【末廣ラーメン本舗 高田馬場分店】「黒いチャーハン」と「黒いラーメン」!魅惑のオールブラックス!

高田馬場の取引先まわりが終わった。早稲田通りを歩いていると、いい感じのノスタルジックなラーメン店がある。

 

 

近づいてみると、のれんに「贈 新福菜館本店」の文字

 

 

新福菜館?麻布十番にある黒いラーメン」「黒いチャーハン」あの「京都ラーメン」のお店か?

 

馬場でも、あの「オールブラックス」が食べられるということか!?よし、今日の昼メシはここにしてみよう!

 

右から左に戸をあけ入店する。店内はカウンター席のみ。結構混んでいる。入ってすぐのところに券売機がある 

 

 

「中華そば」「並」「大」「特大」と並ぶが、値段はみな同じで800円だ。

 

そしてその下に「中華そば」+「ヤキメシ1/2」「中華そばセット」

 

こちらも「並」「大」「特大」と並び、こちらもどれも1,150円!うーん、良心的な価格設定。馬場らしい!

 

その時、ふと壁の「末廣そばについて」と書かれた、立派な店内看板が目に入った。

 

 

読んでみると「京都の新福菜館がルーツでございます」と最初に書かれている。

 

よっしゃ!「黒いラーメン&黒いチャーハン」がいただけそうだ。

 

であれば「セット」にしよう!と「中華そばセット」のボタンを押して着席する。

 

「お宝」を待つ間、壁の看板の続きを読む。

 

続きには「…雪国である『みちのく』の人々に合うようにと改良に取り組み、京都とは一寸違う現在の『末廣中華そば』が出来上がりました。」とある。

 

おー「みちのく」か。いい響きだ!

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

新福菜館系、みちのくバージョン!

 

益々楽しみになってきた!

 

んっ、ちょっと待てよ。「新福菜館」は京都ラーメン。

 

だから京野菜の「九条ねぎ」がトッピングされ、ブラックスープと美しいコントラストを作っていた。

 

 

 

しかし今待っている「お宝」は、「みちのく」バージョン。京野菜の「九条ねぎ」はトッピングされていないかもしれない。

 

そう言えば「新福菜館」の券売機にある「九条ねぎ大盛り」というボタンは、ここの券売機にはなかった。

 

となると「黒いラーメン」と「黒いチャーハン」のセットはどうなる?

 

ジブリの古典「まっくろくろすけ」になってしまうかもしれない??

 

う~ん、ここはプロアクティブに対応しよう。

 

色合い、ビジュアル面を考慮して「たまご」付けておこう

 

再び券売機に行き、「たまご」の食券を追加購入。店員さんに渡す

 

 

よし、これで準備OKだ!早く出て来い、みちのくバージョン!

 

5分ほどすると、先に「ヤキメシ」が登場した 

 

 

おー、黒いチャーハンやはり、新福菜館系だ。 

 

そして追加購入した「たまご」はチャーハンの頂上に陣取り、ブラックチャーハンとの美しいコントラストを構成している。

 

いいビジュアルだ!「みちのく」バージョン、いいじゃないか!

 

では、いただこう。まずはブラックチャーハン。ぱくり。 

 

 

おー、うまい!やや濃いめだが、さっぱりとした醤油ベースのいい味付けだ 

 

そして「たまご」をくずしていただいてみる。 ぱくり。

 

 

おぉー、マイルド~、「やや濃いめ」でなくなって、ちょうどいい!さらに、うまい!

 

ビジュアルだけではなく、味わいでも、玉子の追加購入は正解我ながら見事な選択だ! 

 

おっ「中華そば」も来た

 

しかしここで自分のウカツさに気付いた。見事な選択!と浮かれている場合ではない。

 

「たまご」の食券を1枚しか買っていない。

 

そのひとつをチャーハンに使ってしまったので、ラーメンの方は「まっくろくろすけ」だ。

 

 

トッピングは、若干のねぎはあるが、基本チャーシューのみ。ゆえに「黒さ」が際立っている。

 

しかし何故なんだろう。「黒」というのは、秘密めいた魅力を感じる色だ。

 

決して悪いことをしている訳ではないが、ほんの少しの後ろめたさも感じさせる。

 

その「チョイ悪」な魅力が潜在的な欲望や、食欲を刺激してくる。

 

まさに「魔性の色」だ。

 

お寿司やお刺身に付ける醤油もそう、とんかつにかけるソースそう。

 

ファンが絶えない、神保町の老舗定食店「キッチン南海」「カツカレー」も黒い!

 

さらに、いつもカブ飲みしているコーラも、みんな「まっくろくろすけ」魔性の「黒」だ。

 

その証拠に、今の自分の右手はすでにレンゲを持っている。そして、それをスープにのばそうとしている。

 

しかし、スープ表面に薄く脂がはられているので、あっつ、あっつだ。 

 

前のめりの自分をとどまらせて、ふぅー。

 

少しだけさましてから、ひとくちすすっ。 

 

 

おおっー、うまい!

 

豚骨?牛骨?動物系のまったりとした出汁が、やや濃いめの醤油スープと絶妙にマッチング!

 

後味もいい、とても飲みやすいスープだ! 

 

よし、ストレート系のもいただいてみよう 

 

 

すすっ。 

 

加水少なめの麺だから、スープがよく絡んでうまい 麺の太さも細すぎず、太過ぎずちょうどいい。

 

薄くスライスされ、丼全体に散りばめられているチャーシューはどうだ? ぱくっ。

 

 

う~ん、いい味付けだ! 

 

んー、やはり「黒」はいいものだ!と思った瞬間隣の男性が動いた!!

 

カウンターにある「白ねぎ」をトングでわしづかみにして、それを一気にラーメンに大量投入した!

 

 

着席した時から、気になっていた。カウンターの上に置いてある、ラーメンの丼に山盛りにされた「白ねぎ」は何なのかと 

 

そして今確信した。やはり、この「ねぎ」は「盛り放題」いつも行く小諸そば」と同じシステム 

 

 

違うのは、ポリューム。こちらの「ねぎ」はラーメンの丼に山盛り!ワイルド!

 

では遠慮なく!と自分もトングで「白ねぎ」つかみ、ドバっと投入する 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

うーん、気持ちがいい。「衝動買い」をした時のような爽快感に近い。

 

ドバっと投入された「白ねぎ」は、ブラックスープの上でよく「映え」ている

 

「まっくろくろすけ」はどこかに行ってしまったようだ。

 

今ここにあるのはブラック&ホワイト、見事なコントラストだけだ!

 

では改めて「ブラックラーメン」を「白ねぎ」と一緒にいただいてみよう!すすすっ。 

 

おぉー、やや濃いめだったスープはさっぱり系の味わいに変わり、これまたうまい! 

 

「九条ねぎ」の京都ラーメンにひけをとらない、みちのくバージョンの「ブラックラーメン」だ! 

 

いやー「みちのく」バージョン、いいじゃないか!

 

オールブラックス、うまかったー!ごちそうさまでした 

 

【うまログ スマート北海道展 ご当地丼コーナー】豚丼・いかめし・わさび丼・さんま丼などのご当地丼や、北海道限定どん兵衛、マルちゃん焼きそば弁当などはこちらから!

 

 

 

 

【末廣ラーメン本舗 高田馬場分店】 

 新宿区高田馬場2-8-3 

 03-3200-2885  11:00-27:00 

 

※最新情報はお店に確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!