【ホントか調べてみた!Vol.2】10,000円もする「ふりかけ」があるらしい!?「錦松梅」でもそこまでは。

高級ふりかけと言われると、つい「錦松梅」と答えてしまう。

 

錦松梅は入れる高級な器、有田焼、会津焼のお値段を含めての値段。

 

それでも10,000円するのは、めったにない。ほとんどが10,000円以下だろう。

 

本当に「10,000円のふりかけ」なんてあるのだろうか!?

 

早速、楽天、Amazonで調べてみた。

 

あった!ありました、10,800円!

 

んっ、小林食品思わず舌鼓、口どけ

 

はじめて聞く。

 

うーん、好奇心がくすぐられる。興味が湧く。もっと知りたい!

 

小林食品のサイト(https://shitazutsumi.com/wp/products/ふりかけ-高級ふりかけ.html)を見てみよう!

 

小林食品は、鰹の町、静岡県焼津市にある鰹節の加工メーカーのようだ。

 

おっ、タイトルが出て来た。

 

 

確かに1万円は「高級」、なかなか手が出ない。

 

んっ、社長のコメントだ。

 

 

普通のふりかけと比べて少々、値が張るこのふりかけがなぜ、こんなにもお客さまにご好評をいただいているのか、その秘密をちょっとだけ、ご紹介いたします。

 

んー、何か魅き付けられるコメントだ!

 

では、その「秘密」をじっくり拝見させていただこう!

 

 

 

 

近海の超厳選された鰹を素材に、独自の製法でつくった鰹節!

 

0.01mmの極薄削りを実現した職人の技

 

手作業の丁寧な味付け

 

なんか、むちゃくちゃすごそうな「ふりかけ」だ。

 

お値段が張るのもわかる気がしてきた。

 

さらに、

 

 

 

炊き立ての白米にのせて、素材の味をかみしめる!

醤油の味に頼らない、ふわっと優しい海鮮ちらし!

 

うわぁー、たまらないキャッチ!

 

さらに、

 

 

 

 

メディアにも結構取り上げられているようだ。

 

そして、ゆるぎない、圧倒的な自信!

 

おー、十分理解しました。もう大丈夫です。

 

「10,000円のふりかけ」、ありました!小林食品渾身の逸品、恐れ入りました!

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

Follow me!