【萬楽飯店】創業なんと明治45年!シンプルな具材と味付け!老舗町中華のチャーハン、おいしくいただきました!

表通りの靖国通りから一本裏の道。

 

小川町から神保町方面に歩いていると、1枚の看板

 

 

本格中華

萬楽飯店

創業明治45年

 

んっ!明治45年と言えば1912年。100年以上前だ!

 

矢印が示す方向を見ると、道をはさんで萬楽飯店

 

 

古びていない建物は、建て替えられたのだろう。

 

よし、今日のランチは、こちらで「町中華」をいただこう!

 

お店に入る。

 

奥に長い店内は、手前にテーブル席

 

 

そして奥の厨房の前に、カウンター席6、7席

 

 

カウンターは、1、2席開いているようだが、店員さんから「こちらへどうぞー」と言われてテーブル席につく。

 

 

フロアにいる3名ほどの女性店員は、みな明るく、愛想がよくて気持ちがいい。

 

気分よく、テーブルメニューを手に取る。

 

 

今日はごはんものをいただきたい気分だなあ、とメニューを見ると、一番上に定食メニュー

 

 

「B.肉野菜炒め定食(800円)」に心惹かれる。

 

しかし、今日はじめてのお店だ。

 

はじめてのお寿司屋さんで、基本の玉子焼きを頼むように、町中華の基本、チャーハンをいただこう!

 

 

店員さんを呼んで「チャーハン(700円)」を注文。

 

お水を飲みながら、しばし「お宝」を待つ。

 

 

厨房で大将が中華鍋をカンカンたたく音が、店内に響く。

 

そして、いい香りが漂い、鼻を抜けていく。

 

う~ん、町中華ないい感じ!

 

【うまログのお取り寄せ!】ご当地グルメ、Wでお取り寄せ!「新潟5大ラーメン」と新潟名物「タレかつ丼」!

 

 

 

 

 

ほんわか幸せ気分にひたっていると、5分ちょっとで「お宝」登場!

 

 

おー、食欲を誘う、絶妙にくずれたの盛り具合!

 

そしてシンプル具材に、黄色を主体とした色合い

 

まさしく私が求める「町中華のチャーハン」だ!

 

真っ赤な紅ショウガの彩りも、これまた食欲を刺激する!

 

よし、いただこう!

 

レンゲでひと口分のチャーハンをすくう。

 

 

う~ん、近くで見ると、ますますいい色合い!

 

玉子チャーシューねぎ

 

町中華なシンプル具材が、活き々々輝いている。パクりっ!

 

 

おー、うまい!

 

いい炊き加減いい炒め加減いい塩加減

 

パラパラしっとりの間ぐらいだろう。

 

ほどよく、塩胡椒のシンプルな味付けもいい!

 

おっと、チャーハンに夢中になって、スープをいただくのを忘れていた。

 

レンゲでスープをすくう。

 

 

褐色透明な色合い!そして表面を漂う刻みねぎ

 

町中華ど真ん中のスープを、すすっ

 

おー、味も町中華ど真ん中!

 

鶏ガラベースのいい味わい!

 

濃すぎない丁寧な味付けに、すごく好感が持てる!

 

そして、すかさずチャーハンをパクりっ!

 

う~ん、いい組み合わせ!

 

チャーハン⇔スープの反復運動を何度か繰り返す。

 

そして、今度は紅ショウガを乗せてパクりっ!

 

 

おー、いいアクセント!

 

具材シンプルなチャーハンは、半チャーでなく一人前だと、後半味が単調になってくる。

 

しかし、この紅ショウガがあれば、そんな心配もない。

 

紅ショウガは、見栄えだけではなく、いい仕事もしている!

 

こうなると、レンゲは止まらない。

 

どんどんすくって、どんどんいただく!

 

 

そして一気に食べあげ、ごちそうさまでしたー!

 

 

満足、満腹で会計を済ませて、表に出る。

 

また来よう!

 

次回は「肉野菜炒め定食」をいただいてみようか!

 

【うまログのお取り寄せ!】ご当地グルメ、Wでお取り寄せ!「佐野ラーメン」と「宇都宮餃子」のスペシャルセット!

 

 

 

 

 

後日、当店を再訪門!

 

 

早速「肉野菜炒め定食(800円)」を注文する。

 

するとすぐに「ザーサイ」が登場!

 

 

ザーサイをポリポリやりながら、しばし「お宝」待つ。

 

5分ほど経つと、スープごはん、そして肉野菜炒めが、トン・トン・トンと登場!

 

 

おー、待っていました!

 

すぐにレンゲを持ち、スープからいただく。すすっ!

 

 

う~ん、今日もいい味わいは変わらない!

 

続いて、肉野菜炒めをいただく!ぱくりっ!

 

 

うまいっ!

 

きゃべつのシャッキリ感をいい感じで残した炒め加減!

 

たけのこにんじんの食感も心地いい!

 

お肉も多くはないが、しっかり入っている。

 

そして何より、やや濃いめの味付けが、町中華らしていい!

 

白いごはんに、めちゃめちゃ合う!

 

う~ん、おはしが止まらない!どんどん進んで、瞬く間に完食!

 

ふー、今日も「町中華」を満喫!ごちそうさまでしたー!

 

【萬楽飯店】

 千代田区神田小川町3-5-1

 03-3291-2552

 小川町・神保町駅5分

 11:00-20:00 土日祝定休

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

北海の「おいしいもの」を取り揃えました!いつでもオープン!「うまログ スマート北海道展」も是非ご覧ください!

 

【スイーツコーナー】「白い恋人」をはじめ、おすすめスイーツ25選はこちらから!「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

【ラーメンコーナー】札幌、函館、旭川ラーメンなどいろいろ取り揃えました!おすすめラーメン25選はこちらから!

 

 

 

 

【ジンギスカン・チーズコーナー】本場のジンギスカン、北の大地が育んだチーズなどはこちらから!

 

 

 

 

【海産物コーナー】「海産王国」北海道!うに、かに、いくら!海の幸はこちらから!

 

 

 

 

【カレーコーナー】札幌スープカレー、海鮮カレーなどいろいろ取り揃えました!おすすめカレー25選はこちらから!

 

 

 

 

【ご当地丼コーナー】豚丼・いかめしなどのご当地丼、限定のマルちゃん「やきそば弁当」などはこちらから!

 

 

 

 

【ドリンクコーナー】ガラナ」「カツゲン」など北海道のご当地ソフトドリンクはこちらから!

 

 

 

 

【ビール・ワインコーナー】「北の大地」で育まれたクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!