【鶏そば そると】三姉妹おすすめ!鶏が違う、塩が違う!ほのかな甘さとコクの「鶏そば」がうまい!

今日のランチは「鶏そば そると」。取引先の社長のお嬢さん、三姉妹が口を揃えておすすめする「鶏そば」だ。

 

11:30am、開店と同時に到着。 

 

 

 

 

店内はL字型のカウンターと2人掛けのテーブルが3つほど。

 

自分はカウンターに着席。先客はいなかったが、すぐに女性1人、女性2人組、男性2人組が入店し、だんだん席と埋まっていく。 

 

さあ、注文だ。

 

 

 

テーブルのランチメニューを見ると、「平日ランチ限定セット!! ALL 850円」

 

おー、「鶏そば(650円)」にプラス200円で「ご飯もの」とセットにできるのか。

 

なかなかいい価格設定だ。さすが社長の娘さん、サラリーマンの「ふところ事情」もよく考えてくれている。関心、関心!

 

さて、セットはAからDの4種類。Aセットの「ご飯もの」は「鶏めし」、Bセットは「水餃子と白飯」、Cセットは「玉子かけめし」、Dセットは「唐揚げ丼」

 

う~ん、悩ましい。どれもうまそうだ。 

 

待てよ。当店の名刺にもあったな。当店の店名は「鶏塩専門 鶏そば そると」 

 

 

 

よし、店名に「鶏」を掲げているのであれば、答えはカンタン!

 

「鶏」の文字が2つ入った「鶏そば」「鶏めし」の組み合わせのAセットにしよう!

 

【うまログ スマート北海道展】

ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

そして5分ぐらいで「お宝」が登場した!

 

 

 おー、透き通った黄金色スープ!美しい!

 

トッピングされているのは、鶏チャーシュー・水菜・メンマ・ほぐし鶏肉白髪ネギ糸唐辛子もある。ライトな海苔もついている。 

 

まるで「お姫さま」のような上品なお顔立ち。三姉妹がおすすめするのがわかる。 

 

では、いただこう。まずスープを一口。 

 

 

 

おー、上品で優しい味だ。他とは違う塩の味わい。ほのかな甘さとコクがある。 

 

メニューの最終ページにも書いてあった。

 

「大山地鶏をベースに、様々な素材で煮だし、イタリア産岩塩と国産天然塩を味を作っています。」

 

 

「鶏」と「塩」にこだわり、手間をかけて仕上げているのが、この味わい、このうまさから伝わってくる。見事なスープだ。 

 

次、麺に行ってみよう。 

 

細麺だが、完全なストレートではない。軽いウェーブがかかっている麺だ。すすっ。 

 

 

 

おー!ゆで具合も優しい。カタ過ぎず、とてもいい感じだ。ウェーブ系だからか、スープもよく絡んでうまい! 

 

おっと、チャーシューもいただかなくては。

 

当店のチャーシューは「豚チャーシュー」ではなく「鶏チャーシュー」

 

しかし、これを「チャーシュー」に分類してよいのか。存在感のあるスライスチキンだ。 

 

はしでつまんで、パクリ! 

 

 

 

おー!雑味なく、うまい!そして、厚みがあるので、肉食べた!感、満足感がある

 

その他のトッピングも上品なだけじゃなく、繊細かつしっかりとした味わいを持っている。 

 

いいじゃないか、鶏そば! はしが止まらず、5分ちょっとでキレイに完食! ふー!

 

 

おっと、しまった! うまさのせいで「鶏そば」に集中。「鶏めし」が手つかずだった。 

 

【うまログ スマート北海道展】豚丼、いかめしなどなどなど、「北の大地」のご当地丼はこちらから!

 

 

 

 

よし、残った汁をスープ代わりに、「鶏めし」をいただこう。 

 

 

テリヤキ系のチキンがゴロゴロっとのっていて、うまそう! パクリ。 

 

 

 

ん~、想像通り。うまい!

 

肉厚の鶏、ねぎ、のりが、テリヤキ系のタレでうまさを増す!

 

「おとも」にした「絶品スープ」が、はしの動きをさらに加速させ、「鶏めし」もすぐに完食!

 

ふぅー、ごちそうさまでした。ビジュアル、お味、そしてコスパともに大満足です! 

 

 

【鶏そば  そると】 

 世田谷区代沢5-36-13 下北沢駅徒歩5分 

 03-5432-9270  11:30~25:00 

 ※最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!