【かつ良】老舗とんかつ店で、旬の「かきフライ」をいただく! デカっ!

今日のランチは、シモキタで創業40年を越える、とんかつの老舗「かつ良」(かつよし)に行く。しかし今日のターゲットは「とんかつ」ではなく、今が旬の「かきフライ」だ! 

 

会社を出る前、上司と。 

 

上司:木村君、昼メシどこに行くの? 

 

木村:今日は、チェーン店系に。(そう、今日は「おすすめ」をいただいていないので。) 

 

上司:そうか、「かき」とかどう? 

 

木村:いいですね!「かき」、大好物です。(まさに今の「旬」ではないか!) 

 

上司「かきフライ」なら、いいとこあるよ。 

 

木村:是非、教えてください! 

 

上司:OK。僕はね、とんかつ屋のかきフライが一番うまいと思うんだよ。何故だかわかるかい?それはね、揚げ方、衣が違うんだよ。僕も昔はね・・・ 

 

木村:(まずい、また長いウンチクが始まる。時間が…。) 

 

部下:「部長、お電話でーす。」 

 

上司:ごめん、電話だ。「かつ良」に行ってごらん。シモキタで老舗のとんかつ屋だ。「かき」の選び方もしっかりしている。バス通りにあるからすぐわかるよ。

 

木村:(でかした。ナイスアシスト!) 

 

開店直後、当店に到着。

 

おー、確かに1Fに「産地直送かきフライ定食(1,800円)」と写真付きのデッカイ看板も出ている。

 

まさしく「看板メニュー」じゃないか!

 

 

1,800円はちょっと高いかなと思ったが、今日は(も?)自分へのごほうび!、B1Fにある当店入口を目指して表階段を降りていく。

 

途中、「全国厳選銘柄豚牛使用 とんかつ・ビフテキ かつ良」という、これまたどデカイ将棋の駒のような看板に圧倒されながら、入口に着いた。

 

 

ドアを開けると、「いらっしゃいませ!」と身なりのいい男性の店員さん。 

 

「テーブルか、カウンターのお席へどうぞ!」と言われ着席する。

 

 

店内は広くゆったりしている。装飾品もいい感じだ。

 

小上がりの向こうには、「天下第一」と右から書かれた、大きな文字。「老舗感」ありありだ。

 

 

 

そして店員さんがお茶とメニューを持って来た。

 

 

メニューがこれまたデカイ。

 

そう、「びっくりドンキー」のような、テーブルにドンと置くタイプ(「びっくりドンキー」よりも当店の方が先か?)。 

 

注文は「かきフライ」に決まっていたが、せっかくだから、メニューを拝見させていただく。

 

 

 

「ランチメニュー(1,080円)」から始まり、ヒレかつ、ロースかつ、海老フライ etc

 

おー、とんかつ屋さんなのに、「和牛サーロインステーキ(260g/3,150円)」まであるのか。

 

どれも食欲中枢を刺激する、注文したくなるメニューばかりだ。

 

しかし今日はだめだ。

 

初志貫徹!

 

店員さんを呼んで「産地直送かきフライ定食」を注文!

 

ライスは「しそ入りごはん」と「白米」から選べるという。

 

いつもだったら悩むが、今日はもちろん「かき」を味わうため即断、「白米」を選ぶ。 

 

そして「お宝」の登場を待っていると、漬物が来た。

 

 

4種類もある。食べ放題のようだ。

 

しかしここは老舗。上品にいかなくてはいけない。

 

小皿にとりわけ、1つずついただく。

 

 

そしてお茶もいただく。

 

「天下第一」の大きな文字を見ながら、時間がゆったりと流れていく。

 

う~ん、こういうのもいいな。

 

いつもちょっと違った「お宝」の待ち方だ。

 

そして15分ほど時がたったのだろうか、満を持して「お宝」が登場! 

 

 

おぉー、デカっ!

 

「どうだぁー!」とばかりに、大ぶりな「かき」が4つ、大きなお皿の上に並んでいる。

 

いつも自分がスーパーで買って帰る「かき」のふた回り以上、お稲荷さんにも負けない大きさだ!

 

そしてドデカさに圧倒されながも、考える。

 

この見事な「お宝」、店員さんが持ってきてくれた「お手製のタルタルソース」でいくか、それともカラシをちょこっと付けて、テーブルにある「当店自慢のソース」でいくか。

 

どちらで食べるか、選択権を与えられている自分がうれしい。

 

んー、やはり「かきフライ」。

 

ここは「お手製のタルタル」から、いかせていただこう。

 

まずひとつ、「かき」をはしつかむ。

 

 

デカい!

 

そして、持ち上げる。

 

重い!

 

身がぎっしりと入っているのがわかる。

 

そして、久しぶりに超大口をあけて、「かき」をガブり!

 

その瞬間、薄手の衣を突きぬけ、超ジューシーな「海のミルク」が口の中ではじけ散る!

 

んぐぅー、たっ、たまらない。

 

さすが老舗とんかつ店、「揚げ」の技が違う。

 

「海のミルク」がそのまま、見事につつみ込まれている!

 

まさに、揚げの達人、とんかつ屋マジック!

 

この「お手製タルタル」も、「かき」のうまみを一層引き出している。

 

老舗店が、改良に改良を重ねた「影の主役、逸品」だ。

 

ここまでうまいと、2つ目も止まらず「タルタル」でいく!

 

うぅー、うまい。

 

そして、白米をむさぼうように食べる。

 

むちゃくちゃ、お米がうまい。

 

今の自分は、小学生のように、口のまわりにいっぱいの「タルタル」を付けているかもしれない。

 

が、そんなこと、どうでもいい。

 

「格好」よりも、「うまい」が優先だ。

 

「かき」をいただき、白米をむさぼる。

 

おぉー、たまらない。本能を感じる最高のぜいたく!

 

しかしそんな自分を、「赤だし」のいい苦みがおさえてくれた。

 

 

黒い大きな器に入った「赤だし」が、“当店自慢のソースも試さなければいけないよ”と自分をさとしてくれた。

 

確かにと、3つ目の「かき」にカラシを少し付ける。

 

テーブルにある自慢のソースをひとすくい。片寄りなく「かき」にかける。

 

そして、ひと口かぶり。

 

おー、この組み合わせもいいじゃないか。

 

さすが老舗とんかつ店の自慢のソースだ。

 

3つの「かき」もすぐに完食!

 

さあ、「かき」はあとひとつ。

 

再び「赤だし」で冷静さを取り戻し、口をふき、お茶を飲み、漬物も味わいながら、白米を上品にいただく。

 

そして深呼吸。

 

最後、4つめの「かき」を、どちらでいくか。「お手製タルタル」か「自慢のソース」か?

 

やはり、エンディングは「お手製タルタル」で飾るしかない!

 

残っている「タルタル」を、最後の「かき」に全部かけ、再び超大口でがぶり!

 

ふぉっふぉっー、「かき」がすごいのか、「タルタル」がすごいのか。

 

これだけの「タルタル」をかけでも、「かき」のジューシーさはまったく変わらない。 

 

いやー、実に素晴らしかった。

 

老舗とんかつ店の逸品、「産地直送かきフライ定食」を思う存分に堪能させてもらった。

 

大満足!ごちそうさまでした! 

 

 【かつ良】 

 世田谷区北沢2-3-12 下北沢駅徒歩5分 

 03-3412-5990 

 11:30-15:00・17:00-22:30  月曜定休 

(注)最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

 

Follow me!