【渡なべ】さすが魚介豚骨ラーメンの先駆け!濃厚かつ上品、見事なバランスの一杯をいただいた!

馬場での仕事が終わった。早稲田通りを駅に向かう途中、路地の暗がりに明かりが。 

 

 

近づくと小料理屋さんっぽい感じのお店だ。看板を見ると「渡なべ」 

 

 

んっ、「渡なべ」と言えば、馬場で創業十数年、濃厚魚介豚骨ラーメンの先駆けのひとつラーメンコンサルタントとしてもご活躍中の渡辺氏 

 

ここにあったのか。渡辺氏にもお会いできるかもしれない。ちょうど腹も減ったところだよし、いただこう! 

 

入店すると、店内は落ち着いた雰囲気。L字型カウンター8ほど。 

 

 

天然木だろうか、立派なカウンターテーブルがいい感じ 

 

そして、右手にある券売機を見る。ラーメンメニューは「らーめん(880円)」「味玉ラーメン(1,000円)」「ちゃーしゅーめん(1,180円)」の3種類。

 

 

いつもだったら「味玉らーめん」か「ちゃーしゅーめん」だろう。

 

しかし、はじめての「渡なべ」。まずはデフォルトのラーメンから味わせてもらおう!

 

「らーめん」のボタンを押し、着席する 

 

そしてカウンターの中にいる女性店員さんに食券を渡し「お宝」を待つ。 

 

店主の渡辺氏はどこにいらっしゃるのだろうか? 

 

すると女性店員さんが調理をはじめた。 

 

当店のカウンターにはさえぎる壁はない、調理具合を見てくださいと言わんばかりのつくり 

 

女性店員さんはどんどん調理を進めていく。まだ若いが、見事な手さばき 

 

調理が中盤に入った。 

 

この段階で渡辺氏が出てこないということは、このまま女性店員さんのワンオペでいくのだろう 

 

渡辺氏がワンオペをまかせるなんて、すごい力量を持った女性だ。 

 

敬意を込めたまなざしで調理を拝見しながら「お宝」を待つ。 

 

【うまログ スマート北海道展】ラーメンコーナー(おすすめラーメン25選)はこちらから!

 

 

 

 

「お宝」完成、目の前に登場した。 

 

 

上品で深めの丼の中に、濃厚な褐色スープ 

 

 

こんもりと盛られた白髪ねぎと散らされた青ねぎいいコントラストを作っている 

 

そして上にのるチャーシューデカい! 

 

 

分厚くはないが、丼の直径と同じくらいの大きさだ。 

 

さらにメンマも、デカい! 

 

 

確実に、縦3cm×横10cm×厚み5mm以上だろう。こんなにデカいメンマははじめてだ。 

 

よし、ダイナニズムを感じる一杯。早速いただこう! 

 

まずはスープから。すすっ。 

 

 

ー、濃厚な魚介豚骨ダブルスープ  

 

とろみもあるがくどさはない。むしろすっきりとした感じさえする 

 

ただ強烈なだけのダブルスープ類とは一線を画、均整とれ、とても上品な味わいだ! 

 

女性店員さんに聞いてみると化学調味料は使用せず魚介のベースは「鯖ぶし」とのこと使っている醤油みりんにもこだわっているようだ 

 

うーん、細部まで考え抜かれている。これが「渡なべ」の魚介豚骨スープなのか 

 

よし、いただこう。 

 

 

中細ストレート系の麺。店員さん曰く、自家製麺とのことだ。すすっ。 

 

おおっ、適度な加水でコシがある。スープもよく吸っておいしくいただけるさらに、つるんとのど越しもいい。 

 

さすが「渡なべ」、スープ同様、自家製麺もいい 

 

よしデカいチャーシューをいってみよう。 

 

 

スープにひたって、さっきよりも柔らかくなっている。ぱくり!

 

うーん、脂がいい感じでのっている、まさしくジューシー 

 

デカいメンマもいってみよう 

 

 

ひと口でいくか、ふた口でいくか男なら豪快にひと口でパクリ。 

 

んぐ、んぐ 

 

メンマをほうばるなんて、はじめて 

 

そしてメンマをこんなにモグモグするのもはじめてだ 

 

デカいメンマを1本ずつクリアしながら、麺をすする。白髪ねぎのアクセントもいい。 

 

そして、3本あったデカメンマも、麺も完食! 

 

最後、濃厚「渡なべスープ」を飲み干し、ごちそうさまでした! 

 

うーん、さすが馬場の魚介豚骨の先駆けだ。バランスのとれた濃厚でかつ上品な一杯に敬礼 

 

【なか食セレクション】北海道から沖縄まで!日本各地のおすすめ「ご当地海鮮カレー」を集めました!

 

 

 

 

【渡なべ】 

 新宿区高田馬場2-1-4 高田馬場駅10分  

 03-3209-5615  11:00-20:00 

 

【うまログ スマート北海道展】「北の大地」のクラフトビールとワインはこちらから!

 

 

 

 

 

※最新情報はお店にご確認ください。 

 

【うまログ バックナンバーはこちら】 

Follow me!