【日光金谷ホテル クラフトグリル】新宿で名門クラシックホテルの「伝統100年カレー」をいただく!

18:00過ぎ、仕事が終わって、新宿三丁目を歩いている“BEAMS JAPAN”の赤い看板。 

 

 

その下を見ると“NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL

 

 

おおっ、名門クラシカルホテル、日光金谷ホテルのお店だ!

 

ということは、あの有名な100年の伝統カレー」

 

日光まで行かず、新宿でいただくことができるということか!

 

この間、箱根の富士屋ホテルの「伝統100年カレー」を、箱根まで行っていただいた(→うまログ第22話)ばかり。 

 

名門ホテルの「伝統100年カレー」は、現地まで行かなければ、ありつけないと思っていた。

 

よし、今日の晩メシ、いやディナー「日光金谷ホテル、伝統の百年カレー@新宿にしよう! 

 

階段を降り「チェックイン」する 

 

 

身なりのいいウエイターさん席まで案内 

 

 

着席して、早速「百年カレー(1,800円)を注文する。

 

するライスはいかがいたしましょう?」と。

 

ライスは「レーズンバターライス」「刻み漬けライス」「雑穀米」「ライス」からの選択のようだ。 

 

さすが名門ホテル。多彩な選択肢を用意している。 

 

一番人気はどれですか?と聞くと

 

「お客さまのお好み次第ですが『レーズンバターライス』が一番人気です」と。 

 

では、それお願いします。」

 

いつもと違った上品なやりとりに軽い緊張感を覚えたが、ふー、これでオーダー完了だ!

 

と思っていると、ウエイターさんはお飲み物はいかがされますか?と。 

 

んっ?そう油断した。ここは“CRAFT GRILL”「クラフトビール」も注文せねば 

 

 

メニューを見て「COEDO 瑠璃/ピルスナー」をオーダーする 

 

ふー、これで本当にオーダー完了だ。 

 

するとすぐに「お通し」、いや、Service charge、 Appetizer の登場だ。

 

 

ウエイターさんに聞くと、お皿部分は「大谷石」、外枠は「日光杉で作られた器らしい

 

う~ん、確かに、見るからに高そうな様相さすが日光金谷ホテルだ 

 

洒落た店内を眺め、高そうな器のサラダとクラトビールを楽しみながら「お宝」を待つ 

 

 

しばらくすると「お宝」登場した 

 

 

おー、「伝統の百年カレー待ってました 

 

カレーポットに入ったカレー、レーズンがのったライス!

 

 

さらにライスのとなりに二つのミディアムレア!

 

牛フィレのフリット」

 

いかにもうまそうじゃないか。

 

ウェイターさんに聞いてみると、「牛フィレのフリット」は、新宿当店のオリジナル

 

本家日光の百年カレーはビーフがカレーの中に入る、「ビーフイン」タイプとのことだ 

 

そうか。本家は、箱根富士屋ホテルの「伝統100年カレーと同じ「ビーフイン」タイプ 

 

両者とも、100年前られ始めたカレー

 

当時の最先端「ビーフイン」を今に引き継いでいるのだろう 

 

ということは金谷ホテル。

 

今度は「ビーフアウト」、「新たなカレーを生み出そうとしているだろう うーん?

 

しかし、そんなことはどうでもいい。

 

ホテルの企画担当者でなければわからなし、余計なお世話だ。

 

客の自分は、いただいただくのみうまければ、それでいい! 

 

日光金谷ホテル伝統の「百年カレー」(新宿バージョン)、早くいただこう! 

 

カレーポットのカレーを軽くまぜてみる。

 

カレーの中には、いわゆる「具」らしきものは見当たらない。

 

カタチがなくなるまで、じっくり煮込んでいるから、「うまみ」としてカレーにとけ込んでいるのだろう。

 

それでは!

 

カレーポットを持ち、一番人気レーズンバターライスの上に、伝統の「百年カレー」を遠慮なくかけおー!

 

 

そして、パクりっ! 

 

 

うーん、さすが名門ホテルのカレー!とても上品なスパイス感、コクもあってうまい! 

 

レーズンのほのかな甘みがスパイシーな味わいによく合う。

 

バターライスも味に深み、見事なコンビネーションだ!

 

よし「フリット」もいただいてみようパクりっ! 

 

 

おー、ジューシー!

 

肉質がいいのはもちろんだが、揚げ具合も絶妙だ! 

 

よし、付け合わせいただいてみよう

 

 

付け合わせは、らっきょう福神漬けの2種類。

 

らっきょうは味わいの醤油漬けだ。パクリっ!

 

おー、いい味付け、いい食感!

 

福神漬けもぱりぱり感があって、新鮮味!

 

付け合わせも、いいものを使っているじゃないか。

 

さすが、名門、百年カレー! 

 

そしてクラフトビールも飲み干し、伝統の「百年カレー」を完食! 

 

ごちそうさまでしたー 

 

***《後日談》***

 

翌週、新宿の取引先まわりが終わり、ちょうどお昼時 

 

今日のランチは何にしよう、と歩いていると、「クラフトグリル」の前。 

 

見ると「百年カレー」の看板。おっ、ランチもやっているのか! 

 

 

先週味わったレーズンバターライス」「百年カレー」「牛フィレのフリット」「うまさの三重奏」脳裏によみがえる

 

値段はディナーと同じ1,800円か。名門ホテルだから、ランチ割引がなくても仕方がないだろう。

 

よし今日のランチは「百年カレー」アゲン!

 

階段を下りて「チェックイン」。

 

「百年カレー」「レーズンバターライス」で注文する。 

 

もう勝手がわかったので、素早いオーダー!しかし、今日は仕事中につき、クラフトビールはなし!(残念!)

 

そして、しばらくすると「スープ」「サラダ」が来た。 

 

 

んっ注文していないが…。 

 

ウエイターさんに聞くと、ランチには「スープ」と「サラダ」が付いていると。

 

おー、そうなのか。ラッキーじゃないか 

 

そして次に、お宝「百年カレー」が登場した!

 

 

待ってました!と見ると、んんっ、この間とちょっと違う 

 

ミデアムレア、あの「フリット」がない…。 

 

 

ウエイターさんに聞くと、ランチの百年カレーには「フリット」がつかないとのこと。 

 

「フリット」はディナーの百年カレーだけとのことだ。がーん。

 

でも、スープとサラダが付いているから、プラスマイナス、ゼロ。

 

カレーは同じ百年カレー。うまさは変わらない。オッケーだ!

 

再び上品なスパイス感のカレーをいただき、お店を「チェックアウト」。 

 

そして店先の看板をもう一度見ると、確かにスープ、サラダ付と書かれているが、フリットのない写真 

 

 

夕方に見た、フリット付きの看板写真とは違っている。

 

 

ちゃんと見ないとだめだぞ!とウカつな自分に説教して、新宿駅へと向かった。 

 

【NIKKO KANAYA HOTEL GRILL】 

 新宿区新宿3-32-6

 03-6854-5695  新宿駅3分

 11:30-23:00 

 月~金は15:00-17:00休

※最新情報はお店に確認ください。 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter(X) でお知らせしています。

【日光金谷ホテル クラフトグリル】新宿で名門クラシックホテルの「伝統100年カレー」をいただく!” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。