【スマート北海道展9】ビール・ワインコーナー/「北の大地」のクラフトビールとワイン!


カラフルで、色鮮やかな北海道のクラフトビール!

ワインは、函館、小樽、富良野、余市、十勝、札幌近郊、北海道各地のワインを取り揃えてみました!

是非、ご覧になって、お楽しみください!

スライドショーには JavaScript が必要です。

☆北海道のクラフトビール!

《網走流氷ビール》

 

《余市フルーツビール》

 

《小樽ビール》

 

《大沼ビール》

 

☆北海道限定販売ビール

 

☆北海道のワイン!

《函 館》

「はこだてわいん」を製造する(株)はこだてわいんは、日本人の味覚に合う「日本のワイン」を目指し、日本人のライフスタイルを意識した、カジュアルながらも本格的なワインをつくっています。その高度なワイン製造技術は、国産ワインコンクールにおいて「金賞」「部門最高賞」を各2度も受賞するなど高く評価されています。(日本ワイナリー協会HPより)

 

 

 

 

 

 

 

 

《小 樽》

「おたるワイン」を製造する北海道ワイン(株)は、北海道空知浦臼町に447haと広大な自社畑「鶴沼」と、余市町を中心に約300軒の契約農家とともに、小樽市の本社醸造所で日本ワインだけを醸造するワイナリーです。スパークリングワインから、遅摘みのデザートワインまで、国内外のコンクールでも評価の高い多様なワインを醸造しています。(日本ワイナリー協会HPより)

 

 

 

 

《富良野》

「ふらのワイン」を製造する富良野市ぶどう研究所は、1972年に自治体ワイナリーとしてスタート。盆地特有のぶどう栽培に適した気象条件のもと地元原料で醸造し販売するという一貫した体制で運営しています。また、独自交配品種の栽培や、寒さを利用したアイスワインの製造などふらのらしいワインづくりを行っています。(日本ワイナリー協会HPより)

 

 

《余 市》

「余市ワイン」では、1974年より余市で収穫した葡萄を余市で仕込み、余市に根づいたワイン造りを心がけてきました。余市の契約農家を大切なパートナーに、葡萄種は耐寒性のあるドイツ系品種を主とし、真面目一筋の“地ワイン”を造っています。余市ワイナリーは2011年にオープン。(日本ワイナリー協会HPより)

 

 

 

《十 勝》

「十勝ワイン」を製造する池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は、1963年にわが国最初の自治体ワイナリーとしてスタート。『ワイン造りはブドウ造りから』の考えのもとで独自のブドウ品種を開発し、北国特有の酸味豊かなブドウで長期熟成タイプのワインを中心に製造。特に辛口・熟成にこだわるワイン造りを信念としています。(日本ワイナリー協会HPより)

 

 

 

☆「メガタウン 札幌」の近郊にもワイナリーがあります!

《八剣山ワイナリー》

「カノンズ・スパークリング ナイアガラ ブリュット」スパークリングワイン 白 2,052円 送料無料【Amazonで見る】

《ばんけい峠のワイナリー》

「峠の赤ワイン」赤 2,404円 送料無料【Amazonで見る】

 

【うまログ スマート北海道展ホームへ】

 

【スマート北海道展1】

ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展2】

カレーコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展3】

海産物コーナー(かに・いくら・うに!海の幸いっぱい!)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展4】

お肉・チーズコーナー(ジンギスカン・チーズなど)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展5】

ご当地丼コーナー(豚丼・いかめし・焼きそば弁当など)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展6】

スイーツコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展7】

ごはんコーナー(お米・味噌汁・スープなど)はこちらから!

 

 

【スマート北海道展8】

ご当地ドリンクコーナー(ガラナ・カツゲンなど)はこちらから!