【打心蕎庵(だしんそあん)】情緒あふれる名店で、「すだちそば」「九条ねぎそば」を優雅にいただく!

昨夜は、調子に乗って食べ過ぎたか?(→第17話シモキタ「食」のハーフマラソン)若干、胃もたれ気味…。

 

今日のランチは、スッキリ、さっぱり系にしよう。

 

そうだ!、シモキタに着任した夏に、教えてもらった「すだちそば」「打心蕎庵」にいこう! 

 

 

あの時食べた「すだちそば」。冷たいそばに、器いっぱいの輪切りの「すだち」!

 

ビジュアル的な美しさはもちろん、さわやかな清涼感、すっきりとした味わいがすばらしかった!

 

お店の方に「すだち」の食べ方を聞くと、

 

そのまま食べても結構ですし、おそばと一緒に食べてもおいしいですよ。おそばは甘みのある「常陸秋そば」なので、すっきりした「すだち」と、とても合いますよ、とのことだった。

 

もちろん、両方を味わった。まずは「すだち」だけでいただき、そしておそばと一緒にもいただいた。

 

調子にのって「すだち」4枚を「大人食い」、すっきりした清涼感の「特盛り」も満喫した。

 

 

よし今日は、打心蕎庵の「すだちそば」だ!

 

でもちょっと待てよ。

 

今は冬。あの時、店員さんが「すだちそば」は「夏季限定」と言っていたような…。 

 

んー。が、考えるより行くが早し。「打心蕎庵」に向かう。

 

👟 👟 👟 👟 👟 👟 👟

 

当店は駅から10分ほど。喧噪を離れ、ちょっと奥に入った住宅街にある。

 

おー、相変わらず趣きのある店構えだ。

 

 

 

外のれんをくぐり、10メートルほど庭を歩いて入店する。ハイソ感いっぱいのお店だ。

 

 

さて「すだちそば」はあるかなー?と、メニューを見る。

 

 

ない…。

 

店員さんにも確認したが、「すだちそば(1,500円)」はなかった…。やはり夏季限定とのことだ。

 

が~ん、ショック…。しかし、ここで落ち込んではダメだ。

 

力をふりしぼって、もう一度メニューを見る。そして店員さんに再度聞いてみる。さっぱりしたものは?と。

 

「温かいおそばの “九条ねぎ” は、いかがでしょうか?」と店員さん。 

 

ん?京野菜の「九条ねぎ」? 

 

「九条ねぎ」と聞いて、たまに行く「京都ラーメン 新福菜館」(麻布十番)を思い出す。

 

「九条ねぎ」をふんだんにトッピングした、黒いスープの京都ラーメン。あそこの「中華そば(700円)」のイメージだろうか?

 

 

 

いや、もしかしたら「九条ねぎ多め(+100円)」のイメージか? 

 

 

 

うん、多分そうだろう。となるとチャーシューの代わりに入っているのは、カレー南蛮のように豚肉か、それともお上品に鴨肉だろうか。

 

 

【うまログ スマート北海道展】

ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

しかし店員さんに聞いてみると、このイメージは違っているらしい。

 

「九条ねぎそば」の「たね」は、「九条ねぎ」のみという。

 

んっ?「ねぎ」のみ?「そば」に「ねぎ」が合うのは当たり前。カレー南蛮、鴨南蛮でも「ねぎ」がないと、しまりが悪い。

 

しかし「ねぎ」は「脇役」のはず。それを「主役」で、かつ「脇役」なしで採用?

 

んー、イメージがわかない。果たしてどんな「そば」なのか?

 

いや、ちょっと待てよ。夏に食べた「すだちそば」も「すだち」以外の「たね」はなかった。

 

「すだち」のみで、あの清涼感、さわやかな味わいが楽しめた。

 

 

それと同じということか!と納得。

 

そして「はい!九条ねぎそば(1,400円)をお願いします!と元気に注文!

 

見事な立ち直りだ。

 

「すだちそば」がなかったショックはすっかり忘れ、関心は完全に「九条ねぎそば」に移っている。 

 

そして目の前の中庭を見ながら、優雅に「お宝」を待つ。

 

 

 

店内には、ガラス越しに「そば打ち処」も見える。

 

 

おそば屋さんというより、小粋な割烹、小料理店のような店内空間。う~ん、優雅~! 

 

そして、10分ちょっと「優雅~」を楽しんだところで「お宝」が登場した。

 

 

 

おー、これが「九条ねぎそば」か!

 

器いっぱいに九条ねぎ!まさに「未知との遭遇」だ! 

 

それでは、いただこう。まずは「そば」から。 

 

 

 

う~ん、さすが名店!のど越しのよさは、温かいおそばでも変わらない!

 

そうだ、当店の名刺に「よんたてそば 打心蕎庵」と書いてあったよな。 

 

 

 

「よんたて」ってなんだろう?

 

店員さんに聞いてみると、「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の「さんたて」に加え、「採りたて」の「4たて」。当店の自慢らしい。

 

そうなのか。そりゃ、うまいはずだよなーと、今度は「九条ねぎ」と一緒におそばをいただく。

 

おー、いいっ!南蛮そばに入っている「白ねぎ」よりも深い味わいがある。薬味の「輪切りのねぎ」のような、単純な辛味ではない。

 

さっぱりしていて、かつ深い味わい、甘みがある。食べ続けても、辛さや苦みを感じない。

 

さすが名店!「九条ねぎ」の良さとうまさを最大限に引き出している。

 

これだけで「たね」になる逸品に仕上げている。お見事! 

 

そして優雅に「九条ねぎそば」を完食。最後、濃いめのそば湯で〆る。

 

 

ごちそうさまでした! 

 

これだけの「ねぎ」をいただいたのだから、しばらく風邪もひかないだろう。不思議なことに、胃もたれもなくなってきている。

 

うまいだけじゃない!身体にもいい! 

 

おっ、ミニコースの「昼膳(3,600円)」というのもあるか。お腹の調子がよくなると視野も広がって来る。

 

 

次回は、これをいただいてみようか。でもランチに3,600円はちょっとぜいたくか。

 

よし、来月の「ハーフマラソン」を完走したら「自分へのごほうび」でいただきに来よう!

 

【うまログ スマート北海道展】

海産物コーナー(かに・いくら・うになど)はこちらから!

 

 

 

【1.打心蕎庵/下北沢】 

 世田谷区代沢3-7-14 下北沢徒歩10分 

 03-5431-0141 

 11:30-21:30 火曜定休

 月・水-金の15:00-17:30は休 

 

【2.新福菜館/麻布十番】 

 港区麻布十番1-2-5 麻布十番駅徒歩2分 

 03-6441-3395  11:00-23:00

 

※最新情報はお店にご確認ください。  

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!