【純手打ち 麺と未来①】こんなの見たことがない。超極太、もっちもっちの、ザ・新ラーメン!

《下北沢》

今日のランチは、会社のラーメン大好き女子が一押しするお店。

2018年5月のオープンだが、他にはない「超極太、もっちもっち麺」で、またたく間にシモキタの人気店なったとのこと。

うーん、期待がふくらむ!

 開店5分前に行くと、男性3名と女性2名の計5名が開店待ち。

11:30am、のれんがかけられ入店。小ぎれいな店内、女性ひとりでも気兼ねなく入れそう。席は10席ほどが横に並ぶカウンターのみ。 

テーブルにのるメニューを見る。

メニューには「塩らーめん(780円)・特製塩らーめん(980円)」の2つ。

直球勝負か、シブい!もちろん期待値はMaxの自分は、「特製塩ラーメン(980円)」を注文。 

カウンター向こうの店主の小気味良い仕事振りを見ながら、楽しみに待つ。

そして10分後、「お宝」登場!

おおっ、美しい!見事な黄金色の透明系スープ。その上にのるチャーシュー・ワンタン・三つ葉もよく映える。細目のメンマと玉子もバランスよく乗っている。 

さあスープからいただいてみよう。

レンゲでひと口。ほー、うまさがサッと口全体に広がる。

さっぱり&うまい!

この均整のとれた味わいはどこから来るのだろうか?

メニューの裏にウンチクが書いてあった。「鶏、昆布、鰯などを使い…、化学調味料は不使用。」とのこと。そうか、このうまさはそれが源泉か。 

そして次、噂の自家製手打ち麺にいこう。

はしですくう。

おぉー、やはり普通ではない。太さ、厚みともうどん並み、いやうどんを超えるかの、超極太麺。重量感を楽しみながら、はしを上下。

スープの中から一気にすくい上げていただく。うーん。もっひ、もっひ!

こんな、もっちもっちのラーメンは初めてだ。

不思議なことに味はうどんではなく、確かにラーメン。

なんだこれは!?

この重量感、新食感、味わいそして不思議さは、当店以外では経験したことがない!

それに、さっぱり系スープであれば普通は細麺だろう。当店のような太麺との組み合わせもというのは珍しい。

ハンパない極太麺だからこそ、さっぱり系スープに見事に合ってしまうのか。新星「麺と未来」、恐るべし! 

おっと、麺のインパクトで忘れていた。チャーシュー、わんたんも、いただかなければ。

まずチャーシュー。

うーん、出しゃばり過ぎず、引っ込み過ぎず、お上品かつソフトな味わいだ。

次、わんたん。薄皮で横に広いわんたんだ。レンゲを上手に使っていただく。

おぅ、これもいい。スープとよくなじみ、かわいらしい海老もしっかりと入っていてこだわりを感じる。 

そしてスープの味わい、極太麺との格闘(?)を楽しみながら、おいしく完食。

もちろんスープは飲み干してしまった。いやー、すばらしい、大満足。

短期間で人気店にのぼり詰めた実力を感じる逸品、ごちそうさまでした! 

【住所・駅からの時間】

 世田谷区北沢3-25-1 下北沢駅徒歩4分

【営業時間・定休日】

 11:3014:3018:0021:00

 月曜は11:30~14:30

(注)最新情報はお店にご確認ください。

【うまログ バックナンバーはこちら】 

 

 

 

Follow me!