【46ma】Barのカレーをなめてはいけない!でもお店の名前、なんて読む?乃木坂系?いや違う?

《カレー激戦区下北沢Part.11 

 

昼、下北沢の駅から会社に戻る時、ちょっと寄り道いつものシモキタ パトロール」

 

せまい袋小路に、オープンテラスにあるようなチェアが見える

 

気になったので、ちょっと袋小路にってみるチェアがあったのBarだった 

 

 

そして近づいてみると「第1回・2回下北沢カレー王座決定戦2連覇優勝カレー」。

 

 

 

 

後で聞いたら「王座決定戦」は、今はやってないがシモキタカレーフェスの前身のようだ。 

 

「Barのカレーをなめてはいけない!」のシモキタ新格言を、前回バッキンガム宮殿(→第30話)で学んだ。よし、入るべし! 

 

店内は、カウンターのみで10席もない。こじんまりとした店構えカウンターの中にママさんひとり。

 

そしてメニューは「バッキンガム宮殿」と同じく、オンリーワン!

 

「46ma Chicken Curry 、食数限定」! 

 

オンリーワン(1,200円)を注文してカウンターで待つ。 

 

しかし入店して、かつ料理も注文しておきながら失礼だが、お店の名前「46maは、なんと読むのだろう

 

やはり「乃木坂」系「フォーティーシックス・マ

 

んー、でも「マ」はダサいよなー。「フォーティーシックス・エム・エー」 

 

んー、考えても正解がわかるはずない

 

しかしママさんには聞きづらいので、となりのカップルに読み方聞いてみる。

 

すると女性が、滝川クリステルのような手ぶりと笑顔で、 

 

4(シ)6(ロク)ma(マ)、と。 

 

おー、「シロクマ」そういうことか確かに目の前にシロクマ君がいる。

 

 

 

店の看板にもシロクマの絵があったおもしろいじゃないか! 

 

 

 疑問が解明されると、サラダが登場した

 

 

そして「お宝」も登場 

 

 

富士山型にもられたライスの麓には、オリジナルカレーが広がる。うまそうなチキンゴロっとしている 

 

よしいただこう。 

 

おぉ、スパイシー!

 

ママさん曰く、10種類以上のスパイスを使い、たまねぎ、トマトをはじめ7種類の野菜をじっくり煮込んでいるとのこと。 

 

うーん、いい辛さといい味だ。そしてチキンもホロホロ大山地鶏を使っているらしい。 

 

いやー、さすがカレー激戦区のシモキタ。「Barのカレーをなめてはいけない!」シモキタ新格言正しそうだ。 

 

ごちそうさま!ジャケットのポケットに、500円玉を見つけたような、ちょっと得をした気分でお店を出る。

 

会社へ戻る途中、うまそうな「カレーパン」が目にとまった。

 

 

「カレーとカレーパンの店 天馬屋」だ。

 

 

おやつにカレーパンを買って帰ろう。

 

そう言えば、「天馬」は、同じビルに入る「五右衛門」「星乃珈琲」と同じく、年商数百億円の日本レストランシステムのチェーン店だ。

 

 

あっ、チェーン店で思い出した。

 

この間のゴルフコンペの賞品で「①ゴーゴーカレー純正、銀のカレー皿」「②ゴーゴーカレー1週間分」をもらっていた。

 

 

ゴルフランチは「カツカレー」が定番のひとつ。幹事によると、それにかけた賞品らしい。

 

うーん、せっかくの賞品。幹事の心意気にこたえよう。

 

よし、今日は帰りに「とんかつ の和幸」で「③ロースかつ」を買って帰ろう。

 

きゃべつのおかわり自由の「和幸」。テイクアウトにも「④千切りきゃべつ」がついてくる。

 

ごはんと②・③・④を①のお皿に盛り付けて、「おれのゴーゴーカレー」を作ってみよう。

 

(ロースカツカレー/ゴーゴーカレーHPより)

 

「おれ流」だから、ルーの2倍がけ、ごはんのメガ盛りもOKだ!

 

それにしても今日は、ランチにカレー、おやつにカレーパン、夜もカレーの、まさに「カレー曜日」。

 

やはり令和の時代も、「外食」「なか食」を問わず、「カレーざんまい」は続きそうだ!

 

 

※楽天・Amazonのチェーン店カレーのラインナップ!

 

 

 

 

 

 

【46ma シロクマ】 下北沢駅徒歩4分

 

 

 

最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!