【光華飯店】なんで?かにチャーハンはあるのに、かに中華丼はないの?でも、あってほしい!いや、ありました!?

チャーハン中華丼

 

どちらも町中華人気メニューだ。

 

しかし、ふと思った。

 

チャーハンにはかにチャーハンがあるが、中華丼にはそれがない。

 

やはり町中華花形選手チャーハンには、中華丼、力及ばないのだろうか。

 

どちらも大好きな私にとっては、ちょっと残念、しょんぼりだ。

 

と思っていたら、あるらしい。かに中華丼

 

そんなを耳にした!

 

早速、そのお店に行ってみた。

 

所は東京のど真ん中、千代田区神田神保町

 

お店は、光華飯店

 

 

半チャンセット、ズバリ700円の貼り紙のとなり、町中華のれんをくぐって、入店する。

 

 

店内も、活気ある町中華雰囲気

 

 

席に着こうとすると、店員さんが、

 

すみませーん、ご注文はこちらでー!

 

おっ、注文は入口のレジでするようだ。

 

レジの下に貼られたメニューを見る。

 

 

1,000円以下3桁メニューが並ぶコスパなメニューはうれしい限り。

 

左にメン類ご飯ものはそのとなりだ。

 

う~ん、やはり先頭はチャーハンか!

 

花形選手ならではの定位置だ。

 

そしてその下、次点は、カニチャーハン

 

「みんな大好き」のカニの訴求力、底力を感じる。

 

おっと、それより中華丼だ。中華丼は、この次か。

 

メニューを下に見ていくと・・、

 

 

あんかけチャーハン、マーボーチャーハン、天津チャーハン

 

チャーハン系が続く。う~ん、中華丼はこの下か。

 

いやいや、下にあるのは、マーボー丼だ。

 

どこへ行った、中華丼!と思うと、

 

あった。その下に、あったぞ、中華丼

 

よし、かに中華丼は、この下だ!と見ると、

 

いや、ない!その下にあるのは、

 

肉の細切り丼回鍋肉丼天津丼

 

かに中華丼ではない。

 

う~ん、ショック!

 

かに中華丼は噂だったようだ。

 

やはり、残念、しょんぼりだ。

 

しかし、今のテンションは、中華丼

 

私の気持ちと胃袋は、中華丼をいただく気で満々だ。

 

かに中華丼はなくとも、中華丼、しっかりいただこう!

 

と、大好きな中華丼を注文、席に着く。

 

 

店内には、厨房大将中華鍋をたたく音がひびき渡る。

 

そしてフロアーでは、元気で明るい店員さんが、軽いフットワークで仕事をこなす。

 

 

いい感じの町中華じゃないか。

 

「かに中華丼ロス」は忘れ、中華丼、しっかり楽しみたい!

 

そしてまずは、スープが登場!

 

 

後追うように、中華丼もすぐに登場!

 

 

おっ、

 

おおっ、

 

おおおっ!

 

中華丼テッペンうずらの玉子指定席を見ると、それがない!

 

あるのは、なんと、かにほぐし身

 

 

んんっ、ということは、噂は噂でなかったのか!?

 

平たく言えば、これは中華丼に、かにのほぐしみトッピング

 

しかし、これは見方を変えれば、まさしく「かに中華丼」じゃないか!

 

 

まるで、大航海時代に「新大陸」を見つけたような衝撃だ!

 

よーし、いただこう!

 

 

しかし、「新大陸」にはまだ手をつけず、まずは、野菜ごはん

 

プレーン中華丼でいただく。

 

レンゲとひとすくい!

 

おっ、野菜大切り、ワイルド感が町中華らしくていい!ぱくりっ!

 

 

間髪入れずに、お肉もすくう。

 

おっ、お肉も大切りだ、ぱくりっ!

 

 

う~ん、いい食べ応え!

 

餡掛けはウスターもきいて、ちょっと濃いめの味付け。

 

自分好みでいい感じだ!

 

そして、レンゲはもうひとすくい!

 

今度は、玉子も一緒に。

 

そう、うずらはなくとも、玉子はちゃんとある!

 

あるのは、これまた中華丼ではめずらしい、いり玉子

 

しかし考えると、ホテルの朝食でも、まんまのゆで玉子よりも、手のこんだスクランブルエッグ

 

後者の方が好感度は高い。

 

そんな玉子ごはんと一緒にすくって、ぱくりっ!

 

 

う~ん、ふわっと、いい感じじゃないか!

 

なんだかリズムに乗ってきたぞ!

 

ごはんの量が結構あるのも、うれしい限りだ!

 

どんどんすくって、どんどんいただく!

 

そして、スープでひと呼吸、

 

 

よーし、そろそろ、かにほぐしみをいただこう!

 

レンゲでかにごはんをすくって、ぱくりっ!

 

 

う~ん、しっとり!かにの味わい!

 

もしかしたら、これは、かに缶詰なのかもしれない。

 

しかし缶詰でも、かに缶高価なもの。

 

かにかに海鮮王様には、変わりない!

 

幸せ気分いっぱい!

 

レンゲは止まらず、どんどん進む!

 

そして、またたく間に完食!

 

 

ごちそうさまでしたー!

 

【光華飯店(こうかはんてん)】

 千代田区神田神保町1-40

 03-3291-8488 神保町駅5分

 11:00-21:00

 土曜11:00-15:00 日曜定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!