【つじ田 味噌の章】最高の味噌ラー、ここにあり!いただきました、つじ田の「味噌らーめん」!

神田淡路町。

 

近所の取引先に、是非!とおすすめされた味噌ラーメンのお店に行く。

 

つけ麺で有名な「つじ田」の、味噌ラーメン専門店のらしい!

 

おっ、ここだ!

 

 

看板には「味噌の章」、間違いない。

 

 

外に設置された券売機の前に立つ。

 

 

いろいろなメニューボタン。

 

どれにしたらいいのだろうかと迷っていると、フロア担当の店員さんが出てきて説明をしてくれた。

 

さすが人気店。はじめて来るお客さんも多いから、慣れているのだろう。

 

とてもわかりやすい説明だ。のみこみの悪い私でも十分理解できた。

 

要約すると、当店の味噌ラーメンは「味噌らーめん」「辛味噌らーめん」

 

そしてそれぞれに、より濃厚な「バリ味噌らーめん」がある。

 

 

それなので、

 

①味噌らーめん

②バリ味噌らーめん

③辛味噌らーめん

④辛バリ味噌らーめん

 

この4種類が基本メニュー、ということだ。

 

そしてこれに味玉をのせた「味玉入り」。さらに、白いごはんも付けた「特製セット」があるので、4+4+4で合計12種類

 

券売機に貼られたメニューともピタリ一致している。

 

 

よし、理解したぞ!それでは、注文を決めよう!

 

まずは「味噌」「辛味噌」か。そして「バリ」にするか、しないかだ。

 

辛いもの好きとしては、辛系の「辛味噌」。そして味噌好きとしては、濃厚な「バリ」といきたいところ。

 

となると「辛バリ味噌」か。

 

いやいや今日ははじめての訪問。まずはスタンダードな「味噌」をいただこう。

 

そして次に決めるのは、基本メニュー、味玉入り、特製セットのいずれにするか。

 

これは迷わず、味玉白いごはんが付いた「特製セット」

 

味玉は大好物につき、個人的に必須。

 

そして取引先から「最後にスープにごはんを入れて、ぞうすいも味わって!」と言われているから、白いごはんも必須だ。

 

よし、決まった!

 

再び券売機。

 

一番上の一番左の「特製味噌らーめんセット(1,020円)」のボタンを押す。

 

 

そして食券を取り出し、顔をあげると再び券売機に貼れたメニューが目に入った。

 

 

おっ、ゆで加減油の量も指定できるのか。

 

ゆで加減は、かため、普通、やわらかめ。油は、多め、普通、少なめか。

 

はじめての訪問。こちらも、スタンダードに「普通」「普通」にしておこう。

 

そして入店する。店内はL字型のカウンター席で、10席ほどだ。

 

こちらへ、どうぞー!と案内された席につく。

 

食券を店員さんに渡して、無事オーダー完了!

 

 

用意してもらったお水を飲み、しばしのウェイティング。

 

【うまログ スマート北海道展】札幌、函館、旭川ラーメンなど、北海道のおすすめラーメンを取り揃えました!

 

 

 

 

ふと前を見ると、トッピングメニュー。

 

 

味玉100円白ごはん150円か。

 

んっ。「味噌らーめん」が820円。味玉と白ごはんを付けると、820+100+150=1,070円。

 

「特製セット」は1,020円だから、単品注文よりも50円トクということだ。うれしいじゃないか!

 

さらに左下のメッセージを見ると、

 

 

当店のらーめんは全て、山椒が入っております。

 

おー、山椒

 

ピリリとした山椒は、まろやかな味噌に合いそうだ!

 

ますます楽しみになってきた。

 

さらなるうれしさと、ますますの楽しみも加わり、るんるん気分。

 

手際のいい「仕事ぶり」を拝見しながら、笑顔で「お宝」を待つ。

 

 

そして10分ほどで「お宝」が登場!

 

 

おっ、やさしさ感じるホワイトブラウンスープ!

 

そしてその上には、インパクトのあるトッピングがずらりと!

 

大きなチャーシューが2枚、丼ぶり半分ぐらいにドーンと横たわる。

 

さらに真ん中には、こま切れチャーシューがこんもりと。

 

パカリと割られたたまごは、半熟とろ~り!今にも黄身があふれ出しそうだ。

 

キクラゲにも見える、ブラックメンマがユニーク。めったにない色合いだ。

 

そして向こう側にはグリーンの刻みネギと、ダークブラウンの山椒

 

その間からは、黄色いたまご麺がちょこっと顔を出す。

 

さらにスープの中に半分サブマリン、モヤシ玉ねぎ

 

味噌ラーの王道、モヤシ玉ねぎ挽肉野菜炒めが入っているのだろう。

 

う~ん、久しぶりに出会えた、フルスペックの頼もしい一杯だ!

 

いかにも、うまそう!どう見ても、うまそう!

 

早く、いただこう!

 

 

まずは、キラリと光る薄い油が表面をおおうスープから。

 

レンゲですくう。

 

 

白味噌ベースのホワイトブラウンの色合いは、間近で見るとさらに美しい。

 

そしてひと口、すすっ!

 

おおっ、アッツ、アッツぅ~!

 

そしてその直後、

 

うわわぁー、うまっ!メチャメチャうまいっ!

 

アツアツの直後に、口いっぱいに広がるうまさ!そのうまさに驚く。

 

白味噌ならではの旨みを残しながらも、白味噌特有の甘ったるさはない。

 

それよりも、さまざまな出汁素材を巧みにブレンドした奥深い味わいが、思いっきり全面に出ているスープだ。

 

豚骨のまろやかさ、鶏ガラの軽やかな広がり、魚介のシャープなエッジ、しっくりとした野菜のコク。

 

これらすべてが巧みにブレンドされた唯一無二の味わい!

 

う~ん、きわめて完成度の高いスープだ。今まで味わった白味噌系でトップレベルだろう。

 

おおっ、うまさへの条件反射か。すでに右手がレンゲで、ふた口めをすくっている。

 

そしてそれをそのまま、すすっ!

 

Oh~、エクセレント!

 

う~ん、止まらなくなりそうだ。

 

でも、ダメダメ!

 

取引先から「最後は、ごはんをスープに入れて、ぞうすいで!」と言われていた。

 

スープは温存。最後に白いごはんと一緒にいただかねばと、ごはんを見る。

 

すると白いごはんが、黄金の輝き。まぶしく見えてくる。

 

 

いやいや、これも今はダメダメ、温存と思ったが、右手は言うことを聞いていなかった。

 

「禁断の果実」、ごはんをひと口パクリ!

 

 

うっひゃー、たまらない!

 

これぞニッポンの味の原点。味噌白いごはんは、サイコーの組み合わせ!

 

よし、ニッポン人としての本能的な欲求を満たしたところで、をいただこう!

 

 

おっ、味噌ラーの王道!黄色いたまご麺中太ちぢれ麺がうれしい!すすっ!

 

うまいっ!

 

適度なハリとコシ!そして、このぷるるん感がたまらない!

 

アツアツのゴク旨スープにもよくからんでくれる!

 

サイコーじゃないか!と顔を上げると、説明書き。

 

 

「北海道直送のちぢれ麺」

 

おー、この麺は、味噌ラーの本場からの直送か!

 

そんな情報まで入ってしまうと、箸がとまらなくなる。

 

麺をどんどんすくって、どんどんすする!。

 

 

おっ、生姜のいい風味!刻み生姜も入っているようだ。

 

これもまた、味噌ラーの王道!すばらしい!

 

おっと、盛りだくさんのトッピングも一緒に楽しまねば!

 

まずは、チャーシュー

 

 

デカっ!大きさ、厚さ、重量感にニンマリしながら、ぱくりっ!

 

うわぁ~、やわらかぁ~!

 

アツアツスープで、脂がいい感じでゆるんで、トロっトロ!とろけるぅぅ~!

 

そして、こんもり盛られたこま切れチャーシューもいただく。ぱくり。

 

 

おっ、盛られてアツアツスープに接していなかったから、シュッとしまった感じの肉々感!

 

そしてスープの中に半分隠れるモヤシたまねぎひき肉を引き出し、ばくり!

 

 

おー、シャキシャキ食感!

 

そして、ラードで炒めたのだろう。ラードとひき肉の旨みが合わさって、すごくいい味わいだ!

 

お楽しみの味たまも、いただこう!

 

 

うわぁー、トロトロの黄身がこぼれそう。ぱくりっ!

 

うま~い!まさにジューシーエッグ!

 

濃すぎない味付けだから、玉子そのものの味わいを楽しめる。

 

しかし、トロトロ味たまのせいで、再び「禁断の果実」が…

 

右手が箸をつかみ、箸がもうひとつのたまごをそっとつかむ。

 

そして、オンザライス

 

 

これをごはんと一緒に、ぱくりっ!

 

うっひゃー、たまらない!

 

とろとろ玉子白いごはん、これもまたニッポン人の本能的な欲求だろう。

 

興奮する自分を抑えるため、落ち着く「黒」の色合い、ブラックメンマをいただく。

 

 

黒光りするメンマは、めったに出会えない。

 

ありがたく、ぱくりっ。

 

おっ、味付けは濃くない、ほどよい感じだ。コリコリッとした食感もなかなかいい。

 

よし、落ち着いてきた。

 

さてお次は、これまためったにない「山椒」ワールドに進もう!

 

山椒がパラりとふられたエリアの麺をすくって、すすっ!

 

 

おっ、いい!ピリリとした山椒が、まろやかな味噌にメチャ合う!

 

こうなると、さらなる味変、味噌の七変化を楽しみたくなる。

 

柚子七味一味!唐辛子は味噌ラーの定番だ。

 

 

それぞれを軽くふって、麺をすすっ!すすっ!

 

う~ん、合う、合う、合う。七味も一味も、味噌に合う!

 

そしてもう1枚のチャーシューもしっかり楽しみながら、麺とトッピングを完食!

 

 

ふー、メチャメチャうまかった!

 

 

そして、よかった!スープ白いごはん、何とか温存できた。

 

でもよく考えたら、スープの温存は必要だったが、白いごはんおかわりをすれば済んだのかもしれない。

 

 

まあ、いい。結果オーライだ。

 

それにしてもこの白いごはん、大活躍だ!

 

最初はそのまま、次にとろとろ玉子と、最後はぞうすいで。

 

1度に3度おいしい!まるで、ごはんの「ひつまぶし」

 

と思いながら、白いごはんをスープにポトン!

 

 

さらにそこに、青のりをふりかける!

 

 

よし、〆のぞうすい、準備オッケーだ!

 

 

では、いただきます!

 

レンゲでごはんをほぐして、ぱくりっ!

 

うっまーい!

 

ゴク旨スープのぞうすいだから、うまいに決まっているが、メチャうまい!

 

薄い油でおおわれたスープは最後まで冷めないから、ぞうすいにピッタリだ!

 

そして青のりがふんわり磯の香りで、小気味いい!

 

さらに驚くことに、ごはんをすくったレンゲを見ると、完食したはずのトッピングたちが復活

 

こま切れチャーシュー、ひき肉、たまねぎ!

 

ごはんと一緒にレンゲの中にある。

 

まるで〆のぞうすいのために、スープの下で待機してくれていたかのようだ!

 

う~ん、これはまさに、ゴク旨スープの「チャーハンぞうすい」

 

リッチな気分で〆のぞうすいを楽しむ!

 

そして、ごはんも、スープも、トッピングもすべて完食!

 

 

ごちそうさまでしたー!

 

いやー、うまかったー!

 

さすが「つじ田」、味噌ラーもすばらし過ぎる!

 

【うまログ スマート北海道展】「白い恋人」をはじめ、北海道のおすすめスイーツを取り揃えました!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

【二代目 つじ田 味噌の章】

 千代田区神田小川町1-1

 03-6659-7676

 淡路町駅・小川町駅3分

 11:00-23:00

 土日祝は21:00まで

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ いろんなお取り寄せシリーズ」も是非ご覧ください!

 

【レンジでチン!のお取り寄せ①】銀座、日本橋の名店から「カツ丼」「あなご丼」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ②】沼津港から直送!アジ、サバ、金目鯛など、おいしい「干物」もレンジでオッケー!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ③】さわら、銀だら、金目鯛などなど!本場京都からおいしい「西京焼き」をお取り寄せ!

 

 

 

 

 

【レンジでチン!のお取り寄せ④】本場、大阪/千房、広島/みっちゃんのお好み焼き、大阪/会津屋のたこ焼き!551の豚まんも!

 

 

 

 

 

【元気の出るお取り寄せ!】コスパ最強の「うな丼」と名古屋の名店の「ひつまぶし」をご用意しました!

 

 

 

 

 

【うどんの王様、お取り寄せ!】日本三大うどん、もっちもっちの「讃岐うどん」!ぶっかけでいきますか!?

 

 

 

 

 

【人気もの、お取り寄せ!】人気のシュウマイ大集合!崎陽軒、横浜中華街の老舗店から、551豚まんセットまで!

 

 

 

 

 

【100年カレーをお取り寄せ!】箱根、日光の名門クラシックホテル、伝統のビーフカレーを自宅で楽しむ!

 

 

 

 

 

【エクササイズをお取り寄せ!】ビリー隊長、令和に復活!「入隊」で、運動不足解消、ストレス発散!

 

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!