【関取ラーメン 竜軒】アキバの路地裏、40数年におよぶ名物、食べ応え満点「リブ肉ラーメン」いただきました!

秋葉原中央通りを歩いていると、ラーメンの立て看板。

見ると看板の左下には、関取ラーメン 竜軒

んっ、関取ラーメン

アキバの路地裏ラーメン【関取ラーメン 竜軒

そしてその右には、15m→

んっ、右を見ると、細い路地

向こうの高層ビルへの抜け道?

ここにラーメン屋さんがあるのか?

路地に入ってみると、あった!

中をのぞいてみると、2坪6席ほどの狭い店内だ。

まさしく、路地裏のラーメン

いいじゃないか、こういうお店、大好きだ!

よし、今日のお昼は、こちらでいただこう!

注文は、名物「リブ肉ラーメン」!

いらっしゃいませー!

明るい若い店主に迎えられる。

関取ラーメン。店主は元関取かと思ったが、スマート系

そうではなかったようだ。

私は席につき、テーブルメニューを見る…

が、テーブルにメニューはない。

メニューだ。

ねぎみそチャーシュー(940円)

千両ラーメン(1,200円)

ねぎ塩チャーシュー(940円)

ラーメン(530円)

リブ肉ラーメン(900円)

とんこつラーメン(650円)

醤油味噌とんこつ

いろいろラインナップされているじゃないか。

さて、どれにしよう。

と正面を見ると、

リブ肉ラーメン

ぶらり途中下車の旅

日テレで紹介

よし、これにしよう!

店主に、リブ肉ラーメンお願いしまーす!と注文を伝える。

そして、気になっていたことも店主に聞いてみる。

あのー、「関取ラーメン」というのは何なのでしょうか?

すると、店主は笑顔で、

先々代の店主が相撲好きで、それで「関取ラーメン」です。

う~ん、わかりやすい。そういうことだったのか。

疑問も解消、スッキリ気分でお水をくんで、「お宝」を待つ。

数日間煮込んだ当店自慢のリブがたまらない!

そして5分ほどで、お待たせしましたー!

おー、メチャ食べ応えありそうなリブ肉

そして、玉子海苔わかめメンマトッピングもいい感じ!

湯気あがるスープに麺も、食欲をそそってくる!

そして店主は、

こちら、リブの骨置きです。

と小皿をわきに添えて、厨房に戻る。

よし、それではいただこう!

まずはスープをひと口、すすっ!

おっ、オーソドックスな醤油スープ!

飲みやすいスープに安心感を覚える。

そして、をすくい、一気にすすり込む。

おっ、つるんと、のど越しナイス!

それでは、リブ肉、いってみよう!

これをカブリといただく!

おー、やわらか&ジューシー

肉厚味付けもグッド!

お仕事中申し訳なかったが、店主に聞いてみると、数日間煮込んだ自慢のリブ

初代から40数年にわたる、当店自慢当店名物リブとのことだ。

う~ん、納得だ!とまた、ガブリ!

そして、わかめ

海苔もいい!

ますます、リブがうまくなる!

そして、をすすり込み、メンマやすらぎ!

再びをすすり込んだら、今度は玉子ほっこり!

う~ん、バランスもいいじゃないか、リブ肉ラーメン!

プラックペッパー味変、アクセントもよく合う!

そして、おはしは止まることなく、一気に完食!

ごちそうさまでしたー!

この食べ応えで1,000円以下のコスパにも大満足。

幸せ気分でお店を出た。

お店の案内

【関取ラーメン 竜軒】

 千代田区外神田4-3-12

 秋葉原駅3分

 11:00-21:00 月曜定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

【地 図】

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter(X) でお知らせしています。