【ポンチ軒】神田のとんかつの名店で、ロースかつ定食!プチぜいたくなとんかつランチ、美味しくいただきました!

「とんかつ」の名店、人気店が立ち並ぶ神田

 

今日のランチは、その中でも1、2を争うお店。

 

百名店はもちろん、ミシュランにも掲載されるとんかつ屋さん!

 

神田小川町「ポンチ軒」に行く!

 

地下鉄小川町駅から出て5分ほど、お店に到着!

 

 

和な、神田のとんかつ屋さん!という雰囲気の佇まい。

 

入口を見ると、今日も「ただいま満席です」の貼り紙。

 

 

人気のお店。こればかりは、致し方ない。

 

入口前のメニューを見ながら、順番が来るのを待つ。

 

 

◎上ロース豚かつ定食 1,500yen

◎特ロース豚かつ定食 2,400yen

◎上ヒレ豚かつ定食 1,600yen

◎特ヒレ豚かつ定食 2,500yen

◎ビーフカツ定食withわさび醤油 1,600yen

~数量限定~

◎カツと特製カレー◎アジフライ定食 1,250yen

 

いつも思うが、この並び方はすばらしい!

 

ロースヒレ

 

往々にして、とんかつ屋さんのメニューは、値の張るヒレが最初、その次にロースだ。

 

しかし、当店はその逆。ロースに来る。

 

さらに、上ロース特ロース

 

一般的には、値の張る「特」が先で「上」が後だが、これまたその逆。「上」に来る。

 

お客さんが求めやすいものから並べている。

 

お店の「論理」ではなく、お客さん「気持ち」「お財布」を想う、当店の気配り、配慮をいつも感じでしまう。

 

しかしこれは、ロースであれヒレであれ、「特」であれ「上」であれ、に自信のある当店だからできることなのだろう。

 

と思っていると、店員さんお店から出てきて、お待たせしてすみません、どうぞお入りください!

 

いやいや全然オッケーですよ、ちょっと待ったけど(笑)、と心の中でつぶやき、笑顔でのれんをくぐる。

 

 

店内はカウンター席テーブル席

 

 

フルで座ったら20席ほどだろう。

 

しかし飛沫防止、席と席の間をしっかり間を空けているから10席ほどの席数。

 

ひとり客の私は、4人掛けテーブルに案内され、相席なくひとりで座る。

 

 

空いたテーブルの消毒も、とても丁寧にやっている。

 

しっかりとした、感染防止、衛生管理。

 

さすが名店。料理だけではなく、料理をいただく環境整備にも抜かりはない。

 

そして、テーブルメニューを見る。

 

 

表にあるメニューを同じく、「自信」「配慮」を感じる並び方。

 

名店に名に臆することなく、そして気持ちよく、一番上の「上ロースかつ定食(1,500円)」を注文する。

 

そしてすぐに、おはしお水が出される。

 

 

続いて、ソース皿

 

 

いつもながら、スピーディーないいリズム。

 

これを受けて、私もいつものリズム。

 

調味料を見る。

 

 

ソースの左となりにある小壺を手前に寄せる。

 

 

フタをぱかっと開けて、キムチとご対面!

 

 

そして、これをトングで小皿にとる。

 

 

そして、おはしでつまんで、ぱくりっ!

 

う~ん、これがなかなかいい!

 

ちょびちょびいただき、楽しみながら「お宝」を待つ。

 

そして10分ちょっとで「お宝」の登場がはじまる!

 

まずは、ごはん

 

 

続いて、豚汁

 

 

そして、山盛りきゃべつに、とんかつ

 

 

今日もぷっくり太ったとんかつ

 

 

重さ150~160g厚さ2cm級のそれを見ていると、わくわく、ぞくぞく、たまらない!

 

よし、いただこう!

 

しかしここは名店、がっついてはいけない。

 

和食のマナー。まずは汁もの、豚汁からいただこう。

 

 

うまいっ!

 

とんかつ屋さんの豚汁だから、うまいに決まっているが、うまい!

 

さらに名店の豚汁だから、サイコー!

 

豚の旨みといいお出汁、そして具だくさんの、サイコーの豚汁だ!

 

よし、準備オッケー。とんかつをいただこう!

 

まずは「何も足さない」

 

そのままいただく!

 

 

おっと、アブない!おいしい食べ方を忘れるところだった。

 

いいとんかつをいただく時は、「よこ」ではなく「たて」

 

衣を舌の上にのせるのではなく、お肉の断面が舌の上にくるよう、「よこ」にしていただかねば。

 

とんかつをつかんだおはしを、くるっと90度回転!そして、パクリっ!

 

う~ん、じーんと来る!

 

お肉の旨み、そしてロースならでは脂の甘みが舌の上で広がる。

 

そして、ひと噛みすると、じゅわー!

 

口いっぱいに、旨みと甘みが!

 

さらに、粗めの衣のカラリ、サクサクッ、とした軽やかな食感が心地いい!

 

う~ん、いつもながらの、すばらし過ぎる味わいと食感だ!

 

このまま、何も足さずに最後までいっても本望!

 

と思うが、そんなもったいないことはしない。

 

この旨さ、2倍、3倍、それ以上で楽しむ!

 

その楽しみ方は2段階。

 

まずは「塩」!前半戦は、でいただく!

 

塩の入った小壺を手前に。

 

 

フタを開ける。

 

 

とんかつの上にササっとひとふり。そして、ぱくりっ!

 

 

くー、来た、来た、来たー!

 

サックリした衣と塩、ジューシーなお肉と塩!まさに「塩のWハーモニー」

 

たまらず、ごはんをかき込む!

 

 

くー、うまいっ!サイコーの相性!

 

そして、豚汁も!すすっ!

 

 

またまた、くー!

 

塩でいけるのは、うまいとんかつの証し!

 

さらに、もうひと切れっ!

 

 

たまらない!

 

興奮気味の自分を抑えるために、きゃべつで小休止。

 

 

特製ドレッシングをとる。

 

 

これを、ギュッときゃべつの上へ。

 

 

そして、ぱくり、ぱくり、ばくりっ!

 

う~ん、ほどよい刻み具合のきゃべつは、シャキシャキだ!

 

そしてマヨネーズがきいた、特製ドレッシングの爽やかな酸味がすごくいい!

 

きゃべつの優しい甘さ、ドレッシングの爽やかな酸味で、落ち着きを取り戻す。

 

よし、後半戦だ。後半戦はソースでいただく!

 

 

ソースは2種類

 

ウスターソース特製とんかつソース

 

まずは、ウスターソース

 

当店のウスターは、太陽ソース

 

 

この界隈のとんかつ屋さんで、太陽ソースを見かけたことはない。

 

このソースを見ると「ポンチ軒」に来たことを実感する。

 

太陽ソースを、ソース皿に軽く盛る。

 

 

ウスターソースはサラッとしているのが一般的だが、太陽ソースはコシとハリがある感じ。

 

そして、とんかつをひとつかみ、

 

 

太陽ソースをつけて、パクリっ!

 

 

うまいっ!

 

軽やかなコク、まろやかな味わいの太陽ソースが、お肉の旨さを巧みに引き出す!

 

続けてもうひと切れっ!

 

おっと、アブない。ソースにはまだ続きがある。

 

お待ちかねの、特製とんかつソース

 

まずはレモンを、ちょっとだけしぼる。

 

 

そして、とんかつソースを取り出し、

 

 

これをササっと、とつかつの上にかける!そして、ぱくりっ!

 

 

うまいっ!

 

肉の旨み、脂の甘みに、ソースのコクの三重奏!

 

たまらない!

 

急いで、白いごはんをかき込む!

 

そして最後は、とんかつソースにカラシを乗せて、パクリっ!

 

 

くー、これまた、たまらない!

 

終始おはしは止まらず、ごはんも、豚汁も、きゃべつもキレイに完食!

 

最後、店員さんが持ってきてくれた緑茶いただき、余韻を味わう。

 

 

そして思う。

 

今日もサイコーのロースかつ定食だった!

 

しかし「ランチは1,000円以内」がモットーのサラメシの私。

 

1,500円はちょっとだけお高い。

 

しかし、この味わいとボリューム。

 

普通に食べたら「特ロース」級、いやそれ以上だろう。

 

そう考えると、十分許容できるプチぜいたくだ。

 

やはり名店のとんかつ定食はすばらしい!

 

今日も大満足、満腹で会計を終え、気分爽快にお店を出た!

 

【ポンチ軒】

 千代田区神田小川町2-8

 03-3293-2110

 小川町・淡路町駅5分

 11:15-14:00 17:30-21:00 日曜定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

北海の「おいしいもの」を取り揃えました!いつでもオープン!「うまログ スマート北海道展」も是非ご覧ください!

 

【スイーツコーナー】「白い恋人」をはじめ、おすすめスイーツ25選はこちらから!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

【ラーメンコーナー】札幌、函館、旭川ラーメンなどいろいろ取り揃えました!おすすめラーメン25選はこちらから!

 

 

 

 

【ジンギスカン・チーズコーナー】本場のジンギスカン、北の大地が育んだチーズなどはこちらから!

 

 

 

 

【海産物コーナー】「海産王国」北海道!うに、かに、いくら!海の幸はこちらから!

 

 

 

 

【カレーコーナー】札幌スープカレー、海鮮カレーなどいろいろ取り揃えました!おすすめカレー25選はこちらから!

 

 

 

 

【ご当地丼コーナー】豚丼・いかめしなどのご当地丼、限定のマルちゃん「やきそば弁当」などはこちらから!

 

 

 

 

【ドリンクコーナー】ガラナ」「カツゲン」など北海道のご当地ソフトドリンクはこちらから!

 

 

 

 

【ビール・ワインコーナー】「北の大地」で育まれたクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!