【楽農園】さすが日本三大うどん!細く、美しくて、なめらか!稲庭うどん、牛スジ煮込みせいろでいただきました!

東京神田。午前の仕事が終わり、これからお昼

 

今日は、なんだかうどんをいただきたい気分だ。

 

できれば、日本三大うどん

 

讃岐うどんか、稲庭うどんあたりががいいな。

 

あっ、そうか。

 

讃岐うどんは、この間、神保町「丸香」でいただいたばかりだ(→うまログ 第328話)

 

今日は稲庭うどんにしよう!

 

この辺りでおいしい稲庭うどんだと、やはり銀座の「佐藤養助 銀座店」か。

 

よし、銀座に行こう、と神田駅に向かって歩き始める。

 

が、すぐに立ち止まる。

 

銀座までちょっと遠いか。次の仕事まで時間がギリギリだ。

 

残念ながら・・・と頭で思うが、気持ちとお腹は、おさまらない。

 

稲庭うどんをいただく気分で満々だ。

 

う~ん、この稲庭うどんへの熱い想いどうしてくれようか、と上を見上げると、

 

 

稲庭うどん

 

おっ、ここ神田にも稲庭うどんのお店があったのか!

 

よし、遠くの親戚よりも近くの他人だ!?

 

言葉の使い方は確実に間違っているだろう。

 

しかし、この熱い想いをおさめることが優先だ。

 

今日は銀座ではなく神田で、稲庭うどんをいたただこう!

 

 

お店は2Fのようだ。

 

内階段をあがり、入口に向かう。

 

 

そして、入店。

 

店内は、開放感のある洒落た空間

 

 

テーブル間の距離もあり、ゆったりしている。

 

 

いい感じのお店じゃないかと思っていると、

 

こちらへどうぞ、店員さんに案内されて席につく。

 

 

そして、テーブルメニューを見る。

 

 

《冷》《温》か。

 

稲庭うどんと言えば、やはり《冷》だろう。

 

 

よし、冷たい麺あったか汁「せいろ」でいただこう!

 

せいろは、4種類か。

 

牛スジ煮込みせいろ

鴨ねぎせいろ

ピリ辛担々せいろ

スパイシーカレーせいろ

 

う~ん、どれにしようか。

 

よし、迷った時は、一番上だ!

 

店員さんに声をかけて、一番上にある「牛スジ煮込みせいろ」を注文する。

 

すると店員さん、

 

当店ランチは「山菜小鉢」か「野菜サラダ」が付きます。

どちらになさいますか?

 

 

山菜サラダか。

 

そう言えば、表の看板は、稲庭うどん」山菜」だった。

 

 

山菜看板メニューなのだろう。

 

山菜小鉢をお願いして、注文完了!

 

お茶を飲もうと前を見ると、

 

 

新物 伝統野菜 赤かぶ漬け

 

漬物自慢メニューなのか。こちらもいただきたいものだ。

 

と思っていると、「お宝」登場!

 

 

おー、まさしく稲庭うどん!見事なひねり盛り

 

 

つやつやの細身うどんから、おいしさがこぼれ出てきそうだ。

 

そしてとなりには、色白うどんコントラストを成す、琥珀色

 

 

ここには牛スジ大集合

 

惜しげなく盛られた牛スジは、この上ない喜び、うれしい限りだ!

 

おっ、これが、山菜小鉢か。

 

 

おっ、ラッキー!はさっき見た赤かぶ漬けだ。

 

そしては山菜、わらびだ。

 

さすが山菜自慢のお店。

 

こんなシュッとしたわらびは、なかなかお目にかかれない。

 

よし、それではいただこう!

 

まずは、うどんを、ひとすくい!

 

 

おー、細身、やや平打ちのキレイな稲庭うどん

 

これを、スッとにもぐらせる。

 

 

そして、になじませる。

 

 

そして、一気に引き上げ、すすっ!

 

 

おおー、メチャメチャなめらかのど越しつるるん

 

甘辛の汁も、牛スジコク旨みでいっぱい!いいじゃないか!

 

そして、もうひとすくい。

 

 

汁にもぐらせ、すすっ!

 

 

おおー、つるんなめらか、楽しく、うまい!

 

ひねりながら練ると言われる稲庭うどん

 

それにより、うどんの内部空気が入り、このなめらかさが生まれる。

 

稲庭うどん、サイコーだ!

 

そして、牛スジひとつつまんでぱくりっ!

 

 

う~ん、肉々ジューシ~!いいじゃないか!

 

そして、またうどんを、すすっと!

 

 

う~ん、つるんと、サイコー!

 

そして今度はレンゲで、ガサっと牛スジをすくって、汁と一緒にぱくりっ!

 

 

う~ん、汁で味マシされた、牛スジがますますうまい!

 

そして、赤かぶ漬けお口直し。ぱくり!

 

 

おっ、さすが新物シャキシャキ!漬け込み具合もいい感じ!

 

そして、また牛スジをすくって、ぱくりっ!

 

 

うまいっ!

 

そして今度は、山菜わらびでお口直し。

 

おろし生姜を乗っけて、ぱくりっ!

 

 

う~ん、新鮮味あふれるわらび

 

山の中を「エア散歩」しているような気分にもなる。

 

そしてお口直しもできたところで、二束目うどんをいただく!

 

 

今度は、味変

 

 

汁に七味をササッとふる。

 

 

そして、うどんをすくう!

 

 

味変した汁にもぐらせ、一気に引き上げ、すすっ!

 

 

うまいっ!

 

甘辛汁にピリッと、いいアクセント

 

おはしが止まらなくなってくる!

 

うどんをどんどんすくって、ぐいぐいすすり込む!

 

そして、またたく間に完食!

 

ごちそうさまでしたー!とお店をでる。

 

おいしい稲庭うどんをいただけて満足だ!

 

しかし、そのおかげで、困ったことが。

 

稲庭うどんへの想いはおさまるどころか、さらに高まってきた。

 

よし、今日は稲庭うどんハシゴだ!

 

仕事が終わったら、銀座の「佐藤養助」にも行ってみよう!

 

 

【最上 楽農園】

 千代田区内神田3-24-5

 03-5298-6912

 11:00-21:00・日祝定休

 神田駅3分

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!