【笹巻けぬきすし 総本店】なんと、創業元禄十五年のお寿司屋さん!300年の伝統「江戸名物」いただきました!

ランチタイムの神田小川町

 

小川町の交差点から本郷通りを歩いていると、趣きある佇まい(たたずまい)。

 

創業元禄十五年、「笹巻けぬきすし」。お寿司屋さんだ。

 

 

んんっ!元禄十五年!?

 

元禄と言ったら江戸時代の前期、1700年前後だろう。

 

ということは、創業300年のお寿司屋さんということか!

 

よし、今日のランチは、創業300年の超老舗で、江戸前寿司!

 

なかなか、粋なランチじゃねえか!

 

にわか江戸っ子風に小声でつぶやき、「江戸名物」暖簾(のれん)をくぐる。

 

 

とその時、あることが気になり、足がとまった。

 

お店の名前「笹巻けぬきすし」は、なんと読むのだろうか。

 

もう一度表の看板を見る。

 

 

「笹巻すし」だけなら、「笹巻さん」のお寿司屋だろう。しかし間に「けぬき」が入る。

 

稲庭うどん「佐藤 養助」のように、「笹巻」が姓で「けぬき」が名ということだろうか?

 

それとも「笹巻けぬ」「きすし」か?

 

しかし先頭に「笹巻けぬ」と否定語が来るのは違和感があるし、「きそば(生そば)」はあるが「きすし(生すし)」は聞いたことがない。

 

では「笹巻け」+「ぬきすし」か?

 

いやいや、これも先頭に「笹巻け」と命令語が来るのはおかしいし、「ぬきすし(抜きすし?)」なんて聞いたことがない。

 

しかし初めてのお店。考えてもわかるはずがない。

 

後で、お店の方に聞いてみよう。

 

それよりも、300年の伝統の江戸前寿司をはやくいただこう。

 

お店に入ると、ショーカウンター

 

 

すぐにお店の方が「いっしゃいませー」と奥から出てきた。

 

注文はここでするようだ。

 

出されたお品書きを見ると、

 

御一人様 七ケ(一、八三七円)

御一人様 五ケ(一、三二〇円)

 

 

う~ん、どちらにするか。

 

しかし、サラメシ系の私。選択肢は限られる。

 

1,000円超えのランチは、それなりの勇気と心構えがいる。

 

1,500円超えとなると「清水の舞台」から飛び降りるがごとし。

 

ここは、はやる気持ちをおさえて、お財布を優先。

 

勇気と心構えをもって、「五ケ」を注文する。

 

そして、お店の方から、お好きなお席へどうぞと。

 

店内はテーブル席10席ほど。

 

甘味屋さんのようにテーブルはやや低めで、落ち着く感じ。

 

 

お茶をいただき、学校で教わった元禄時代の出来事などを思い出しながら、「お宝」を待つ。

 

 

ここでふと、あることに気付いた。

 

そう言えば、五ケするか七ケにするかの葛藤で、お店の名前を聞くのを忘れていた。

 

お店の方に聞こうと、顔をあげると、お待たせしました!

 

「お宝」の登場だ!

 

 

おおっ、これは!?

 

目の前にあるのは、にぎり寿司ではなく、巻き寿司

 

 

江戸名物、江戸前だから「にぎり寿司」とばかり思っていた。

 

しかし、それは思い込み。300年の伝統のお寿司は「大阪寿司」押し寿司だったのか。

 

確かに、江戸で「にぎり寿司」が流行るのは、大阪中心の元禄文化よりも大分後。江戸中心の文化が栄えはじめた頃、と教わったような気がする。

 

う~ん、学校での勉強も役に立つものだ。

 

そして、お店の方にお店の名前を聞くと「ささまき・けぬき・すし」

 

創業当初、魚の小骨「毛抜き」一本一本丁寧に抜いていたことが、「けぬき」の由来。

 

そして古人の知恵、殺菌効果のあるでお寿司を巻く。

 

だから「ささまき」「けぬき」「すし」

 

そういうことだったのか!これで、すべてがクリアになった。

 

となれば、きれいな青い熊笹で包まれた、見た目うるわしいお寿司をいただくばかり!

 

お吸い物のフタを開ける。

 

 

おおー、お頭付き潮汁(うしおじる)だ!

 

よろこび勇んで、おはしを持とうとすると、一度奥にさがったお店の方が、お皿を持って再登場。

 

アラです、よろしかったらと。

 

ええっ、これってもしかしたらサービス?と、お店の方の顔を見ると、

 

はい。ない時は出せないのですが、ある時はサービスしています。

 

今日のアラは、カンパチです、と。

 

おおー、アラまでブラス!ラッキー、超うれしい!

 

よーし、いただこう!

 

 

まずは、潮汁から!すすっ!

 

 

うわぁー、メチャメチャうまい!

 

出汁のきいた奥深い味わい、塩加減も絶妙!

 

さすが、300年の超老舗の一杯だ!

 

よし、メインデッシュ「笹巻けぬきすし」をいただこう!

 

あれれっ、醤油皿がないぞ。

 

んんっ?

 

するとドキマギした私の行動を見かねてか、お店の方がすっと来て、お醤油はつけずにお召し上がりください、と。

 

お店の方によると、冷凍技術のない元禄時代からの伝統の調理法。

 

お酢は、今のにぎり寿司よりも強め。お醤油はつけなくても大丈夫とのことだ。

 

そういうことか。

 

ちなみに、5ケある笹巻きすし、何のお寿司かも聞いてみた。

 

光もの白身おぼろ玉子海苔、とのことだ。

 

よーし、これで本当に、すべてがクリアになった!いただこう!

 

でもクリアになっても、しっかり笹に包まれているから、何のお寿司なのかわからない。わかるのは、玉子だけだ。

 

しかしここは大江戸神田、大東京!気風のいい、江戸っ子気分でいこう!

 

細かいことは気にせず、右端からどんどんいただこう!

 

 

右端の「玉子」の笹を開くと、ほのかな笹のかおり

 

 

う~ん、味わいの前に香りか、いいじゃないか!

 

そしてパクリ!

 

おおっ、薄く焼かれた玉子だが、ふっくら感がある。

 

もちっり系のシャリと対照的で、食感のコントラストが楽しい。

 

そして甘くない玉子だから、やや強めのお酢とも、すごくマッチしている。

 

う~ん、いい感じだ!

 

よし、次のひと巻きもいってみよう!

 

今度は何のお寿司だろうか。なにかドキドキ感があって楽しくなってきた。

 

おっ、白身だ!

 

 

おはしでつまんでパクリ!

 

おっ、魚自体を酢でしめているから、さっきよりもお酢がつよい。

 

しかし、つよめの酸味が、その分魚の旨みを引き立てるから、なかなかいい!

 

そして酸味は食欲を刺激する。どんどんいける、おすしが進む!

 

間髪入れずに次のひと巻きを、ぱかりと開く!

 

 

 

おっ、今度はおぼろだ!パクリっ!

 

う~ん、上品でほのかな甘さ!

 

んんっ、香ばしい感じもする。

 

前を通ったお店の方に聞くと、海老入りおぼろとのこと。

 

おー、海老入りか!

 

さすが300年の老舗、ひとつひとつにこだわりを感じる。

 

そして次のひと巻きを開ける。

 

おおっ、光もの!コハダだ!

 

 

見るからにうまそう!パクリっ!

 

おおー、いい〆具合!

 

さすが、超老舗、老舗の殿堂!これぞ伝統300年の職人技!

 

すばらしい!

 

そして、お寿司が残りひとつとなったところで、アラをいただく。

 

 

脂が乗っていて、メチャメチャうまい!

 

これがサービスとは、ありがたい。すごくトクをした気分だ。

 

そして、最後のお寿司。

 

これは何のお寿司か、開けずにわかる。まだ登場していない、海苔巻きだ。

 

 

ちょうどいい順番になった。最後はさっぱり系で〆るのがいい。パクリっ!

 

おおっ、口に入れた瞬間、磯のかおりが鼻を抜ける。

 

いい海苔を使っている。

 

そしてシャリの中には、薄く、長く切られた干瓢(かんぴょう)

 

やさしい感じの淡い味付けで、〆のネタにピッタリだ!

 

ふー、ごちそうさまでした!

 

最初つよめに感じたお酢だったが、だんだんとそう感じなくなってきた。

 

むしろ、ネタの旨みを引き出す魔法のソース、心地いい味わいに変わっていった。

 

大満足だ!

 

席を立ち、カウンターで会計。

 

下を見るとお持ち帰り用「笹巻けぬきすし」

 

 

五ケ入り1,134円七ケ入り1,695円

 

潮汁が付かない分、店内でいただく五ケ(1,320円)七ケ(1,837円)よりも、ちょっとお安くなっている。

 

お店の方に「五ケ」と「七ケ」の違いを聞いてみると、「七ケ」には「海老」が入り、「海苔巻き」2つになるとのこと。

 

 

んんっ、海老!そしてあの美味しかった海苔巻きが2つ!

 

すぐさま、「折詰七ケ入りもお願いします!」。

 

お店に入った時、五ケにするか、七ケにするか葛藤していた自分がウソのようだ。

 

しかし、おいしいことを知ってしまった以上、これはやむなし。

 

七ケ入りは、今夜 with Beerでいただきたい!

 

店内五ケ、お持ち帰り七ケの会計を済ませて、お店をでる。

 

さすが伝統300年、すばらしかった!と後ろを振り返ると、

 

 

ランチ5点セット

穴子・ねぎとろ・まぐろ 三食丼

けぬきずし(玉子・海苔巻き)

小鉢

漬物

お吸い物

税込み1,100円!

 

おおっ、こんなフルコースな、お得なランチセットもあったのか。

 

よし、今度はこれをいただきにまた来よう!

 

【うまログのお取り寄せ!】伝統のご当地寿司!ます寿司、柿の葉ずし、めはり寿司、ままかり寿司などなど!

 

 

 

 

 

【笹巻けぬきずし 総本店】

 千代田区神田小川町2-12

 03-3291-2570

 小川町駅3分・御茶ノ水駅6分

 10:00-18:30・土曜17:00まで

 日祝定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

 

【地 図】

 

北海の「おいしいもの」を取り揃えました!いつでもオープン!「うまログ スマート北海道展」も是非ご覧ください!

 

【スイーツコーナー】「白い恋人」をはじめ、おすすめスイーツ25選はこちらから!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

【ラーメンコーナー】札幌、函館、旭川ラーメンなどいろいろ取り揃えました!おすすめラーメン25選はこちらから!

 

 

 

 

【ジンギスカン・チーズコーナー】本場のジンギスカン、北の大地が育んだチーズなどはこちらから!

 

 

 

 

【海産物コーナー】「海産王国」北海道!うに、かに、いくら!海の幸はこちらから!

 

 

 

 

【カレーコーナー】札幌スープカレー、海鮮カレーなどいろいろ取り揃えました!おすすめカレー25選はこちらから!

 

 

 

 

【ご当地丼コーナー】豚丼・いかめしなどのご当地丼、限定のマルちゃん「やきそば弁当」などはこちらから!

 

 

 

 

【ドリンクコーナー】ガラナ」「カツゲン」など北海道のご当地ソフトドリンクはこちらから!

 

 

 

 

【ビール・ワインコーナー】「北の大地」で育まれたクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!