【杭州飯店】これが「背脂チャッチャ」の原点か!ザ・レジェンド、超老舗の「伝説の一杯」をいただく!

土曜、新潟出張が終わって、東京に戻る。

昨日の昼は新潟名物「バスセンターのカレー」をいただいた。

今日は途中下車して、「新潟5大ラーメン」に挑戦してみよう!

新潟5大ラーメンとは?

「新潟5大ラーメン」とは、

1.「背脂醤油ラーメン」(燕市)

2.「生姜醤油ラーメン」(長岡市)

3.「あっさり醤油ラーメン」(新潟市)

4.「濃厚味噌ラーメン」(新潟市)

5.「カレーラーメン」(三条市)

とのことだ。

このうち今回挑戦するのは、燕(つばめ)の「1.背脂醤油ラーメン」と長岡の「2.生姜醤油ラーメン」

上越新幹線を燕三条長岡で途中下車する。まさに「新潟ラーメン、途中下車の旅」

まずは「1.背脂醤油ラーメン」

目指すは燕市にある「杭州飯店」

東京でも、背脂チャッチャ系のラーメン店は数多くある。

しかし昨夜、新潟の方からも聞いたが、当店は背脂醤油ラーメンの超老舗

前身の「福来亭」というお店は昭和一桁の創業

老舗というレベルを超え、原点ザ・レジェンドな存在らしい!

燕背脂ラーメンの元祖「杭州飯店」

燕三条駅に到着だ!

駅員さんに聞くと、お店は駅からちょっと離れているようだ。

やむなし、タクシーで当店に向かおう。

「杭州飯店」に到着!

おー、ここが背脂醤油ラーメンの「原点」か!

「背脂チャッチャ」系によくお世話になっている身としては、感慨深げに建物を見上げてしまう。

しかし目線を下におろすと、げ、げっ、入店待ちの行列

駅から離れていて、交通の便はいいとは言えないにも関わらず20名以上の行列

そして15分ちょっと並び入店。

店内はテーブル席、小上がりの座敷もあって結構広い。

店員さんに聞くと、Max80名ぐらいは収容できるらしい。

メニューでは「中華そば(ラーメン)」が「背脂醤油ラーメン」

座敷に案内され、メニューを見る。

あれれっ?メニューに「背脂醤油ラーメン」がない…。

再び店員さんに聞くと「中華そば(ラーメン)」「背脂醤油ラーメン」と教えてくれた。

さらに、背脂は多め、少なめ、普通の選択が可。「背脂なし」もできますよ、と説明してくれた。

当店の店員さんは丁寧、親切。老舗人気店にも関わらず、立派なものだ。

そして私は、背脂「多め」にするか「普通」にするか悩む。

しかし杭州飯店ビギナーにつき、無理はせず「中華そば」「背脂普通」で注文する。

背脂とちょっと濃いめの醤油が絶妙なスープともっちもちの自家製極太麺!

そして待つこと15分ほどで「お宝」が登場した。

おぉー、これが「原点」の背脂醤油ラーメンか!

ここ燕市洋食器の街。「背脂醤油ラーメン」は工場で働く人たちへの「出前」として生まれた。

工場の仕事で汗をかくので、塩分はやや濃いめ

雪国なのでスープが冷めないよう背脂をたっぷり浮かばせ、食べるまでに麺が伸びないように太麺

と、昨夜、新潟の方から教えてもらった。

まさにその通り!

目の前の「お宝」はその通りのお姿だ!

それではいただこう、原点、ザ・レジェンド!

まずはスープから、すすっ。

おおー、背脂ちょっと濃いめの醤油がとてもいいバランス!

見た目からパンチのきついスープと思いきや、とてもマイルド。

豚骨系を主体に、ほのかに煮干しもきいて、深みのある味わい!

むちゃくちゃ、うまいっ!

よし自家製極太麺もいってみよう。すすっ。

おー、もっちもっちの食感がたまらない!

平打ち極太だからスープともよく絡む!

トッピングは、チャーシュー刻みタマネギメンマ。スッキリしたラインナップだ。

ゴチャゴチャさせないところは、「原点」の貫禄のようなものを感じる。

よし、チャーシューをいただこう。ぱくり。

おー、お肉感がありながらも、さっぱりしていて、このスープにぴったりだ!

そして刻みタマネギがいいアクセント。メンマのコリコリ感もいい!

うーん、さすが「原点」、パーフェクト!

そして最後にスープも飲み干し、ごちそうさまでしたー!

「背脂醤油ラーメン」のレジェンド。すばらしい「伝説の一杯」だった!

よし、次は長岡「生姜醤油ラーメン」に挑戦だ。

【青島食堂】アキバでも行列!キレがあるのにコクもある!本場でいただく元祖「生姜醤油ラーメン」!

お店の案内

【杭州飯店】

 新潟県燕市燕49-4

 0256-64-3770

 11:00-18:50

 平日は14:30-17:00休

※料金、営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

新潟出張、芸能人や芸人さんもハマるらしい「バスセンターのカレー」いただきました!@万代そば

「うまログ!」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter(X)でお知らせしています。

【杭州飯店】これが「背脂チャッチャ」の原点か!ザ・レジェンド、超老舗の「伝説の一杯」をいただく!” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。