【広島風お好み焼きHIROKI】鉄板お好み焼きで、ガッツリ「孤独のグルメ」!! お見事コテさばきの動画付き!!

取引先で広島土産の「もみじまんじゅう」をいただきなから社長と談笑中。(へぇー、「もみじまんじゅう」って、「あん」だけだと思ってたけど、クリームやチョコ、そして瀬戸内レモン味まであるんだー。)  

 

木村:これ、うまいですね。 

 

社長:そうだろ。広島に行った時は必ず買ってくるんだよ。木村君も甘いのが好きでよかった。 

 

木村:はい。好き嫌いがないのだけが私の取りえですから。それと広島と言えば、あの、麺が入ったお好み焼きもいいですよね。食べました? 

 

社長:もちろん食べたよ。 

 

木村:広島のお好み焼き屋さんって、「〇〇ちゃん」という店名の店が多いんですよね。 

 

社長:そうそう、この間は「みっちゃん」に行ってきたよ。

 

木村:へぇー、いいですねー。「みっちゃん」って有名ですよね。シモキタには広島のお好み焼きのお店って、あるんですか? 

 

社長:あるよ。ヒロキ」。行ってみたら。前、「孤独のグルメ」にも出てたよ。 

 

その日、帰宅して早速、Amazon Prime で、「孤独のグルメ」を観る。

 

シーズン1、確かに下北沢のHIROKIだ。よし、明日行ってみよう! 

 

翌日、開店5分前にお店に到着。

 

 

店の前には開店待ちの、子供連れのママさんとおばあゃんの家族連れ3人組。

 

その次に並ぶ。その直後、6人組のヨーロッパ系観光客(イタリア人?)が自分の後に並ぶ。

 

11:30am、提灯に電気がつけられ、入店。

 

おおっ、まさに昨日「孤独のグルメ」で観た映像だ。

 

奥には大きな鉄板とそれを囲むコの字型のカウンター。そして手前にはテーブル席。

 

家族連れと自分はカウンター席に、観光客6人組はテーブル席に案内された。 

 

昨日「孤独のグルメ」を観てから、明日は絶対カウンター!と思っていたので大満足。

 

着席して顔を上げると、目の前には大きな鉄板。そしてコテをカチャカチャやっている店員さん。

 

おぉー、まさに臨場感あふれるアリーナ席じゃないか! 

 

そして店員さんからメニューが渡される。

 

 

 

どれもうまそう。

 

どれにしようか目移りしていると、となりの家族連れはすぐさま料理を決め、即注文。

 

早っ。常連さんか?自分もモタモタやってられない。

 

外国人観光客は異国の料理を、あれこれ楽しみながら悩むのは仕方がない。となると店員さんの目はこちらに向くだろう。

 

ご迷惑をかけるわけにはいかない。

 

速攻で、麺入りお好み焼き「イカ・エビ・イカ天」( 1,600円)を注文。ふー。 

 

かし「ふー」もつかの間。店員さんが「お飲み物はどうされます?」と。

 

飲み物?

 

そうか。実は今日の午後は、個人的な用があり会社は午後休をとっている。

 

いつものランチならアルコールはNGだが、今日の午後、仕事はない!

 

こんな臨場感たっぷりのアリーナ席で、ソースたっぷりのお好み焼きが来る!

 

であれば「ビール」がなければ失礼じゃないか。

 

「生ビールお願いします!」。 

 

よし、これで注文完了。これから楽しみにしていた魅惑のお宝ショーが目の前で始まる!

 

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

 

軽快なコテさばきのもと、まず、海鮮の焼きから始まったー!

 

そして、そのとなりで生地がうすく、まるく広げられる。まるでコンパスで描いた円のようだー。

 

そして、その上にキャベツ。そしてまたキャーベツ。(えー、そんなにー?)

 

さらに、そのキャベツの山に豚肉をのせたー。

 

そして、その「山」をどうするー。おー、持ち上げたー。

 

そしてー、鉄板の上で一気にひっくり返す!(お見事!拍手!)

 

そして、別のエリアで、そばを焼き始めたぞー。

 

現在、鉄板の上は、「海鮮」、「お好み焼き」、「焼きそば」。

 

まさに「3拠点同時中継」だー!

 

そしてまた新たな動きだぞー。

 

今度は「お好み焼き」を持ち上げたー。

 

そして、それを「焼きそば」の上に!

 

まさしく「焼きそば」と「お好み焼き」の合体だー。(おー、お見事、また拍手!)

 

さらに玉子を取り出し、割って、まるく広げたー。(4拠点か、この後どうするんだ?)

 

おー、「お好み焼き」+「焼きそば」を持ち上げたー、

 

そしてそれを玉子の上にー!(そういうことか。お見事!またまた拍手!)

 

そして上から特製ソースをぬる、ぬる、たっぷりぬる!青のりも豪快にふりかけたー。(うー、たまらん!)

 

どうやら、「海鮮」たちもウォーミングアップが終わったらしいぞー。

 

みんな続々と、「お好み焼き」+「焼きそば」のリングの上に登ってきたー!

 

これで「お好み焼き」+「焼きそば」+「海鮮」の完成だぁー!!

 

 

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

 

そして紅しょうがとネギがトッピングされ、店員さんの手もとから私の手もとに、「お宝」が鉄板の上をすべるように移動する。

 

最後、店員さんの決め台詞、

 

「どうぞ!」

 

来た、来た、来た!見事な「お宝」!

 

一番下には焼きそば、その上のふんだんな野菜とカリカリ豚肉がのり、そして頂点にはぷりっぷりっの海鮮たちがのる。

 

まさに「食の展覧会」じゃないか! 

 

さあ、視覚と聴覚中心のショーを十分堪能した後、これからは味覚、嗅覚、触覚中心のショーの始まりだ。

 

では、まず手元に置かれた小さいコテでお好み焼きを半分に。

 

おおっ、重厚感がいい。そしてまた半分に。カタチをくずさないように慎重かつ大胆に4分割。

 

鉄板の上で熱されたソースのかおりがたまらない。

 

このままコテを使っていただいてしまいたいが、広島人ではない自分には、残念ながらそのテクはない。

 

安全策で4分の1ピースをお皿にとり、さあいただこう! 

 

うっうっまっ!!

 

鉄板からあげたばかりのお好み焼きって、なんでこんなにうまいのだろう。

 

はっふはふ言いながら、1/4ピースをすぐに完食。

 

そして次の1/4ピースへ。

 

ぷりっぷりっ、あっつあつの海鮮たちもすごくいい。大ぶりなので歯ごたえも十分だ。

 

うー、止まらない。

 

ビールとのマッチングもカンペキだ!

 

「お宝」を構成する「お好み焼き」、「焼きそば」、「海鮮焼き」は単品でもビールにベストマッチ。

 

それがひとつなってかかって来ているのだから、ひとたまりもない。

 

そして3つ目の1/4ピースもすぐに完食。

 

とうとうラストの1/4ピースだけになってしまった。

 

しかし五感のすべてを使い、これだけ楽しませてもらったのだから未練はない。

 

最後の1/4ピースも一気にいただき完食!大満足! 

そして「ごちそうさま!」と言って席を立とうとした時、外国人観光客の後に入店した男性のもとに「お宝」が登場した。

 

んっ、何だあれ!?

 

青々しい大量の刻みネギがこれでもかとばかりに盛らている。

 

席を立つのをやめ、店員さんにメニューをもう一度見せてもらう。

 

 

 

「広島ネギとゆずポン酢の、瀬戸内海のタコの海鮮鉄板焼き(1,100円)」のようだ。

 

そうか、あの大量の広島ネギの下に、瀬戸内のタコたちかくれているのか。

 

男性はビールと一緒にそれをうまそうにいっている。

 

「広島ネギ」「瀬戸内のタコ」という言葉だけでもたまらない。さらに実物をこんな至近距離で見せられたら、もうガマンはできない。

 

「すみませーん!あちらと同じの、お願いします。それと、生ビールをもうひとつ!」。 

 

 

 

 

大ぶりにカットされた瀬戸内のタコはプリップリ。広島ネギもシャッキシャキ。本来であれば、先に海鮮焼き、後にお好み焼きが定石。

 

今日は順番が逆になってしまったが、「うまい」と「まいうー」のぐらいの差であろう。

 

うまいものは、うまい!それでいいじゃないかと思いながら、2杯目のビールも飲み干し、2品目を完食!ごちそうさまでした!

 

ちょっと豪勢なランチになってしまったが、超満腹、超大満足でお店を後にした。 

 

【広島風お好み焼き HIROKI】

 世田谷区北沢2-14-4  下北沢徒歩4分 

 03-3412-3908    11:30~21:30 

(注)最新情報はお店にご確認ください。

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

 

 

 

Follow me!