【灯火(とうか)本店】うまくて美しい!「鯛そば」「鯛茶」の王様ペアに見事やられました!

四谷三丁目。午前の仕事が終わって、ランチタイム。

 

取引先に教えてもらった、うまい「鯛そば」のお店に行く。

 

おっ、ここだ!

 

店先の提灯に「鯛塩そば」「名物鯛茶漬け」

 

 

「鯛そば」だけではなく「鯛茶漬け」もあるのか!しかも「名物」!

 

 

入口の横には、いろいろな色紙。

 

おっ、彦摩呂先生の色紙もある。

 

 

さかなの王様「鯛」!その「そば」と「茶漬け」の饗宴!

 

先生の「宝石箱や~!」のコメントにも期待が高まる。さあ、入店しよう。

 

【うまログ なか食セレクション】日本全国、おすすめご当地ラーメン、ご当地焼きそば、ご当地麺!

 

 

 

 

入店すると、すぐ左に券売機

 

 

一番上の一番左の「イチオシ指定席」には、「鯛塩そば+鯛茶漬け(1,250円)」

 

「店長おすすめ!」のポップアップもある。

 

迷うことなく、そのボタンを押す。

 

そして食券を店員さんに渡し、着席する。

 

店内は、L字型カウンター席で10席ほど。先客は男女半々。

 

 

テーブルを見ると「ラーメンの美味しい食べ方」

 

 

こういうのがあると、わかりやすくていい。

 

読むと、食べ方以外の情報も入手できる。

 

真鯛はこのラーメンのためにだけ開発されたオリジナルの特注麺と。

 

う~ん、さらに期待が高まっていく。

 

【うまログ スマート北海道展】かに・いくら・うに!海の幸いっぱい!海産物コーナーはこちらから!

 

 

 

 

そして待つこと5分ちょっとで「お宝」「鯛塩そば」が登場!

 

 

美しい!!

 

見事な透明系のスープに、麺がキレイにたたみ込まれている。

 

そして、その美しいツーショットを邪魔しないよう、厳選されたトッピングたちが行儀よく並ぶ。

 

丼ぶりを半周する穂先メンマ、1枚のチャーシュー、そしてその上に青ねぎ生麩柚子

 

まさに「研ぎ澄まされた芸術的な一杯」、つい見とれてしまう。

 

しかし動きを止めるのは早かった。

 

続いてすぐに「鯛茶漬け」が登場する。

 

 

おおー、ごまダレに泳ぐお刺身

 

白ごまと青ねぎがのった鯛めし、そしてあられまで付いている。

 

まるで割烹でいただく鯛茶漬けのようだ。

 

 

 

これまた、見とれてしまう。

 

が、鯛茶漬け鯛塩そばのスープをかけて召し上がってください、と店員さんの声かけで我に返る。

 

おっと、せっかくの料理が冷めたら、もったいない。いただこう。

 

店員さんに「はい」と返事をすると同時に、右手がレンゲを持つ。

 

まずは、この美しく透き通ったスープからだ。すすっ。

 

 

おおっ、すごっ!

 

さすが、さかなの王様、鯛の出汁!

 

このコクの深さ「王様」ならでは。塩が控えめだから、そのコクが存分に味わえる。

 

さらに少し炙っているのだろう。香ばしさが鯛の味わい、存在感をさらに引き立てている!

 

そして、スープをよく見ると、表面をうすく油がおおっている。

 

んっ?今スープを飲んだばかりだが、油の味、存在には気が付かなかった。旨みしか感じなかった。

 

もしかしたら。もう一度スープをすくって飲んでみる。

 

やはりそうだ。これは王様の油鯛の油だ。

 

だから気にならず、旨みだけを感じたのか。

 

う~ん、とてもぜいたくなスープ、まさに王様スープだ。

 

よし、もいただこう。

 

キレイにたたみ込まれている「お姿」をくすずのが、心苦しい。

 

しかし、モタモタしているとせっかくのご馳走が冷めてしまう。

 

ごめんなさい!と心の中でつぶやき、麺をすくいあげる。

 

 

おー、すくいあげでもキレイな「お姿」は変わらない!

 

そしてまた、ごめんなさい!と勢いよく、すすっ!

 

うまい!細く、しなやかで、カタ過ぎない。さらに、見事にスープをまとっている!

 

さすが、このラーメンのためだけに開発された特注麺、見事な相性だ。

 

チャーシューもいってみよう。豚の肩ロースか、ぱくり。

 

 

おー、しっかりとした肉の旨みだ! 高級な鴨肉のような味わいでもある。

 

決して大きくはない1枚だが、とても存在感のある1枚、まさしく厳選された1枚という感じだ!

 

う~ん、いい!

 

さらに麺をすすると、ちょこっと入った柚子が、爽やかさを与えてくれる!

 

ニクい演出、研ぎ澄まされた見事な一杯。すばらしい!

 

ふー、うま過ぎて一気に食べてしまった。

 

条件反射か。両手が丼ぶりをつかむ。そして、この極上王様スープを一気に…

 

 

おっと、危ない!この王様スープは、鯛茶漬けに使うスープ。

 

いつものように、イッキ飲みしてはいけなかった。

 

プチ反省が終わったところで、さあ、2つめの「お宝」、鯛茶漬けをいただこう!

 

 

手もとの「おいしい食べ方」をもう一度見直す。

 

 

まずは、ごまダレにあえた鯛のお刺身一切れと鯛めしを一緒に食べてみよう。

 

よし、承知した。

 

鯛を一切れ、鯛めしにのせる。

 

うわー、むちゃくちゃうまそう!

 

 

慎重に、鯛めしと鯛の刺身を一緒にはしですくって、ぱくりっ!

 

ううっ、うま~い!

 

いい刺身を使っている!甘く濃厚なごまダレもすばらしい!

 

そして「おいしい食べ方」に従って、エンディングに向かう。

 

残りの鯛のお刺身とごまダレとあられを鯛めしにのせて、残ったスープを入れて本格的な鯛茶漬けを堪能しよう!

 

よし、承知した!

 

残りの鯛のお刺身を鯛めしにのせる。

 

うぉー、これだけで十分!

 

しかしまだ早い。このままガッツリいきそうな自分を抑える。

 

 

スープをかけて、あられものせて、さあ、いこう!ぱくりっ!

 

うっまーい!

 

鯛めしだけで、やられてしまったのに、さらに王様スープまで来たら、たまらない!たまったものではない!

 

王様茶漬けは、ものの1分持たず完食!

 

「鯛塩そば」「鯛茶漬け」ともにすばらしい!見事な王様ペアだ!

 

ごちそうさまでしたー、と大満足でお店を出た。

 

【鯛塩そば 灯火 本店】

 新宿区舟町12-13

 四谷三丁目駅・曙橋駅徒歩4分

 03-3354-3303 11:00-22:00

 

ご当地自慢の「うまい」、全国各地からお取り寄せ!「うまログ なか食セレクション」是非お楽しみください! 

 

【海鮮カレー】ホタテ、かき、カニ、鯛、ふぐ、マグロ、あんこうなどなど!全国25種類以上の「ご当地海鮮カレー」を取り揃えました!

 

 

 

【ビーフカレー】松坂牛、神戸牛、米沢牛、近江牛をはじめ、北海道から沖縄まで25種類以上の「ご当地和牛カレー」を取り揃えました!

 

 

 

【フルーツカレー】ラ・フランス、さくらんぼ、メロンなどなど!日本全国、自慢の「ご当地フルーツカレー」をお取り寄せ!

 

 

 

【ベジカレー】京野菜、ピーナッツ、わさび、野沢菜、ゴーヤなどなど!日本全国、自慢の「ご当地野菜カレー」をお取り寄せ!

 

 

 

【地 図】

※最新情報はお店にご確認ください。

 

「うまログ」バックナンバーはこちらから!

 

※「うまログ」の新着情報は、Twitter でお知らせしています。 

Follow me!