【鶏そば 三歩一】さっぱり系、絶品の「鶏そば」!ホロホロ鶏チャーシューもたまらない!

昼前、仕事の合間に高田馬場歩いていると「鶏そば 三歩一」 

 

 

ここにあったのか。

 

こってり系のお店が多い馬場で、さっぱり系のうまい鶏そば塩ラーメンのおと聞いたことがある 

 

11:00am過ぎ。時間が早いから、入店待ちはない。 

 

ちょっと早いがランチにしよう。 

 

のれんをくぐり入店。券売機の前に進む。

 

券売機の最上段のボタンには「鶏そば(750円)」「濃厚鶏そば(830円)」。 

 

 

どちらも「鶏そば」。どっちがいいのだろう。

 

750円と830円か。値段の差が「うまさ」の差か? 

 

830円「濃厚鶏そば」のボタンを押そうとすると、手書きの吹き出しに気付いた。 

 

「当店イチオシ!」 

 

よく見るとその吹き出しがついているのは830「濃厚鶏そば」ではなく750「鶏そば」だ。 

 

さらによく見ると 

 

女性のお客さま、初めてのお客さまには、「鶏そば(清湯)」をオススメさせて頂いております、と。 

 

値段に左右されない「お客さま本位」の姿勢ということか!

 

すばらしい!と750円の「鶏そば」のボタンを押して着席する。 

 

【うまログ なか食セレクション】日本全国、おすすめご当地ラーメン、ご当地焼きそば、ご当地麺!

 

 

 

 

店内はコの字型のカウンター10数席ほどか

 

女性客が半分以上だ。さっぱり系だから女子にも人気なのだろう。

 

 

カウンターの上にはいろいろな調味料がある。 

 

 

自家製ラー油甘かえし生姜魚粉一味

 

おっ、揚げエシャロットもあるのか 

 

貼紙を見ると「鶏そば」には「柚子胡椒(こしょう)」がおすすめらしい。 

 

 

となりのお客さん柚子胡椒を頼んでいる。「柚子胡椒」は個別にお願いするのか。 

 

私も「柚子胡椒」お願いすると、それと同時にお待ちどうさまでした! 

 

早っ!食券を渡してから、5分もたっていないうちに「お宝」の登場だ

 

 

受け取った「お宝」を拝見する。 

 

おー、きれいなラーメンフェイスだ! 

 

澄んだスープに、白髪ねぎ青ねぎ

 

そしてその間に細く刻まれたメンマが、惜しげもなくトッピングされている。

 

そして奥にはチャーシュー2種類2枚ずつ 

 

見るからに、うまそうだ!

 

早速いただこう。 

 

透明に澄んだきれいなスープだ。すすっ。 

 

 

おー、うまいっ!

 

雑味がまったくなく、上品でさっぱりとしたスープ。さらに口に含んだ瞬間、鶏の旨みが口全体に広がっていく。 

 

こんなにさっぱりとしてするのに、たっぷりの旨み。

 

まさに雑味をそぎ落とし、旨味だけを残して、磨き上げている

 

うま過ぎる鶏スープに思わずうなる。 

 

よしもいただこう。

 

看板には「自家製麺」と書いてあった。 

 

中細のストレート系の麺。すすっ。 

 

 

うまいっ。

 

全粒粉っぽい感じもする。 

 

麺のコシを残しながらカタ過ぎず、ヤワ過ぎずゆで具合もいい 

 

よし次は、2種類チャーシューだ。 

 

これは、鶏モモロールチャーシューか。 

 

 

おおー、はしでつかんだだけで、くずれていく!

 

見事なホロホロチャーシューだ。ぱくり。

 

うまいっ!これも雑味がなく、ホロホロジューシー。 

 

そしてもうひとつのチャーシューにいく。 

 

こちらはあぶり鶏チャーシューか。いい感じの焦がし加減だ。ぱくり。

 

 

おー、これも雑味がなくうまい! 

 

ホロホロチャーシューと対照的な、しっかりとした食感も楽しめる! 

 

細切りのメンマや、白髪ねぎ青ねぎのアクセントもいい感じだ! 

 

 

すっごく、うまいっ! 

 

券売機にあった「イチオシ」は、「おすすめ」よりもワンランク上の表現。

 

お店がこの「鶏そば」に、「イチオシ」表現を使う意味がわかる 

 

おっ、そう言えばさっき頼んだ「柚子胡椒」も試してみよう。

 

 

レンゲにすくったスープに少し入れ、はしでとかして飲んでみる。 

 

うーん、さっぱり、すっきり

 

よし、ついでだ。気になっていた「揚げエシャロット」も試してみよう 

 

 

レンゲにとった麺の上に軽くふりかけ、ぱくり。 

 

うーん、香ばしい! 

 

そして味変も軽く楽しみ、麺もチャーシューも完食 

 

最後に、絶品鶏スープ飲み干しごちうさまでした! 

 

うまかったー、とお店を出て、仕事に戻る 

 

【なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

夜。取引先との宴席が終わった。

 

高田馬場駅に向かって歩いていると、再び「三歩一」の前。

 

 

のれんを見ていると、昼に飲み干したあの絶品スープを思い出す 

 

あのスープ、飲んだ後の最高の〆になりそうだ。 

 

入店待ちのお客さんは3名ほど 

 

昼に見た、あのスピーディーな配膳なら、それほど待つことはないだろう。 

 

よし、と列に並ぶ。

 

そして予想通り、すぐに入店。

 

店内を見ると、昼とは変わってお客さんは男性客の方が多い。

 

私と同じく〆ラーのお客さんが多いのだろうか。

 

そして再び券売機の前。 しかし、 

 

初めてのお客さまには、「鶏そば(清湯)」をオススメさせて頂いてります。

 

の貼紙を再度見てふと考える。 

 

昼に来た時、自分は確かにはじめてのお客さま」だった。 

 

しかし同じ日とは言え、今は2回目。

 

はじめてのお客さま」ではない。 

 

んー、せっかくだ。今回は「濃厚鶏そば」をいただいてみよう。 

 

食券を買って着席する。 

 

そして昼と同じく「柚子胡椒」をお願いしようとする。

 

 

が、前のテプラを見て断念する。「濃厚鶏そば」に、柚子胡椒はあまり合わないらしい。

 

【なか食セレクション】世界に誇るニッポンの和牛!!日本全国、ブランド和牛の「ビーフカレー」を集めました!!

 

 

 

 

そうなのかと思っていると、またハイスピードで「お宝」が登場した。 

 

丼ぶりを見ると、2種類の鶏チャーシュー、2種類のねぎとメンマ。トッピング類昼の「鶏そば」と同じだ。 

 

違うのはスープ

 

今度はとろみのある白湯系スープだ。 

 

うまそうだ。すぐにひと口いただく。すすっ。 

 

 

うまいっ、優しい味わいが、身体にしみわたる!

 

「濃厚とあるが、濃厚過ぎずほどよい濃さ 鶏の旨みが味わえるよう、上手に仕立てられている。

 

麺もいただく。すすっ。

 

 

 

麺のかたさは「鶏そば」よりもこちらの方がやや固め 

 

スープに合わせて、ゆで加減を調整しているのだろう。いい感じだ! 

 

貼紙を見ると「濃厚鶏そば」には「自家製ラー油」がおすすめのようだ。

 

 

柚子胡椒ではなく、こちらはラー油なのか。試してみよう!

 

 

そしてレンゲにスープを取り「自家製ラー油」ちよこっと垂らして、すすっ。 

 

おっ、ピリッといい感じだ。確かにこの優しいスープにはラー油がいいかもしれない。

 

よし、ついでに「甘かえし生姜」試してみよう

 

おっこれもピリッといい感じだ 

 

再び軽い味変も楽しみ、完食!

 

 

そして、これまた再びスープを飲み干し、ごちそうさまでした!

 

「濃厚鶏そば」もうまい! こちらもイチオシしていいのではないだろうか。

 

パーフェクトな〆ラー大満足でお店を出 

 

【うまログ スマート北海道展】「北の大地」のクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

【住所・駅からの時間】 

 新宿区高田馬場2-14-9 

 高田馬場駅徒歩3分 

 03-5155-8255 

 11:00-15:00 18:00-23:30 

【地 図】 

 

※最新情報はお店に確認ください。 

 

※「うまログ」バックナンバーはこちらから!

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。 

Follow me!