【海鮮居酒屋 こけら】「食」のハーフマラソン!「海鮮ちらし」とラーメン×2!《番外編》

≪下北沢≫ 

先週末、「ハーフマラソン」を走った。今回の目標は「2時間」を切ること。

結果は、10秒オーバー!惜しい!

前半は好調なペースを維持したが、後半スマホの電池が切れ、時間がわからなくなるアクシデント…。

しかし「追い風」の幸運もあり、完走できた!減量にも耐えた。

よし、今日の晩メシは自分への「ごほうび」。

食」のハーフマラソン inシモキタで、ガッツリいこう! 

想定しているコースは、こうだ。

まず「ラーメン」でスタート、「海鮮ちらし」で折り返し、最後また「ラーメン」でゴールイン!ちょっとジャンキーなコースか。

スタートは「凪(なぎ)」下北沢店、ゴールはとなりにある「俺流塩らーめん」下北沢店

シモキタは、新宿発着の小田急と渋谷発着の井の頭線が交差する。

新宿生まれの「凪」と、渋谷生まれの「俺流塩らーめん」がとなり合わせる場所 は、「シモキタマラソン」のスタート&ゴールに相応しいのではないか、勝手な理由からの選択だ。

では、行こう!まずは「凪」の「すごい煮干しラーメン」からスタートだ。

「凪」は新宿ゴールデン街の発祥のお店。今や、本店には食文化の異なる欧米の観光客も並び、シモキタをはじめ他エリアにも出店している。

往時からの「凪」ファンとしては、びっくり、うれしい限りだ! 

券売機の前、「すごい煮干しラーメン(830円)」のボタンを押す。

着席して5分ちょっとで「お宝」登場。

おー、なつかしい!すぐにがぶりつく。

名前のとおりの「すごい煮干し」!当店ならではのラーメン。相変わらずうまい! 

後半を考え、スープはちょい飲みにして、ものの5分で完食!

ごちそうさまでした! 

そして「折り返し」のメインデッシュ、「こけら」の「海鮮ちらし」に向かう。

「こけら」は会社の飲み会でよく行く、魚のうまい居酒屋。シモキタを代表する、海鮮居酒屋のひとつだろう。

そして「箱ずし」は、ウニ箱に、刻まれた、いろいろな海鮮具材がのる、ぜいたくな「ちらし寿司」。

コースメニューだと〆で出てくる逸品だ。今日は、これを単品でいただく。 

「こけら」に到着。

いつもすぐに満席になるが、今日は開店直後だったので、すぐに入れた。 

 

メニューを見ると「箱ずし(1,400円)」の上に、「マル得 刺身7点盛り(1人前1,000円)」!

誘惑に負けそうになるが、まだ「折り返し」。後半が残っている。

「箱ずし(1,400円)」のみを注文。

それと、生ビール(小)と「あら煮大根(150円)」も。(あれっ?) 

生ビールと「あら煮大根」がすぐに来た。

この「あら煮」が、なかなかうまい!

150円でこれをいただけるのはありがたい!当店の良心経営を感じるひと品だ。 

「あら煮大根」とビールでウォーミングアップをしていると、メインのお宝、「箱ずし」が登場した!

おー、いつもながら見事なながめ!

ミクロな視線でひとつひとつの具材を見ると、これも入っているのか!と楽しめる。まさに「プチ玉手箱」的な逸品だ。

こぼさないように慎重にいただこう。

う~ん、いい!

〆の逸品を、単品、「逆指名」でいただくものいいものだ。相変わらずのうまさに、はしがとまらず、すぐに完食!

もう少しゆっくり味わえばよかったかと若干反省。

だが、ゆっくりしているとお腹がすぐにいっぱいになってくる。今日はこれでよし、と当店を出る。 

さて、後半戦だ。

「刺身盛り」をあきらめ、生ビールを(小)におさえたのがよかったのか、お腹はまだ「八分目」にもいっていない。

よし、このまま一気にゴールをめざそう!ゴールはスタート地点のとなり、「俺流塩らーめん」だ。

「俺流」に到着。券売機で「特俺流塩らーめん(980円)」を押す。

着席して5分ほどで「お宝」が登場

 

「塩ならまだいる!」と食べ始める。しかし時間がたつにつれ、段々とお腹がふくれてきた。

やはり後半戦はきつい。マラソンと同じだ。

ふとテーブルの上を見ると、当店の自慢の「トッピング」が並んでいる。

よし、「岩のり」「とろろこんぶ」で、いわゆる「味変」だ。 

 

おっ、いい!食欲中枢がよみがえって来た。まだいけるぞ!

まさに「追い風」を受けて、ゴールに向かって一気に走る状態。

ごちそうさまでした!

スープまでは飲み切れなかったが、「シモキタハーフ」を無事に「完食」!ゴールイン!

※人気のランニングウオッチGPS

※完走したら乾杯ですね!

【海鮮居酒屋 こけら】 

 世田谷区北沢2-3-12 下北沢駅徒歩6分 

 03-3413-3231 17:00~24:30

 

 

 

【地図】

Follow me!