフライパンをあおる大将が、背中越しに「ありがとうございました」と。

 

なんか、シブい!

 

男の「定食」男メシをガッツリをいただき、満足、満腹でお店を出た。

 

【あれば安心!いつものアレをお取り寄せ!】吉野家、ゴーゴーカレー、リンガーハット、幸楽苑、大阪王将、くら寿司!

 

 

 

 

 

【洋庖丁 高田馬場店】

新宿区高田馬場3-1-4

高田馬場駅徒歩3分

03-3362-9560

11:00-15:00・17:00-22:45

日曜定休

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

※「うまログ」バックナンバーはこちらから!

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。 

Follow me!