【珉亭(みんてい)】噂の赤いチャーハン?「孤独のグルメ」のゴローがバイト?「きたなシュラン」星3つ?

今日は上司から「木村君、下北沢に来たら、ここにいかないと!シモキタで創業40年以上。男だったら、チャーハンとラーメンのセット、そして餃子をガッツリいってくれ!」と言われたお店を訪問。

とてもいい人なのだが、ややパワハラ系。

そんな上司によると、当店は、 

「1.オフクロの味、2.おやじのスネ、3.珉亭のソバ、世界で3番目にうまい」お店。 

②噂の「赤いチャーハン」、ボリュームのある餃子で有名なお店。 

③かつて、「孤独のグルメ」のゴローさん(=松重豊氏)がバイトしていたお店。 

④かつて、とんねるずの「みなさんのおかげ」で「きたなシュラン」星3つを獲得したお店。 

らしい。「ありがとうございます!」と言って、向かう先は、老舗ラーメン店の「珉亭(みんてい)」 

開店直前に当店到着。

見た目は確かに星3つ。相当年季の入った店構えだ。

店先のショーケースには確かに「きたなシュラン」の認定証が入っている。 

 

11:30am、のれんがかけられ入店。

入口は自動ドアなのか。

店構えとのアンマッチ感がおもしろい。

店員さんから「どうぞお好きな席へと言われ、カウンターに座ると、後からお客が続々入店。

10席ほどのカウンターがすぐに埋まるかと思ったが、「どうぞテーブル席へ、お二階へ」と誘導する店員さん。

ゆったりと座れるように配慮か、いい感じだ。 

さあ注文だ。

上司の指示通り、半ラーメン(ラー)」と噂の「赤チャーハン(チャー)」のセット(850円、当店では「ラーチャン」と呼ぶ)と、「餃子(500円)」を注文。

すぐに先付けで小皿のキムチが到着。

店員さんは、はじめての客と気付いたのか「これ、ラーメンに入れてもうまいですよ!」と笑顔で教えてくれる。

いい感じの店員さんだ。 

キムチをちょっとつまみながら待つこと数分。

「お宝」たちが全員集合! 

さあいただこう。

まずは「ラー」。

食べた瞬間、まさに昭和を感じるラーメンだ。

スープは鳥ガラ、豚ガラのさっぱり醤油系だ。

麺は細め、やわかめの優しい麺。

うーん、昔、近所のラーメン屋で食べたようなあの味。

懐かしく、さっぱり、そしてうまい! 

そして噂の「赤いチャーハン」をいってみる。

赤色はチャーシューの食紅由来らしい。

色に若干の戸惑いを覚えつつ、えいっと一口。

うっ、うまいじゃないか!

色からは想像できない、いい味だ。

そして「ラー」のさっぱり系スープが、この「チャー」にムチャクチャ合うぞ!

この組み合わせ、たまらない、止まらないぞ!

本能的に「ラー」⇔「チャー」を繰り返しながらも、餃子を見る。 

まさに、ぷっく、ぷっくのぎょうざ。ボリューミー。

ショーケースにあった、あの縮んだサンプルは何だったのか?

この餃子だけでも腹いっぱいになりそうじゃないか。

しかし、はしを止めては失礼だ。

すぐに1つつまんで、ひとカジり。

おおっ、餡がぎっしり入っていて、超ジューシー!

上司がおすすめするのが一瞬で理解できた。

こいつは、うまい!

さらにはしが止まらなくなる。

一気に3つを食べ、「ラー」⇔「チャー」の本能的な反復運動に戻る。

そしてまた「餃子」。 

忙しっ!!、うましっ!! &ボリューミー!!を繰り返し堪能しながら、あっという間に「お宝」たちを完食。

うー、すばらしい!なんて満足感、充実感ある食べ応えなんだ!

これだけのものを、一気に食べることができた自分の潜在能力にも、びっくりだ。 

当店は、昭和40年代の操業。

「きたなシュラン」の「きたな」は、「相当古い」「相当年季が入っている」の意。

男性客が多いが、カップルや女性客もいる。

さらにラーメンやチャーハンはなく、入店即生姜焼き定食を頼む、常連さんもいるところは、「近所の食堂」を兼ねる昭和レトロなラーメン屋さん。

まさしく、うまさとノスタルジーを感じるお店。

間違いなく、シモキタで愛され続けている名店のひとつだろう。

訪問できたよかった。

おすすめしてくれた上司に感謝! 

【珉亭/みんてい】

 世田谷区北沢2-8-8 下北沢駅徒歩4分 

 03-3466-7355  

 11:30~23:30 月曜定休

(注)最新情報はお店にご確認ください。

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!