【瀬戸内中華そば 村上家】日テレでも紹介された、瀬戸内いりこそば!ご当地名物、焼豚玉子飯といただきました!

地下鉄の小川町駅を出て、靖国通り

 

お昼のお店をさがしに、小道に入る。

 

すると「焼豚玉子飯」

 

 

焼豚玉子飯と言えば、瀬戸内ご当地グルメでは?

 

と後ろを振り返ると、メニュー看板

 

 

近づいて見ると、焼豚玉子飯【今治のソウルフード】

 

 

おっ、やはりそうだ。

 

焼豚玉子飯は瀬戸内、愛媛の今治(いまばり)ご当地グルメだ。

 

そして、その右には、

 

 

黄金瀬戸内そば

瀬戸内いりこそば

 

おおっ、瀬戸内そばか!

 

瀬戸内と言えば、小魚に恵まれた海だ。

 

この「瀬戸内いりこそば」、すごく気になる。

 

ポップには、

 

 

銘柄鶏の清湯と瀬戸内煮干しをふんだんに使用した無添加・無化調のダブルスープ

 

よし、今日のお昼はこちらに決定!

 

「瀬戸内いりこそば」をいただこう!

 

 

おっ、ドアにも「瀬戸内中華そば」と書かれている。

 

 

んっ!?

 

その下を見ると、murakamiya!?

 

村上家

 

もしかしたらこのお店、この間、近所の取引先で聞いたお店?

 

日テレで、紹介されていたお店では?

 

瀬戸内と言えば、中世の「村上海賊」「村上水軍」が有名。

 

連想記憶術で、「村上」の名前が記憶に残っている。

 

よし、お店の方に聞いてみよう。

 

とお店に入ると、すぐに券売機

 

 

おおっ、ラッキー!

 

焼豚玉子飯瀬戸内いりこそばセットがある!

 

 

よし、一度に二度おいしい「瀬戸内いりこそば【並】玉子飯ハーフセット」にしよう!

 

食券を買って、小洒落た感じの店内に進む。

 

手前にテーブル席6席

 

 

 

奥にカウンター席4席

 

 

カウンターに座り、食券を店員さんに渡すと、

 

玉子飯「タレ」「あんかけ」どちらになさいますかの質問。

 

今治ではどちらが主流ですかと伺うと「タレ」

 

迷うことなく「タレ」をお願いして、注文完了。

 

おっと、一度に二度おいしい喜びで、すっかり忘れてしまうところだった。

 

お店の方に、日テレのことを聞くと、そうらしい。

 

つい先日、日テレで紹介されたとのことだ。

 

そして、黄金瀬戸内そば、瀬戸内いりこそば、2つのメニューがあるが、紹介されたのは「瀬戸内いりこそば」とのことだ。

 

う~ん、記憶は正しかったようだ。

 

モヤモヤ課題も解決されて、スッキリ!

 

お水を飲みながら、しばし「お宝」を待つ。

 

 

そして待つこと、5分ほどで「お宝」が登場!

 

 

おー、これが「瀬戸内いりこそば」か!

 

 

澄んだ清湯系キレイスープ

 

上には、ねぎメンマほうれん草海苔

 

その下には、3種類チャーシュー

 

豚ロースに、低温調理鶏チャーシュー

 

そして、もう1枚のチャーシューは・・・、んんっ!

 

いやいや、チャーシューではない!

 

これは、まさしく瀬戸内、じゃこ天だ!

 

おー、いいじゃないか瀬戸内いりこそば

 

食べる前から、テンション、アゲアゲだ!

 

よし、いただこう!

 

まずは、スープをすくって、すすっ!

 

 

おー、さわやかまろやか優しく、深いコク

 

さらに、瀬戸内と言えば、伯方(はかた)に代表される「塩」

 

カエシも、まろみがあって、旨みがある!

 

そして、すぐにをすくう。

 

 

おっ、細いストレート麺には黒いホシ

 

全粒粉入りか!これを、すすっ!

 

おー、かためのゆで具合がナイス!

 

小麦感あって、スープとの絡みも絶好調!

 

よし、トッピングもいただこう。

 

まずは、まさしく瀬戸内、じゃこ天

 

 

う~ん、せとうちぃ~!一杯、やりたい衝動にかられる。

 

そして、続いて豚ロース

 

 

う~ん、しっとり、ジューシー!

 

さらに、低温調理鶏チャーシュー

 

 

これまた、しっとり、ジューシー!

 

あっさり感の中にも、しっかりした鶏の旨み!

 

よし、このあたりでご当地飯、今治のソウルフードにチャレンジしよう!

 

ご当地グルメ番組でも常連の「焼豚玉子飯」

 

発祥は、今治中華料理店まかない飯のようだ。

 

まかない飯にはずれなし、是非一度食べてみたかった。

 

さっき「お宝」を待っている間、調理方法トッピング手順も拝見した。

 

まずは、ごはん

 

そして、タレ、少し炙ったチャーシューねぎタレ目玉焼きのトッピング。

 

そして、最後に追いタレで、完成!

 

思い出すだけで、お腹が鳴ってしまう。

 

よし、いただこう!

 

 

まずは、たまごをくずす。

 

 

おー、とろ~り、いい感じの半熟具合

 

これを、ごはんと一緒にぱくりっ!

 

 

うまいっ!

 

さらに、甘辛タレをしっかり辛める。

 

 

タレに包まれた、チャーシューごはん玉子をみんな一緒にぱくりっ!

 

うまいっ!

 

ちょっとジャンキーだが、めちゃうまいソウルフードだ。

 

今治の人がうらやましい!

 

おっと、そろそろにも戻ろう。

 

再び、をガサっとすくって、すすっ!

 

 

うまいっ!

 

濃いめの焼豚玉子飯の後だから、いりこそば優しい味わいがさらに引き立つ。

 

そして、優しい系のトッピング達もチカラを発揮する。

 

メンマ

 

 

かための食感、濃すぎない味付けがいい感じ!

 

そして、ほうれん草

 

 

やはり、ラーメンには、ほうれん草だ!

 

さらに、海苔

 

 

瀬戸内磯の香り満喫!

 

う~ん、いい感じだ!おはしとレンゲが止まらない!

 

瞬く間に、いりこそばも、玉子飯も、キレイに完食!

 

 

ごちそうさまでしたー!

 

【瀬戸内中華そば 村上家】

 千代田区神田淡路町1-15-12

 03-3526-2899

 小川町駅2分・淡路町駅3分

 11:00-15:00 18:00-22:00

 

※営業時間等、最新情報はお店にご確認ください。

 

【地 図】

 

「うまログ」は、木村進の食べ歩きのブログサイトです。

 

※うまログホームはこちら、バックナンバーはこちらから

 

※サイトは毎週更新。新着情報は Twitter でお知らせしています。

Follow me!