【麺屋 海神】えっ、「チャーシュー」なしでも行列!?しかし食べたらわかった、プレミアムスープの絶品塩ラーメン!

選ばれし「麺」と「スープ」が織り成す「ラーメン劇場」

 

その最高のステージで、主役を演じるトッピングスター「チャーシュー」だと思っていた。

 

しかし取引先で、チャーシューがなくても行列ができるお店が新宿にあると聞いた。

 

ジャンルは「塩ラーメン」一体どういうラーメンなんだ。

 

翌日、お店に向かう。ここか。新宿駅からすぐだ。

 

 

1F階段入口を見ると、入店待ちの客はいない。時間をずらして来て正解だ 

 

 

が、階段を上ると、2Fの入口から踊り場まで入店待ちのお客。

 

待っていると、自分の後ろにもお客が並ぶ。うーん、やはり行列店だ

 

 

しかしなんとか10分ちょっとで入店できた。 

 

店内はカウンター席テーブル席、それほど広くはない

 

 

カウンター席に座って、顔をあげると、壁に「本日のあら」と半紙に筆書き。

 

 

そして「真鯛 穴子 平政 平目 」続く 

 

店員さんに「これは何?」聞くと、これらが今日の「出汁」とのこと。 

 

えっ?「真鯛」「穴子」「平政」「平目」、これらすべてを出汁に使っているのか?! 

 

ムチャクチャぜいたくな「プレミアムスープ」じゃないか! 

 

しかし一体、どんな味になるんだろう? 色合いは?これだけの「役者」を一緒にしたらケンカしないのだろうか? 

 

素人には想像がつかない。考えるより、食べるが早し。おすすめの「塩ラーメン」を注文する 

 

 

すると「へしこの焼きおにぎり、付けますか?」と店員さん。 

 

さらに「最後、スープに入れてお茶漬けで食べるとおいしいですよ!」と。 

 

ん、へしこ? 

 

「へしこ」と言えば、サバのぬか漬け。福井県、若狭湾の名物前に、ケンミンショーにも出ていた、あの「へしこ」か。 

 

珍味入りのおにぎりとは珍しい。 

 

はい。是非つけてください!」と「あら炊き塩らぁめん、へしこ焼きおにぎり付き(980円)」を注文 

 

そして5分ちょっとで「お宝」が登場した 

 

 

おー、美しい!透き通ったきれいなスープ。美し過ぎる。

 

中央に盛られた薬味トッピングも、これまた美しく「映え」ている。 

 

左に2つある紅白の丸いものはなんだ? 

 

店員さんに聞くと「鶏つみれ」「えびつみれ」のこと 

 

おー、そうなのか。ビジュアルもいい、紅白系でおめでたいじゃないか! 

 

気分が盛り上がったところで、スープからいただこう。

 

 

4種の魚介がケンカしてないだろうか? 慎重に、すすっ。 

 

ノー プロブレム!!

 

まったく雑味がない。すっきりしていて、ムチャクチャうまい! 

 

旨みが甘さにになって、やさしく、とても上品な味わいだ! 

 

すごい!お見事、すばらし過ぎる 

 

細麺ストレートの麺いただいてみよう。 すすっ。

 

 

おー、ほどよいカタさ。スープによく合って、のど越しもいい! 

 

そして一緒にいただく薬味のトッピング。白髪ねぎ大葉糸唐辛子、生姜、みょうがのアクセントもいい。 

 

中でも生姜」「みょうが」は、このあま上品な味わいに、絶妙かつ個性的なアクセントをつけてる。 

 

よしつみれ」もいってみよう。 まずは「鶏つくね」から。

 

 

ぱくり 

 

 

おー、軟骨が練り込まれ、実にいい食感だ!うまい! 

 

「えびつくね」はどうだ。 

 

 

ぱくり

 

 

これもうまい。小さなえびの身も入っている。「えびしんじょう」よりも「えび」っぽい。いいじゃないか、これ!

 

感動して食べているといつの間にか「麺」と「トッピング」がなくなり、「スープ」だけになった 

 

しかし、ここでいつものように「一気飲み」をしてはいけない。ここで「へしこおにぎり」の投入だ。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

はしで、おにぎりを上手にくずし、レンゲも使いながらいただく。ぱくりっ。 

 

おぉー、香ばしい「珍味の焼きおにぎり」と、旨味たっぷりの「絶品スープ」の共演!めったに出会うことができない「ぜいたく茶漬け」「プレミアムぞうすい」じゃないか

 

うーん、これまた、いい!たまらない!最後、絶品スープをきれいに飲み干し、ごちそうさまでした!

 

 

ふぅー、うまかったぁー!最高の満足感でお店を出る。 

 

そしてその時、ふと思い出す。

 

ん?そういえば確かに「チャーシュー」は入っていなかった。

 

 

しかし、食べてみた今だからわかる。

 

「入っていなかった」のではないのだろう。「入れていない」のだろう。

 

あの「プレミアムスープ」には「シャーシュー」はご無用。あの「プレミアムスープ」を味わうためには、入っていてはいけないのだ。

 

そんなスープを作ってしまう麺屋「海神」。その名のとおり「神業」!すご過ぎる!

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

麺屋 海神】 

 新宿区新宿3-35-7 新宿駅東南口徒歩1分  

 03-3356-5658 

 11:00-15:00 16:30-23:30 

 土日祝は休憩なし  日曜23:00まで

 

※最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!