【百日紅(さるすべり)】すっきり、さわやか、女子にも人気!キラリ黄金色「淡麗塩つけ麺」!

昼、地下鉄で新宿三丁目に到着。

 

まずはランチにしよう。しかしは、うっとうしい。結構降っている。

 

雨の中、お店をさがしに、外を歩き周るのはちょっとつらい。

 

そうだ!「百日紅」つけ麺にしよう!

 

あそこは地下直結。外に出ないで行けるお店。

 

の時、の時、台風の時。そして暑い日寒い日などにも、ありがたいお店だ。

 

地下鉄の改札を出て、そのまま京王フレンテに入る。

 

 

そして階段を降りると、すぐに当店に到着。

 

 

入口にかけられたのれんをくぐると、右手に券売機

 

 

看板メニューは、一番上のちょっと大きめのボタン。

 

「特濃煮干しつけ麺」「濃厚つけ麺」!並盛(200g)、大盛(300g)、同一料金!

 

 

煮干しのきいた濃厚なつけ汁で、なかなかうまい!

 

 

いつもならこれらをいただくのだが、今日の私は違う。

 

天気が悪く、気分がすっきりしない。こんな時に選ぶのは、券売機3段目にある「淡麗塩つけ麺」

 

 

これをいただくと、すっきり爽やかな気分になれる。

 

「淡麗」の食券を買ってカウンター席に座る。

 

 

コップにレモン水を注ぎ、ちょっとわくわくしながら「お宝」を待つ。

 

 

わくわくするのには理由がある。

 

ここのお店は、その日によって、チャーシューメンマの種類が違う。

 

2枚入っているチャーシューは、豚チャーシュー鶏チャーシューの時。豚チャーシュー2枚の時もある。

 

メンマも、穂先メンマの時と、材木メンマの時がある。

 

 

もちろん、それぞれのうまさがあって、どれもうまい

 

「麺」と「つけ汁」は変わらないので、うまさのベースも変わらない

 

どういう組み合わせであろうとノープロブレム、というより全然ウェルカム

 

今日は、どっちだろうか?

 

 

ジューシーな豚チャーシューだろうか、さっぱり系鶏チャーシューだろうか!?

 

歯ごたえの材木メンマだろうか、やわらか穂先メンマだろうか!?

 

組み合わせは何通りあるのだろう。「算数」の授業も思い出しながら「お宝」を待つ。

 

当店、しっかり麺をゆで、しっかり麺を冷水でしめるので、出来上がるまでにだいだい10分ぐらいかかる。

 

 

10分が経過。すると、おまちどうさまでした!と店員さんがカウンター席に「お宝」を持って来る。

 

この間「淡麗塩つけ麺」を食べた時は、鶏チャーシュー材木メンマの組み合わせだった。

 

 

さあ、今日は、どういう組み合わせだ!!

 

おー、豚チャーシュー穂先メンマか!うまそうだ!

 

 

となりのつけ汁も、いつものように、きらり黄金色

 

 

よし、いただこう!

 

麺は「濃厚つけ麺」よりもやや細め

 

 

黄金色つけ汁につけて、すすっ。

 

う~ん、すっきり!ほどよい酸味がすごくいい。

 

そして直後、ほのかな煮干しの旨みが、口いっぱいに、お行儀よく広がっていく。

 

すっきり、さわやか、うまいっ!

 

そして豚チャーシューをぱくり!

 

 

すっきりしたつけ汁が、肉のジューシーさを引き立てる。

 

さらに柚子胡椒(ゆずこしょう)をつけて、ぱくり。

 

さわやかさがプラスオン、これまたいい!

 

そして穂先メンマ

 

 

これは優しく「あま噛み」して、やわらか食感を楽しむ。

 

う~ん、今日もいい感じだ!

 

そして、つけ汁から引き上げた麺に、レモンを軽くしぼっていただく。

 

おー、爽快感がさらにパワーアップ!

 

気分よく、リズムよく、トッピングを一気に食べあげる。

 

そして最後はスープ割り

 

 

う~ん、さわやか~!

 

ほどよい酸味のスープ割もすべて飲み干し、ごちそうさまでしたー!

 

すっきり、さわやかな気分で席を立つ。

 

その時、2つとなりの女性客に「お宝」が登場。見ると「淡麗塩つけ麺」だ。

 

そう言えば、このメニューを教えてくれたのも、取引先の女子社員だった。

 

すっきりさわやか黄金色

 

確かに女子ウケしそうな要素が揃っている。

 

これは、イケてる「つけメンなのかもしれない。

 

【うまログ スマート北海道展】スイーツコーナー(おすすめスイーツ&スナック25選)はこちらから!

 

 

 

 

【百日紅】

 新宿区新宿3-4-8 B2

 新宿三丁目駅改札すぐ

 03-6457-8564

 11:00-23:00

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

「うまログ」バックナンバーはこちらから!

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。 

Follow me!