【鶏白湯 蔭山】映えるフレッシュサラダ、濃厚白湯スープの鶏ラーメン!〆の「プチぞうすい」もグッド!

今日は、馬場取引先回り。まだ11:00amだが、腹が減ってきたちょっと早いがランチにしよう

 

馬場と言えばラーメンオープンしている店を探しながら、明治通りを駅方面に曲がると「鶏白湯麺 蔭山」の看板。お「白湯(パイタン)」 

 

 

この間馬場の「末廣ラーメン」ブラックスープの「黒いラーメン」をいただいた 

 

【うまログ第38話 末廣ラーメン本舗】魅惑のオールブラックス!「黒いラーメン」と「黒いチャーハン」!!

 

 

 

 

「黒」の次は「白」北海道のお土産でも「白いブラックサンダー」が人気だ。 空腹が、自分勝手な解釈を加速する。

 

 

よし、今日は「白湯麺」ホワイトスープの「白いラーメン」をいただこう! 

 

入店すると、十数席コの字型カウンター女性客の割合が結構高い 

 

そして券売機の前どれにしよう思ったがすぐに決まった。 

 

 

一番左上のボタン「名物と書かれている。「名物」「名産」「限定」、これらの二文字にはムチャクチャ弱い。

 

文字に誘導されるように、名物 鶏白湯塩味(880円)のボタンを押す。

 

そして着席して「お宝」を待つ! 

 

【うまログ スマート北海道展】スイーツコーナー(おすすめ25選)はこちらから!定番「じゃがポックル」もあります!

 

 

 

 

ふと前を見ると、カウンターの上に「鶏白湯麺のおいしい食べ方」が置かれている。

 

「7か条」か。この通りいただけばいいんだわかりやすくていいじゃないか!

 

 

一つ、

写メを撮り食後に良い事だけを5割増しでSNSに投稿すべし《うそぴょ~ん》

二つ、

スープの香りと具たちの姿を十分に楽しむべし。 

三つ、

とろみあるスープをひと口、うっとりすべし。 

四つ、

浅草開化桜特製のしこしこ麺をひたすら食すべし。

 五つ、

ここでレモンを軽くひとしぼり、味の変化とコラーゲンの吸収を楽しむべし。 

六つ、

麺を食べ終えたら、プチごはんを投入、最後の一滴までスープを堪能すべし。 

七つ、

明日も元気にがんばろう! 

 

シャレっ気あって、なかなかおもしろいトリセツじゃないか

 

そしてしばらくすると「お宝」が登場した 

 

 

おっ、おっ、これは?! 

 

丼の手前半分に見える白湯スープ」「半熟味玉」「ほぐし鶏肉」は想定内 

 

しかし、向こう側の奥半分がまったくの想定外。そこにあるのは「サラダ」だ。 

 

グリーンサニーレタス主体に、赤いアクセントの糸唐辛子そして水菜フライドオニオンなど

 

美しいバランスでトッピングされたサラダたちだ 

 

サラダにラーメンを入れる札幌の「ラーメンサラダ」は知っているが、ラーメンにサラダをのせる「サラダラーメン」は初めてだ。 

 

 

軽い衝撃を受けながら「7か条を見ると、2つ目 

 

「二つ、スープの香りと具たちの姿を十分に楽しむべし。」 

 

確かにおっしゃるとおりだ!楽しむ価値のある「姿」。かなりイケてるビジュアル。 

 

まさに、イタリアンビューティー!

 

ホワイトスープにフレッシュサラダが見事に映えている。

 

今まで出会った「お宝」たち、ちょっと違った「配置」「配色」に、どれから手を付けようかう。

 

しかし3つ目にちゃんと書いてある。 

 

「三つ、とろみあるスープをひと口、うっとりすべし。」 

 

はい。ではスープをいただきまーす。すすっ。 

 

 

おっ、おっ、うまい! 

 

ややとろみのある、クリーミーなスープ旨みが甘みになって口の中にひろがっていく。

 

まさに鶏の旨みを凝縮した濃厚スープ確かに「うっとり」する。

 

コラーゲンたっぷりなところは、女性受けよさそうだ 

 

しかも濃厚なのに、後味はさっぱりとしているんっ、隠し味は海老か? 何となくほのかな香り感じる 

 

さらにスープには刻みネギ? 揚げネギ? 柚子も入っている

 

なんか、すごく凝っているじゃないか 素晴らしい!

 

よし次、7か条の4目だ 

 

「四つ、浅草開化桜特製のしこしこ麺をひたすら食すべし。」 

 

麺をいただこう ちゃんぽんのような中太麺すすっ。 

 

 

おー、うまい!

 

ちぢれ麺で、白湯によくじむコシってツルんとした感じがい 

 

ほぐし鶏肉もいいじゃないか!このスープには、さっばり系のお肉がベストだ。 

 

 

さて、くずしてしまうのがもったいない気もするが、サラダいってみよう ぱくっ。

 

 

おっ、まったく違和感がない。というよりムチャクチャ合っている

 

「クラムチャウダー」と「サラダ」のセット?アメリカ東海岸系テイスト?

 

うーん、これは「あり!」だ。いや、すごくいいじゃないか! 

 

いいね!うまい!を連発して、このまま食べ切りそうになる。

 

しかし、お店のアドバイスに従わなければ。7か条の5目を見る 

 

「五つ、ここでレモンを軽くひとしぼり、味の変化とコラーゲンの吸収を楽しむべし。」 

 

仰せのとおり、レモンをぎゅっ! 

 

 

そして麺をすすっ。

 

おースープの濃厚な味わいは変わらピシッとしまった感じになるこれまた、いい  

 

見事な「レモンのマジック」も加わって、麺を一気に完食! 

 

このままスープも一気飲みしそうになるが、ステイ 7か条、6目だ 

 

「六つ、麺を食べ終えたら、プチごはんを投入、最後の一滴までスープを堪能すべし」。 

 

 

ダックスフンドのような(ガンダム芸人の土田晃之氏なら「モビルアーマー」と言うだろうか。。)、可愛らしいレンゲに盛られた「プチごはん」 

 

これをスープに投入するポトン 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

投入した後、ふとフラッシュバック。

 

あれ、これは「水炊き」を食べたの「ぞうすい」ではないか! 

 

東京の水炊きではなく、「白濁スープ」の博多の水炊きだこれは絶対にうまいぞ! 

 

 

では!ぱくっ

 

うまい!ごはんに白湯スープが適度しみ込み、とてもいい感じだ。

 

予想通りいや予想以上のうまさにごはんはもちろん、スープも残さず、完食! うまかったー!

 

7つ目「七つ、明日も元気にがんばろう!」

 

うん!午後の仕事もがんばれそうな気がしてきた!ごちそうさまでしたー!

 

【うまログ スマート北海道展】

ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

後日、馬場のラーメン好き社長に聞いてみたら、「蔭山」フカヒレ料理で有名な、フレンチ中華「蔭山櫻」(自由が丘)のラーメン専門店らしい 

 

そうなのか。勉強になる。今回も新たな発見、新たな「うまい!」にめぐり会えて大満足だ。これからの馬場のラーメン店めぐりが、楽しみになってきた!

 

あっ、全然関係ないが「レモンのマジック」についても、社長から「豆知識」を教えてもらった。

 

「お酢」に「レモン」をしぼると、すっぱさがなくなり、「レモンジュース」のようにおいしく飲めるらしい。う~ん、こちらはもし機会があったら、試してみよう。

 

【鶏白湯 蔭山 高田馬場店】 

 新宿区高田馬場1-4-18

 高田馬場駅徒歩8分 

 03-6457-3160 

 11:00-23:00(日祝22:30) 

【地 図】 

※最新情報はお店に確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!