【旧ヤム邸シモキタ荘】洗練されたスパイシー!大阪スパイスカレーは、カレー激戦区下北沢でもすごかった!

大阪から「スパイスカレー」をひっさげ、東京、シモキタに進出した「旧ヤム邸」

 

またたく間に、カレー激戦区のシモキタでも大人気店のひとつになった!

 

私も、大阪の知人からすすめられて以来、その洗練されたスパイシーさに、ずっとハマっている。 

 

しかし一番最初は、「はて、スパイスカレーってなんだ?」と不思議だった。

 

「スープカレー」は名前の通りでイメージしやすい。しかし「スパイスカレー」となると?

 

カレーには、みな「スパイス」が入っている…。

 

が、当店に通っているうちに、自分なりの解釈、定義も出来てきた。

 

「スパイスカレー」とは、スパイスをふんだんに使った、ドライなキーマ系のカレー。

 

自分流かもしれないが、そう解釈、定義している。 

 

【うまログのお取り寄せ!】箱根、日光の名門クラシックホテル、伝統の「100年カレー」を自宅で楽しむ!

 

 

 

 

 

今日は、開店10分前に当店到着。

 

 

やはり人気店、いつもながら10名以上が並んでいる。

 

当店はテーブル席・カウンター席合わせて10席ちょっと。1巡目で入店できるか微妙なところだ。

 

そして並んでいると、いつものように店員さんがオーダーを聞きに来てくれる。

 

当店では、①鶏キーマ、②豚キーマ、③牛豚キーマの3種類のカレーから、2種類の「あいがけ(1,100円)」か、3種類の「ぜんがけ(1,350円)」かを選択する。

 

カレーは毎月変わる。今月は、

 

おろし柚子カブ蓮根がけ、ローストスパイスの香ばしお芋 鶏キーマ 

 

②葱ザーサイ崩し豆腐炒めのせ、鱈とタラコの親子レタス 豚キーマ 

 

③ダルキャベツのオイル煮と食べる、ほんのり甘いブルーベリーを煮込んだ 牛豚キーマ 

 

 

ちなみに先月は、

 

1.ゆず味噌ハーブディップがけ、紅茶とトマトを忍ばせた大根入り 鶏キーマ 

 

2.きのこと胡桃のマリネのせ、蓮根とチンゲン菜の甘辛 ポークキーマ 

 

3.エスニックなイカ炒めと食べる、レモングラスを感じるカボチャを煮込んだ 牛豚キーマ 

 

その前は、

 

1.キャベツの胡麻味噌ココナッツ炒めのせ 砂ズリキュウリのマスタード 鶏キーマ 

 

2.タコのアジアンマリネと食べる グリーンカレーな夏 ポークキーマ 

 

3.モロヘイヤとオクラのさっぱりとろネバがけ ローズマリー香るトマトとかぼちゃの 牛豚キーマ 

 

ネーミングも見事にながら、よくもまあこれだけ凝ったものを、毎月変えて提供できるものだ。

 

さすがお客さんの目の厳しい大阪の名店だ!

 

そしてライスは玄米・ターメリック・ジャスミンの3種類からの選択。

 

今回は「ぜんがけ(3種類)」「玄米」を注文する。

 

11:30、さあ開店だ。なんとか1巡目に入店できた。

 

そして案内されたカウンター席に着席して「お宝」を待つ。

 

こじんまりとしたアンテーク調の店内。

 

強烈なスパイスの香りがなければ、まるで小洒落たカフェいるような雰囲気だ。

 

【うまログ スマート北海道展】カレーコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

そして待つこと10分ちょっと、「お宝」登場した!

 

中央に置かれた玄米ライスのまわりに、3種類のドライキーマ系のカレーが美しいフォーメーションをつくる!

 

どれも創意工夫の、腕によりをかけたカレーであることは、見た瞬間にわかる。

 

 

店員さんが、改めてカレーを種類ごとに説明してくれる。

 

そして「それぞれを混ぜてお召し上がりください。最後はスープをかけてどうぞ。」と。 

 

 

今日も店員さんには「はい!」と言ったが、いつもながら思ってしまう。

 

「それぞれを混ぜて」と言われるが、この見事なフォーメーションをくずすのがもったいない。

 

申し訳ないがまずは自己流。3つのカレーを、混ぜずにひとつずついだだく。 

 

まずは豚キーマをパクっ!

 

 

うまいっ!そしてその直後、くっー!来た、来た、来た、スパイシーインパクト!

 

うまさと、洗練されたスパイシーさの「二重奏」広がる!

 

続いて、鶏キーマ牛豚キーマをいただく。

 

そして、ここでもまた、それぞれの「うまさ」と「スパイシー」の二重奏を楽しむ。

 

そして3つの二重奏をじっくり楽しんだ後、店員さんのご指導どおり、それぞれを混ぜていただく!ぱくりっ。

 

おー、今まで3つのカレーの味がひとつにまとまって、幅と深みのあるスパイシーに「昇華」する。

 

スーパースパイスカレーへのステージアップだ! 

 

いつもながらに、すごい!

 

しかしこれだけでは終わらない。これだけでも十分過ぎるが、まだお楽しみが残っている。

 

最後、小さなカップ入った、温かいカレースープをかけていただく!

 

 

これがまたすごい!

 

カレースープをかけると、スパイシーな「スパイスカレー」が一変、まろやかなコクの「スープカレー」に変身する!

 

パクっ、くぅー、たまらない!

 

3種類の多彩カレーは、混ぜたから4種類!さらにスープをかけて5種類にも!

 

うまさと、洗練されたスパイシーさが満喫できるだけではなく、1度に5度おいしい!」の「お得感」まで!

 

さすが大阪カレー!すばらしい!

 

今日も大満足で、ごちそうさま!スパイシーな余韻とともに、お店を出る

 

ちなみに、当店の看板類は、入口ドアのところにある「旧ヤム邸 シモキタ荘」という小さな看板のみ。

 

 

駅から歩いていくと見過ごすかもしれない。

 

入店待ちのお客さんが並んでいるのでわかると思うが、目印はクリーム色のビル。

 

その1Fに1度に5度おいしい!洗練されたスパイスカレーが待っている!

 

【うまログ スマート北海道展】おすすめスイーツ25選はこちらから!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

 【旧ヤム邸 シモキタ荘】

 世田谷区代沢5-29-9 下北沢駅6分

 03-6450-8986

 11:30~15:00・18:00~22:00 火曜休

 

 

※最新情報はお店にご確認ください。 

 

※「うまログ」バックナンバーは こちらから! 

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。

 

※うまログ「レンジでチン!お取り寄せシリーズ」も是非ご覧ください!

 

【レンジでチン!のお取り寄せ①】銀座、日本橋の名店から「カツ丼」「あなご丼」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ②】沼津港から直送!アジ、サバ、金目鯛など、おいしい「干物」もレンジでオッケー!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ③】さわら、銀だら、金目鯛などなど!本場京都からおいしい「西京焼き」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ④】本場、大阪/千房、広島/みっちゃんのお好み焼き、大阪/会津屋のたこ焼き!551の豚まんも!

 

 

 

Follow me!