【煉 REN】これははじめて、韃靼(だったん)そばでカレーそば!ひき肉にバラ肉、Wお肉の食べ応えもナイス!

秋葉原靖国通りから小道に入ると、

煉 REN

旬・菜・炙・創

居酒屋さんか。

しかし前のランチメニューには、おそばのメニューが並ぶ。

おそば屋さんだろうか。

元気が出る蕎麦居酒屋「煉 REN」神田店

入口にも、おいしいおそばの食べ方9か条

一、お腹が空いた時に食べる。

二、出てきたらすぐに食べる。

三、薬味は少しずつ、入れて食べる。

四、そばは八本ずつ、すくって食べる。

五、汁には半分くらいつけて食べる。

六、音を立てて、すすって食べる。

七、奥歯で2回ほど噛んで食べる。

八、食べ終わったら、そば湯を飲む

う~ん、なんだか面倒くさそう、と思ったが、最後に、

九、以上を気にせず好きに食べる。

う~ん、いいじゃないか!

よし、今日のお昼は、こちらでおそばいただこう!

店内はテーブル席主体に30席ほど。

一升瓶やボトルが置かれ、やはり居酒屋さんだ。

おそば自慢の居酒屋さん蕎麦居酒屋ということか。

なかなかいいじゃないか!

私は店員さんに案内されて、席に着く。

注文は、当店名物「肉タンタンカレーそば」!

早速、テーブルメニューを見る。

いろいろなおそばメニュー。さて、どれにしようか。

よし、ここは「当店名物」でいこう!

☆タンタンとカレーの相性抜群!

 お好みで山椒をかけて♪

◎名物 肉タンタンカレーそば(980円)

そして、カレーそばと言えば、白いごはん

店員さんに声をかけ、肉タンタンカレーそば半ライスを注文する。

無事注文を終え、ふと壁を見ると、貼り紙

だったんそば

全そばメニューに使用しています。

おそばは、韃靼(だったん)そばか。

ルチン(ポリフェノール)豊富なヘルシーなそばじゃないか。

韃靼そばでカレーそばいただくのは、はじめてだ。

そして、その下には、

レ ルチンがそばに残りやすくなり

レ それなのに苦みはなし

レ しかも食感も向上

韃靼そばは、別名、ニガソバ

通常、苦みのあるそばだが、当店オリジナル、苦みのない韃靼そばか!

名物 肉タンタンカレーそば、ますます楽しみだ。

ひき肉&バラ肉のWお肉に、つるんとなめらかな韃靼そば!

そして、5分ちょっとで、お待たせしました!

おっ、定番ねぎに、天かす白ごまのトッピングか。

いつものカレーそばとちょっと違って、ちょっと新鮮味。

それでは、いただこう!

レンゲでをすくって、ひと口、すすっ!

おっ、辛さ抑えめ、出汁のきいたマイルド系

続いて、お待ちかね、当店オリジナル韃靼そば

レンゲをおはしに持ち替え、おそばをすくう。

汁が飛ばないよう注意しながら、すすっと、これをいただく!

おっ、つるんと、なめらか

確かに韃靼そばの特有の苦みもない

う~ん、いいじゃないか、コレ!

ワシっとおそばを持ち上げると、おそばと一緒に、ひき肉

そうか、「肉タンタンカレーそば」「タンタン」は、担々麺

担々麺の具材と同じ、ひき肉が入っているということか。

きっと、そうに違いない。

ねぎが上に乗っていて、見えなかったが、結構な量。

これはうれしい!

ごはんも進む!

そしておそば屋さんならではの天かすがいい!

カレーにマッチ、おそばが進む!

カレーそば定番のねぎもいいアクセント、いい仕事ぶりだ!

おおっ、おはしを奥まで入れると、またお肉

今度は、豚バラ系だ!

そうか、「肉タンタンカレーそば」「肉」は、このことか。

これまた、きっとそうに違いない。

Wお肉、食べ応えがあって、いいじゃないか!

ごはんも、ますます進む!

山椒で味変!最後は、カレーぞうすいで!

おっと、このあたりで、味変も楽しもう!

テーブルに置いてある山椒

これをササっとふりかける。

そして、おそばをすすり込む!

おっ、マイルド系のカレーに、山椒のアクセントがいい!

さすが、お店おすすめの食べ方、グッドじゃないか!

そして、味変も楽しみ、「肉タンタンカレーそば」を完食

それでは、〆だ。

カレーそばには、お約束。

残したごはんを、ポトン!

最後は、カレーぞうすい

おー、カレー汁ごはんだけではない。

天かすねぎひき肉バラ肉

丼ぶりに残ったものがみんな一緒に楽しめる!

さらに、山椒のアクセント!

カレーぞうすい、バンザーイだ!

そして、またたく間に、カレーぞうすいも食べあげ、ごちそうさまでしたー!

お店の案内

【元気が出る蕎麦居酒屋 煉 神田店】

 千代田区神田須田町2-13-10

 秋葉原駅6分 岩本町駅2分

 11:30-14:30 17:30-22:30

 土曜17:30-22:30 日祝定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

【地 図】

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。