【ポニピリカ】「北の大地」の恵みに感謝!北海道の食材をふんだんに使った、コク深いスープカレー!

《カレー激戦区下北沢 Part3》

「マジックスパイス」→うまログ 第1話を教えてくれた取引先の社長と話しをしていると、奥さまが入ってきた。

 

木村さん、知ってる?スープカレーって、サラサラタイプと、とろみのあるタイプの2通りがあるのよ。

 

サラサラ系の「マジスパ」には、もう行ったんでしょ。今度はとろみ系の「ポニピリカ」にも、行ってらっしゃいよ。

 

シモキタでは、マジスパに次ぐ老舗。「北海道」の食材をたんさん使ったメニューもいいわよ、と。 

 

そうなのか!「シモキタの老舗」「北海道」と聞いたら行くしかない!

 

早速、翌日「ポニピリカ」を訪問する。

 

 

本多劇場側から来ると、外壁に大きくペイントされたトレードマークの「ひげおじさん」ですぐわかる。

 

 

開店5分前に到着。自分の前には幼稚園か、小学校なのか「ママさんランチ会」と思われる女性8名組が先着。

 

11:30am、にぎやかな集団の後を追って入店する。

 

当店は2F。1Fの間口は広くないが、店内は奥行きがあり、小洒落れた感じだ。

 

さてオーダーだ。しかし当店のオーダー方法は、他のシモキタのカレー店とちょっと違う。

 

店員さんにオーダーを口頭で伝えるのではない。券売機で食券を買う訳でもない。注文を「オーダー用紙」に書いて渡すのが、当店のオーダー方法だ 

 

では、店員さんが持ってきてくれた「オーダー用紙」に記入を始めよう。 記入と言っても、該当箇所にチェック、マルを付けるだけだからカンタンだ。

 

【チェック1】

 

まずは「メインの具材」(カレーの種類)の選択、チェックだ。

 

 

 

 

 

①皮がパリッとしたチキンのカレー

 

②皮がパリッとしたチキンと野菜のカレー

 

③野菜がたっぷり入ったカレー

 

④北海道エゾシカ肉ステーキハンバーグカレー

 

⑤北海道+勝産のベーコンと木の子のカレー

 

⑥フィッシュフライのカレー

 

⑦豚しゃぶと木の子のカレー

 

の7種類。確かに「北の大地」の恵み、食材思わせるメニューだ。

 

ここは一番人気という「②皮がパリッとしたチキンと野菜のカレー(1,300円)」にしよう。 

 

【チェック2】

 

そして次はスープの選択だ。

 

 

「①トマト・②和風・③海老(+100円)」の3種類からの選択か。「和風」というのもあるのか。ん?「海老スープ」

 

海老スープと言えば、新千歳空港とかでも人気のラーメン店「えびそば 一幻」が有名だが、スープカレーにも「北の海の幸」!

 

まさに、北海道の食材フル活用だ。

 

【うまログ スマート北海道展】海産物コーナー(かに・いくら・うに!! 海の幸いっぱい!!)はこちらから

 

 

 

 

店員さんに聞くと「海老スープ」は、数百匹のエビをじっくり煮込んだスープで、エビのうまみが存分に楽しめて、おすすめ!とのこと。

 

「おすすめ!」という言葉に心が大きく揺れたが、今日は初めての訪問につき、手堅く、ベーシカルな「トマトスープ」にマル。 

 

【チェック3】

 

そして「辛さ」を0~7から選択する。

 

 

中辛が2、辛口が3。5から、あの辛旨い「ピッキーヌ」が入る。3~7はプライスオン(+30円~+120円)。

 

自分は、「辛いのが好きな方におすすめ」という「4」(+50円)にマル。 

 

【チェック4】

 

次は、追加トッピングだ。

 

 

メニューには20種類ほど書いてあるが、初めての訪問につき、ボリュームがわからないのでこれは「なし」にチェック。 

 

【チェック5】

 

最後はライスの量だ。

 

 

店員さんが「ライスのおかわりは無料」と言っていたので、足らなかったら後で注文すればいい。ここは「中(普通)」にマル、と。 

 

よし、「オーダー用紙」の完成だ!

 

 

オーダー用紙を店員さんに渡して「お宝」を待つ。

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

まずは「サラダ」が来た。

 

 

当店、シモキタのカレー店ではめずらしく、平日はセットでなくても、サラダがつく。

 

サラダをいただきながら、10分ちょっとすると、「お宝」が登場! 

 

 

おぉー、チキンとゴボウがはみだしながら、色とりどりの野菜たちとひとつの器に同居している!

 

そして、見事な「あめ色」のスープ!

 

ゆで玉子がのり、雑穀がブレンドされたライスもいいアクセントを与えている!

 

うーん、「食欲中枢」を刺激するビジュアル、ベストフォーメーションだ! 

 

それでは、まずカレースープからいってみよう。

 

確かに、この「あめ色」のカレースープは、透明感を残す、サラサラ系の「マジスパ」のそれとは違うタイプだ。

 

慎重にスプーンですくって、一口。すすっ。

 

 

おっ、いい!

 

野菜、とんこつ、鶏ガラをじっくり煮込んだというだけあって、素材から生まれたナチュラルライトな「とろみ」がある。

 

化学調味料は不使用。まさに、素材のうまさを凝縮した「味の玉手箱」。とてもコク深い味わいだ。

 

そしてライスをスープにひたして、パクり。

 

ナチュラルライトな「とろみ」のおかげで、カレーとライスがうまくからみ合う!

 

うまいぞ、これ! 

 

【うまログ スマート北海道展】北海道のお米、北海道限定の味噌汁・お茶漬け・ふりかけはこちらから

 

 

 

 

そして「チキン」をカブりっ!

 

おぉー!外はパリパリ&中ジューシー!

 

じっくり煮込まれた「マジスパ」の「ホロホロチキン」もすばらしかったが、この「パリパリチキン」もすぱらしい!とろみあるスープとの相性もいい。

 

では次、野菜たちだ。

 

店員さんによると「チキンと野菜のカレー」には、①ダイコン・②ニンジン・③オクラ・④ヤングコーン・⑤きくらげ・⑥ゴボウ・⑦豆苗・⑧いも・⑨なす・⑩山芋・⑪豆、⑫レンコン・⑬本日のお野菜1・⑭本日のお野菜2、北海道産を中心に14種類もの野菜が入っている、とのことだ。

 

おー、野菜たちよ!見た目うるわしく、食べてしまうのがもったいない気もするが、やはりここも、ガブり!

 

ほーぅ、いいお味!野菜たちをひとつずつ、しっかりと、丁寧に味わっていく。 

 

こうして「チキンと野菜のカレー」のすべてを、思う存分に味わい、楽しみながら「北の大地」の恵みを完食!

 

ごちそうさまでした! 大満足です!

 

【うまログ スマート北海道展】カレーコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

サラサラスープで、具材は in スープの「マジスパ」と、ナチュラルライトな「とろみ」のスープで、具材は onスープの「ポニピリカ」

どちらがいいか?

 

答えは簡単!

 

どちらもいい!どちらもうまい!!  

 

やはりカレー激戦区のシモキタ。いろいろなタイプのカレーがある。

 

これからのシモキタカレー店めぐりが、ますます楽しみになってきた! 

 

【うまログ スマート北海道展】スイーツコーナー(おすすめ25選)はこちらから!

 

 

 

 

【ポニピリカ】 

 世田谷区北沢2-8-8 下北沢駅徒歩4分  

 03-6804-8802 

 月~木・日 11:30~22:00

 金・土 11:30~23:00   不定休 

 

(注)最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】

Follow me!