【なか食セレクション】伝統の「ご当地寿司」をお取り寄せ!ます寿司、柿の葉ずし、めはり寿司、ままかり寿司などなど!

お寿司と言うと、江戸前握り寿司を思い浮かべる方も多いかもしれません。

 

江戸前の握り、私も大好きです!

 

 

しかし、お寿司はニッポンの文化!

 

ずっと昔から伝わる、ご当地自慢のすばらしいお寿司も、全国各地にたくさんあります!

 

そんな「ご当地寿司」を取り揃えました!ご旅行気分で、お楽しみください!

 

 

☆ます寿司(富山)

「ます寿司」は、薄紅色のサクラマス酢飯を合わせて、若葉で包んだお寿司。若葉を開くと、若葉のかおりが、マスと酢飯に行き渡り、食欲をそそります。

 

 

☆柿の葉ずし(奈良)

「柿の葉ずし」は、などの薄切りを酢飯にのせ、柿の葉でくるんだ押し寿司。江戸時代、奈良まで運ばれた塩漬けの魚をご飯を一緒に食べるために、殺菌効果の高い「柿の葉」で包んだことが始まりだそうです。柿の葉が、香りほのかで、魚の臭みも抜いてくれるので、とても食べやすいお寿司です。

 

 

 

☆手こね寿司(三重)

「手こね寿司」は、カツオマグロなど、赤身の刺身醤油ベースタレに漬け込み、少し甘みのある酢飯と合わせたお寿司。薬味に、しょうが、のりなどを散らします。昔、漁師船上で、ぶつ切りのかつおと、持って来た酢飯を「手でこねて」食べたのが、そのはじまりと言われています。

 

 

☆めはり寿司(三重)

「めはり寿司」は、高菜浅漬け葉っぱ白いご飯を包んだお寿司。昔、熊野や吉野地方の山あいで働く人のお弁当として作られたと言われています。サイズがとても大きく、「目を張るように口を開ける」ことから「目張り寿司」「めはり寿司」となったそうです。

 

 

☆さんま寿司(和歌山)

「さんま寿司」は、開いたさんまを軽く塩漬けにしてから、お酢でしめ、木型に詰めた酢飯に乗せた押し寿司。志摩半島、熊野灘沿岸などで、祝い事お祭りなどに作られる郷土料理です。

 

 

☆さば寿司(福井~京都)

福井の若狭湾から京都まで。日本海で水揚げされた「鯖」に塩をふり、それを運んだ道「鯖街道」。その始まりは、平安時代、奈良時代までさかのぼります。「さば寿司」は鯖街道とともに、まさに、ニッポンの文化、伝統です!

 

 

☆ままかり寿司(岡山)

「ままかり寿司」は、サッパと呼ばれるニシン科の小魚二枚におろし、塩をふって、酢に漬け込んだお寿司。なぜ「サッパ」ではなく「ままかり」なのか?それは、その味があまりにおいしく、お隣から「まま(ご飯)」を借りてくるほどだったことから「ままかり」の名前になったそうです。

 

 

 

広島と新潟の「おいしいもの」を取り揃えました!ご旅行気分で、お楽しみください!

 

【うまログ スマート広島フェア】いつでもOPEN、お取り寄せ!ストレスフリーな「スマート広島フェア」はじめました!

 

 

 

【うまログ スマート新潟フェア】いつでもOPEN、お取り寄せ!ストレスフリーな「スマート新潟フェア」はじめました!

 

 

 

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

Follow me!