【松栄亭】夏目漱石も通った町の洋食屋さんでオムライス!漱石のための洋風かきあげはレシピで!


神田淡路町、これからランチ!

 

お店をさがして小道に入ると、1F部分がちょっと気になる建物。

 

 

近づくと、「洋食 松栄亭」

 

 

看板を見ると「Since 1907」

 

 

100年以上前からやっている老舗の洋食屋さんか!

 

建物は建替えられて今の姿になったのだろう。

 

よし、今日は町の洋食屋さんランチ

 

オムライスでもいただこう!

 

入店する。店内はそれほど広くはない。

 

 

テーブル席が主体で、席数は20席ほどだろうか。

 

 

居心地のいい、こじんまりとした町の洋食屋さんという感じだ。

 

奥を見ると、マスターと思われる男性がひとり。

 

今日はワンオペのようで、調理に会計に忙しそう。

 

案内を待たずに、空いているテーブル席につく。

 

コロナ対策だろうか、テーブルにメニューはない。

 

向かいの壁を見ると、表札サイズのメニューが20個ほど並んでいる。

 

さて、オムライスはあるだろうか。

 

しかし、すぐにお目当ての「オムライス 900円」と書かれたメニューが見つかり、一安心。

 

せっかくなので、他のメニューもざっと見てみる。

 

トンカツポークソテーハンバーグコロッケアジフライチキンカツエビフライハヤシライスカツカレーど。

 

町の洋食屋さんの定番メニューが並んでいる。

 

おっ「カツ丼」まであるのか。

 

洋食ではない気がするが、メニューにあるトンカツと同じ材料、あっても不思議ではない。

 

んんっ、「洋風かきあげ」!?これは何だ?

 

ふと別の壁を見ると、たて100cm×よこ50cmほどの1枚のポスター

 

 

「洋風かきあげ」と書いてある。

 

説明書きを読んでみよう。

 

夏目漱石のために、肉、玉ねぎ、玉子、小麦粉というあり合わせの材料で作った一品。

 

おおっ、さすがSince1907

 

明治の文豪、夏目漱石も通った洋食屋さんだったのか!

 

おっ、レシピも付いている。読んでみよう。

 

 

おー、そういうことか。

 

でも、料理が得意でない私には、よくわからない…。

 

もしかしたら、ソーセージを取り除き、豚や玉ねぎ、キャベツを使った高級生地の「アメリカンドック」のようなものだろうか?

 

う~ん、気になる。試しに、これにしてみようか。

 

注文を聞きに来たマスターに「洋食かきあげ(950円)」をオーダーする。

 

するとマスター、私の目を見て「2人前からですが、いいですか!?」と。

 

想定外のカウンターパンチだ。

 

食べ物には、好き嫌いがあるだろう。

 

さらに偉大なる明治の文豪の夏目漱石と、ちっぽけな現代の小市民の私とでは舌の出来が違うかもしれない。

 

そう考えると「2人前」というのは、ちょっとリスクがある。

 

万が一残してしまったら、申し訳ない。

 

さらに2人前にすると、950円×2=1,900円でお値段もはる

 

んー、どうしよう。

 

動きが止まる私に、マスターが決断を迫る。

 

「どうしますか?」

 

助けを求めるように、まわりのテーブルをチラ見する。

 

洋風かきあげを食べている客はいない。

 

先客が食べているのはトンカツ、カツカレーなど。

 

優柔不断な私に、マスターは「喝(カツ)」を入れているようにも見える。

 

よし決まった。マスターの目を見て、

 

「オムライス、お願いします!」

 

ふー、初志貫徹、注文完了!

 

洋風かきあげはレシピで楽しもう。

 

ポスターを見ながら、オムライスを待つ。

 

そして5分ちょっとで「お宝」が登場!

 

 

薄焼きの玉子につつまれたオムライスだ。

 

最近はふわとろ系のオムライスをいただくことが多いので、逆に新鮮な感じだ!

 

そしてオムライス以外に、付け合わせなどは何もない。

 

ザ・オムライス!

 

神田っ子の気風のよさ、潔さを感じる。

 

そう思うと、一見、無造作なトマトケチャップのかけ方にも、飾らない気風、潔さを感じてくる。

 

よし、いただこう。

 

 

ぱくり!

 

 

うーん、懐かしい感じのケチャップライス

 

なんとなく、ほっこりしてしまう。

 

そしてライスの中には、チキンが10個は入っているだろう。

 

チキンとは言え、たくさんのお肉が入っているのはうれしいものだ。

 

さらに食べ応えのあるライスのボリュームもありがたい!ごはん茶碗2杯分ぐらいはあるだろう。

 

さすが、神田っ子の洋食屋さん!気風がいい、気前がいい!

 

ケチケチしてねぇところが、いいじゃねぇか!

 

と、ものの5分もかからず完食!

 

ごちそうさまでしたー!

 

お店を出て、ふと思う。

 

今度は二人で来よう。

 

今日はレシピを見るに終わった、漱石の「洋風かきあげ」を食べに。

 

【松栄亭】

 千代田区神田淡路町2-8

 淡路町・小川町駅3分

 03-3251-5511

 11:00-14:00・17:00-19:30 日祝休

※最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ!」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter(X) でお知らせしています。