【珍達そば】これはうまい!丼ぶり一面、びっしり広がるねぎと豚バラ!秩父名物「珍達そば」いただきました!

今日は、埼玉県の秩父に出張だ。

 

9:30am、池袋駅から西武特急ちちぶに乗る。

 

10:51am、西武秩父駅に到着!

 

 

う~ん、はじめての秩父!

 

それでは、仕事の前にまずは腹ごしらえ

 

埼玉出身の会社の同期に教えてもらった「秩父名物」をいただこう!

 

軽く町見物をしながら歩いていくと、

 

関東甲信越で有名な 珍達そば!

 

 

おっ、ここだ!

 

早速、入店待ちの列の最後尾に付く。

 

そして10分後、入店だ!

 

 

町中華な雰囲気の店内は、テーブル席カウンター席

 

 

奥には小上がり座敷席もある。

 

 

明るく感じのいい店員さん、いや店主の奥さまだろうか。

 

笑顔で案内されて、奥の小上がり席につく。

 

 

早速、テーブルに置かれたメニューに目を通す。

 

 

珍達そば みそ珍達そば

 

おっ、「珍達そば」は、お店の名前であり、メニュー名でもあるのか。

 

さて、珍達そばみそ珍達そば、どちらにするか?

 

やはり、おすすめ先頭だろう。

 

先頭にある「珍達そば」でいこう!

 

そして待つこと5分。

 

お待ちかねの「お宝」が登場!

 

 

湯気立ち上る、なみなみとつがれた褐色スープ

 

その上、びっしり一面に広がるねぎ豚バラ

 

これはまさしく、胃袋ワシづかみ!

 

メチャメチャうまそうビジュアルじゃないか!

 

よし、いただこう!

 

 

まずは、湯気のぼる、あつあつスープをレンゲですくう。

 

これを、すすっ!

 

 

おおっ、あっさりながらも、しっかりとした旨み

 

豚骨煮干し系の出汁に、濃い口系のカエシの醤油か!

 

それをベースに、ねぎの甘み豚バラの旨みが乗ってくる!

 

炒めたねぎ豚バラを、さらにスープに入れて煮込む仕立てだろう。

 

グッとくる、いい味わいだ!

 

そして、ねぎと豚バラを炒める油はごま油のようだ。

 

それがスープに入るから、味わいだけではなく、風味もいい

 

よし、もいただこう!

 

おっ、細身ストレート麺!すすっ!

 

 

おっ、素直な麺!クセなく、純朴素朴な味わい!

 

軽いとろみのあるスープがよくからんで、うまい!

 

なめらかだから、つるんとお腹に入る。

 

そして、また麺をすくうと、ねぎも一緒に付いてくる!

 

これも一緒に、すすっ!

 

 

おおー、ねぎの甘みで、うまさひとしお!

 

これは、他ではなかなか味わえない旨さ

 

さらに、やわらかく、ジューシーな豚バラ

 

これがまたいいアクセント!

 

 

う~ん、これはうまい!

 

オリジナリティあふれる旨さ、味わいだ!

 

さすが、秩父名物「珍達そば」

 

どんどん麺をすくって、すすり込む!

 

一緒に口に入るねぎ甘さうまさで、おはしが止まらない!

 

さらに豚バラの味わいアクセントも絶妙で、おはしを止めさせない。

 

おはしが止まるのは、唯一、レンゲでスープをすくう時だけだ。

 

しかし、旨みいっぱいのスープ。

 

これをいただくと、おはしの動きはさらに加速する。

 

再びぐいぐい、どんどん麺をすすり込む!

 

うまいっ!と顔あげると、2つの小瓶

 

おっ、味変用の調味料か!?

 

 

お店の方に聞くと、手前が辣油で、奥がニンニク唐辛子

 

よし、まずはニンニク唐辛子で味変を楽しもう!

 

 

スプーンで軽くすくって、丼ぶりの上からトントン!

 

そして麺をすくって、すすっ!

 

 

おおっ、味わいある辛味!

 

素直、素朴な味わいの麺だから、味変の醍醐味をダイレクトで楽しめる!

 

さらにニンニク唐辛子は、豚バラにもマッチする!

 

 

よし、辣油もいってみよう!

 

ひとすくいして、丼ぶりにササッと!

 

 

そして、麺をすすっ!

 

う~ん、これまたナイス!

 

ニンニク唐辛子とは違ったストレートな辛さが、楽しくうまい!

 

さらに麺が進む、どんどん進む!

 

 

スープの表面を覆う軽いとろみごま油のおかげで、スープは最後まであつあつ

 

う~ん、たまらない!

 

ぐいぐい、どんどん!

 

またたく間に「珍達そば」を完食!

 

ごちそうさまでしたー!

 

そして会計時、ふと思う。

 

あの甘くて、うまいねぎは、どこのねぎなんだろう?

 

お店の方に聞いてみると、

 

埼玉の名産「深谷ねぎ」「土男」というブランドねぎとのこと。

 

やはり、名産、ブランドは味わいが違う!

 

疑問も解消、スッキリ、大満足でお店を出る。

 

 

 

お店を出ると、すぐ右に「団子坂」

 

日本三大祭りの「秩父の夜祭」は、ここでクライマックス迎える。

 

勇壮な祭りをエアで思い浮かべ、気合い入れる。

 

よし、お腹もいっぱい!気合いもいっぱいだ!

 

さあ、次はお仕事もがんばるぞー!

 

【珍達そば 団子坂店】

 埼玉県秩父市東町23-4

 0494-22-1571

 11:00-16:00

 水曜定休 土日祝19:00まで

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!