【いかセンター】新宿で「いか」を釣って、その場で「いか刺し」に!この楽しさ、新鮮さは、まるで「函館の朝市」! 《いか釣り動画付き》

弁護士の先生の代役で、学生バイトさん二人飲みに連れていくことになった

昼間、先生から「すみませんね。成人祝いに、おいしい『いか』で一杯やろうと約束したのですが、急用が入ってしまって。事務所からすぐの『いかセンター』を予約しています。お好きなものを注文してください。」と。

う~ん、ラッキーな代役じゃないか 

いったんシモキタの会社に戻り、夕方再び新宿に向かう。新宿まで小田急で10分もかからない。

小田急は、シモキタに着任するまであまり利用する機会がなかったが、東に行くと都庁も擁する「スーパーメガシティ」の新宿。そして西に行けば「日本の名湯」の箱根。大したものだ。

【うまログ/湯本富士屋ホテル】伝統100年の「ビーフカレー」!名物「ワカサギ料理」も!

 

 

 

そんなことを考え歩いていると「いかセンター 新宿総本店」に到着した。

ここに来たのは2回目だ。初めてここに来たのは、確か10年近く前だったろう。

当時は今ほど有名ではなかったので、雑居ビルの4Fにある当店に入るのを一瞬ちゅうちょした。

しかし入店すると、店内は明るくなごやかな雰囲気で、最後は、新鮮な「いか」に大満足してお店を出て来た覚えがある

その後、各地に「いかセンター」の支店ができた。楽坂店や神保町店などによくお世話になっている

先生も「いかセンター」をご利用されているのだろうか。確か先生は、北海道の函館のご出身だ。

函館と言えば「いか」の本場。「いかセンター」のうまさ、新鮮さは、本場函館出身の先生も認めるということなのだろうか。

などと考えていると、学生バイトさんの二人が来た。では、入店しよう。

木村先生には、食べたいものを注文していいと言われているから、好きなものを注文しようね。 

学生:はーい!ありがとうございます! 

木村でも君たちも、もう成人。後がこわいから、大人の対応。常識の範囲内でね(笑) 

学生はーい、おいしい『いか』が食べられれば大満足なので、注文とかは木村さんにおまかせしまーす 

いい学生バイトさんたちじゃないか。先生も幸せものだ。 

そしてメニューを見る。

「いか刺し」の前に、まずは刺身の盛り合わせからいくかよし「極盛り(2,480円)」にしよう

それと、店員さんおすすめする太刀魚の塩焼き(900円)」生ビールも注文 

【うまログ スマート北海道展】

「北の大地」のクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

先に届いたビールで乾杯!しばらくすると「極盛り」が登場!

学生さん達の目も輝く。イマイチ話盛り上がらなかったところだったので、ありがたい「宝石箱」だ。 

木村:さあ、好きなだけ、食べて 

学生い、いただきまーす! 

うまいものはコニューケーションをつくってくれる。そして援軍の「太刀魚」も登場。 

 はしも進み、ビールも進み、だんだんと打ち解けて来た。よし、ここでジョークのひとつでも言っておこう 

木村でも食べて、なくなったらどうよう 

学生えっ?一瞬はしが止まり、沈黙 

木村「おかわり!」でしょ。 

学生(爆 

木村遠慮しないでどんどん食べて、どんどん「おかわり!」してね。今日は「僕のおごり」「先生の払い」だから 

学生(再び、爆 

笑い場がなごみ、会話がはずむ。うーん、自分は学生さんの相手に向いているのだろうか。次の異動先の希望は、人事部の採用課にしておこう 

よし、そろそろ真打ち「いか刺し」を注文活イカは、大4,800円、中3,800円か。今日はもちろん「大」だな。店員さんを呼ぶ 

すると店員さんは、「釣りますか?」 

んっ?なんだそれ? 

店員さんが言うには、いけすで泳いでいる「いか」釣れるらしい

そして、釣った「いか」は、すぐにさばいて「おさしみ」にしてくれるらしい。 

10年前に来た時、んなシステムはなかったぞ。今でも神保町店とかでやったことはないぞ。

いけすのイカ釣るまるで「函館の朝市」じゃないか!? 

【うまログ スマート北海道展】

海産物コーナー(うに・かに・いくらなど)はこちらから!

 

 

横を見ると、学生さんのお二人釣る気まんまん。すぐに「はい、釣ります。お願いします。釣り竿は2本で。店員さんに告げる 

店員さんからふたりに、釣り竿と雨ガッパが手渡され 

んっ? ガッパ 

そうか、思い出した。函館の朝市、いけすの「いか」を釣り上げた時、思いっきり海水をかけられたことがあった。う~ん、確かに雨ガッパは必要だ。 

おっ、準備ができたようだ。それでは「いか釣り」に出発だ!  

 

 

おぉー、釣れた!本当に釣れた!  

テンション高く盛り上がり、いか釣り終了!まるで「漁」が終わった後のよう連帯意識まで芽生えて来た。

【うまログ スマート北海道展】

「いかめし」「いかしゅうまい」はこちらから!

 

 

席に戻り談笑していると、さきほど釣った「いか」が、お刺身になって再登場! 

 おー、動いている。

函館の朝市で食べた、透き通った「いか」!あの「いか」と同じ、まさしく鮮度バツグン! さらに盛り上がる。

おっ、そうだ。若い学生さんには揚げ物だ。「イカリングフライ(1,480円)」もいっておこう

それとフライにはさっぱり系が付きもの。ネーミングがおもしろい「丸かじりセロリ(200円)」も人数分注文。 

超新鮮な「いか」に舌つづみを打っていると、「丸かじりセロリ」が登場した

 んっ、まるで「生け花教室」??

セロリ好きの自分はいいが…。

あれ!?、学生ふたり、喜んでガブリとやっている。結果オーライ。いいじゃないか、ワイルドセロリ!

そして「イカリングフライ」も登場! 

その後注文した「ふぐの白子焼き(980円)」「キス天(580円)」など続々登場した 

 よし、そろそろエンディング最後「いかめし(980円)」で〆よう!これも人数分注文

 

いやー、超新鮮でうまい「いか」だった。しかも先生の「おごり」だったから、なおさらうまい!

学生さんたち喜んでもらえて、「おいしい」代役は、無事終了。

そして学生さんと別れた自分「ゴールデン街」に向かう。

いや、怪しい(?)目的ではない。〆のラーメン、凪(なぎ)の「すごい煮干しラーメン」をいただきに行く!  

【うまログ/ゴールデン街 凪】この「すごい煮干し」がたまらない、止められない、やめられない!

 

 

 

【うまログ スマート北海道展】

ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

【うまログ スマート北海道展】

 

 

 【いかセンター 新宿総本店】 

 新宿区西新宿7-10-13 4F・5F 

 新宿駅から徒歩4分 

 03-3366-2600 

 月~土 17:30-23:00 

 日・祝 15:00-22:30 

※最新情報はお店に確認ください。 

【うまログ バックナンバーはこちら】