【焼麺 劔(つるぎ)】焼麺って何 !? それは激戦区の、ユニークでうまいラーメンだった !!

ラーメン激戦区高田馬場、今日のランチは「焼麺」のお店に行く。

 

取引先に教えてもらったラーメン店だが、「焼麺」とは、果たしてどんなラーメンなのだろう?

 

未知との遭遇に期待がふくらむ。

 

当店に到着。

 

 

のれんにも「焼麺」と書かれている。

 

 

そして下を見ると「濃厚ベジポタスープ」

 

 

おっ、ベジポタ!ベジタル・ポタージュか。

 

こってり系の多い馬場では、野菜系スープはあまり見かけない。

 

麺だけではなく、スープも楽しみだ!

 

【うまログ なか食セレクション】日本全国、おすすめご当地ラーメン、ご当地焼きそば、ご当地麺!

 

 

 

 

入店すると、すぐ右に券売機。

 

 

「焼麺」のボタンは看板メニューの指定席、一番上をキープ。

 

焼麺(780円)

目玉焼麺(840円)

揚ネギ焼麺(890円)

チャーシュー焼麺(980円)

 

の4種類だ。さて、どれにするか。

 

2つめの「目玉焼麺」に目が止まる。

 

「目玉」というのは「目玉焼き」のことだろう。

 

ラーメンに、ゆで玉子ではなく目玉焼きか。めずらしい組み合わせだ。

 

焼麺、ベジポタ、目玉焼き。うーん、どれもがユニークでおもしろい!

 

よし、これにしようと「目玉焼麺」のボタンを押す。

 

店内は奥に長いL字型のカウンター席で、10席ほど。

 

女性のひとり客もいる。やはり女子ウケもいい、ベジポタ効果か。

 

 

着席して、食券を店員さんに渡す。

 

すると、店員さんがちょっと深めの小皿を持って来た。

 

中を見ると、鰹節が入っている。

 

 

そして目の前、カウンターの上にはすり鉢がある。

 

 

店員さんは、すり鉢ですって、ラーメンと一緒にどうぞ、と。

 

おー、そういうことか。これまたユニーク!ラーメン店ではじめての経験だ。

 

そして鰹節を“すりすり”しながら「お宝」を待つ。

 

 

【なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

おー、鰹節が見事に粉末状になった!

 

 

うーん、やればできるものだ。

 

自分の「力作」に関心していると、「お宝」が登場した。

 

 

これが「目玉焼麺」か!

 

丼ぶりの直径と同じくらいのデカいチャーシューが、どーんと横たわる。

 

グリーンの青ねぎとホワイト&イエローの目玉焼きが、いいコントラスト!

 

丼ぶりから飛び出しているのが「焼麺」か!「おこげ」がうまそうだ。

 

レンゲを取ると、太めのメンマも顔を出す。

 

 

うーん、食べ応えがありそうだ。

 

よし、まずはスープからいだこう。すすっ。

 

 

おー、さすがベジポタ系、野菜の甘みがある、やさしい味わい

 

さらに豚骨がしっかりときいて、濃厚なスープに仕上がっている。

 

う~ん、うまいっ!

 

さてお次は麺。焼麺だ!

 

「おこげ」がうまそうだ。しかし、これ、どうやって食べるのだろうか?

 

 

リンガーハットの「皿うどん」のように、麺は全部くっついているのだろうか?

 

えいっ!とつまんでみる。

 

 

おっ、焼かれているのは片面だけだ。反対側は焼かれていないので、はしで簡単に取れる。パクり!

 

 

おー、カリカリ感があって、香ばしくもあっていい感じ!

 

焼いていない方の麺は、もっちりタイプの中太麺。これはこれで、またうまい!

 

まさに一度で二度おいしいユニークな「焼麺」、気に入った!

 

デカい豚バラ系のチャーシューもいい!

 

 

太めのメンマ、食べ応えある食感が楽しい!

 

 

うーん、このベジポタ濃厚スープは、確実にクセになりそうだ!

 

 

ノリノリで食べ進めていると、ふと前の貼紙が目に入った。

 

 

見ると「食の心得」

 

おー、ここに「焼麺の食べ方」が書いてあったのか。

 

待っている時、鰹節のすりすりに集中していたから、見落としてしまったか。

 

見ると、第壱条から第六条まで。今はちょうど第四条ぐらいだ。

 

壱 まずはお手元の鰹節をすりこ木ですりつぶし、ラーメンの出来上がりまで少々お待ちください。

弐 麺をかき混ぜる前にスープをご賞味ください。

参 麺をかき混ぜて、焼麺の香ばしさが混ざり合ったスープの変化をお楽しみください。

四 麺の二段階の食感と小麦の香ばしさをご賞味ください。

 

んー、アバウトオッケーか。

 

だいだい書いてあるとおりに事は進んでいるようだ。

 

しかし今ここで「食の心得」に気付いてよかった。

 

伍条と六条に、さらにおいしくいただくためのポイント、お店からのアドバイスが書かれている。

 

伍 お手元の鰹節をかけ、鰹本来の風味とスープの変化をご賞味ください。

六 ご用意してある紅しょうがやおろしニンニクを、お好みで加えてお楽しみください。

 

危ない、危ない。

 

今気付かなかったら、気合いを入れてすり上げた「力作」の鰹節に手をつけず、完食してしまうところだった。

 

よし、と鰹節の入った皿を持ち、丼ぶりにどばっとかける。

 

 

そしてレンゲでスープをすくって、すすっ!

 

おー、うまい!

 

野菜・豚骨のダブルスープから、野菜・豚骨・魚介トリプルスープへグレードアップ!

 

小皿には鰹節だけではなく、魚粉も入っていたのだろう。魚介がよくきいて、いい味わいだ。

 

そして「心得」第六条にある、紅しょうがにも挑戦してみる。

 

 

ラーメンに紅しょうがか。

 

博多ラーメン系でないお店ではめずらしい。これまたユニーク。

 

 

麺と一緒にぱくり。

 

おっ、なかなかいいアクセント。軽いピリッと感が、この麺とスープによく合う!

 

そして第六条に書いてある、もうひとつのトッピング「おろしニンニク」のふたを開ける。

 

 

んー。仕事が終わった後なら、これもドバっと入れてしまうだろう。

 

しかし、まだ仕事中。見なかったふり。

 

ふたを閉じて、無念のスルー。

 

そして最後に残しておいた「目玉焼き」もいただき完食!

 

 

焼麺、ベジポタ、鰹節、ラーメンと目玉焼きのコラボ、紅しょうが!

 

どれもがうまく、ユニークで、新鮮だった。

 

また来よう!

 

次回、鰹節の「すりすり」も今回よりは上手に、早くできるはずだ。

 

【なか食セレクション】世界に誇るニッポンの和牛!日本全国、ブランド和牛の「ビーフカレー」を集めました!

 

 

 

 

【焼麺 劔】

 新宿区高田馬場2-6-10

 高田馬場駅徒歩7分

 03-3200-5911

 11:00-15:00 18:00-21:30

 日曜定休

 

 

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

「うまログ」バックナンバーはこちらから!

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。 

Follow me!