【純手打ち 麺と未来】こんなの見たことない!ミシュランも認める「超極太、もっちもっち」の絶品塩ラーメン!

今日のランチは、会社のラーメン大好き女子が超一押するお店。

 

ついこの間オープンしたばかりだが、他にはない「超極太、もっちもっち」の塩ラーメンで、またたく間に人気店なったとのことだ。

 

うーん、期待がふくらむ!

 

 

開店5分前に行くと、男性4名と女性2名の計6名が開店待ち。

 

11:30am、のれんがかけられ入店。小ぎれいな店内、女性ひとりでも気兼ねなく入れそう。席は10席ほどが横に並ぶカウンターのみ。 

 

券売機はない。カウンターでのオーダーのようだ。

 

テーブルにのるメニューを見る。

 

 

メニューには「塩らーめん(780円)・特製塩らーめん(980円)」の2つのみ。

 

直球勝負か、シブい!もちろん期待値Maxの自分は「特製塩ラーメン」を注文! 

 

カウンター向こうの店主の小気味良い仕事振りを見ながら、楽しみに待つ。

 

 

 

 

そして待つこと10分ほとで、「お宝」登場!

 

 

おぉー、美しい!見事な黄金色の透明系スープだ!

その上にのるチャーシュー、ワンタン、三つ葉、ねぎが、黄金スープによく映えている。まっすぐなメンマと、まん丸なたまごが点対称の位置で、全体的なバランスをとっている。トッピングの色合い、配置とも美しい! 

 

さあ「スープ」からいただいてみよう。

 

レンゲでひと口。すすっ。

 

おぉー、うまさがサッーと口全体に広がる!さっぱり&マジうまっ!

 

この均整がとれた、かつコク深い味わいはどこから来るのだろうか?

 

カウンターのメニューをひっくり返すと、裏に「鶏手羽先、あさり、羅臼昆布、片口鰯、鰹節などを素材をふんだんに使用しています。」と。

 

そうか、これがうまさの源泉か。確かに「ふんだんに」だ! 

 

 

さらに読むと「…パリの三ツ星レストランでも使用されている【鮎魚醤】を…」と。

 

うーん、なんかムチャクチャ手をこんでいるじゃないか!

 

相当な研究、試行の結果、生み出されたスープということか。

 

このコク深く、スッキリとした味わいは、お見事としか言いようがない!

 

次、噂の自家製手打ち麺をいってみよう。

 

はしですくう。

 

 

うっひぁー、普通ではない。太さ、厚みともうどん並み、いやうどんを超えるかの、超極太麺

 

重量感を楽しみながら、はしを上下する。

 

そしてスープの中からぐいっと、麺をすくい上げていただく。すすっ。

 

うーん。もっひ、もっひ!

 

こんなに太くて、もちもち感のあるラーメンは初めてだ。

 

でも不思議なことに味わいはうどんではなく、確かにラーメン。

 

なんだこれは!?

 

この重量感、新食感、味わいそして不思議さは、今まで経験したことがない!

 

それに、さっぱり系スープであれば普通は細麺だろう。太麺との組み合わせもというのも経験したことがない。

 

ハンパない極太麺だからこそ、さっぱり系スープにこんな見事に合ってしまうのか!すばらしい!

 

おっと、麺のインパクトで忘れていた。チャーシュー、わんたんも、いただかなければ。

 

まず、チャーシューをぱくり。

 

うーん、出しゃばり過ぎず、引っ込み過ぎずの上品なタイプだが、しっかりうまい!

 

次、わんたん。薄皮で横に広いわんたん。レンゲを上手に使っていただこう。

 

おー、これもいいじゃないか!

 

スープとよくなじむ。かわいらしい海老もしっかりと入っていて、こだわりと丁寧な仕事振りを感じる。 

 

スープの深い味わいと、極太麺との格闘(?)を楽しみながら、「特製塩ラーメン」をおいしく、ありがたく完食!

 

もちろんスープは飲み干してしまった。

 

いやー、すばらしい、大満足。

 

短期間で人気店にのぼり詰めた「実力」を感じる逸品だった!ごちそうさまでした! 

 

 

《続 編》第2話

【純手打ち 麺と未来2】事件発生、黄金スープに異変!?もしも彦摩呂先生だったら?

 

 

 

 

《番外編》第3話

【ポンタ DINING】彦摩呂先生がよく通った洋食屋さんにも行ってきました!(京王線/八幡山)

 

 

【純手打ち 麺と未来】

世田谷区北沢3-25-1 下北沢駅徒歩4分

11:3014:3018:0021:00

月曜は11:30~14:30

※「麺と未来」は「ミシュランガイド2020」で、ビブグルマンに初入選しました!

 

(注)最新情報はお店にご確認ください。

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!